海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

激闘その2 

monshipour_portrait_lequipe.jpg


第24代WBA世界S・バンタム級王者
マヤル・モンシプール(イラン/仏)
Mahyar Monshipour
33戦28勝(19KO)3敗2分

IBF/International/S・フライ級王者
第6代WBF世界S・バンタム級王者
暫定~第4代PABA/S・バンタム級王者
第25代WBA世界S・バンタム級王者
ソムサック・シンチャチャワン(タイ)
Somsak Sithchatchawal
60戦56勝(44KO)2敗1分1NC


このアラブ系のフランス人マヤル・モンシプールは
チビだけどとにかく男らしい無骨なボクサーであった。

ケンカ上等、殴られたら殴り返す

そういう愚直なまでのクラシカルなボクシングで
数々の挑戦者をなぎ倒してきた。
5回の防衛は全てKOだ。

沖縄の豪腕、同じようなタイプの仲里も彼と真っ向勝負のどつき合いを
挑み、最高のボクシングをしたが殴り負けた。

そんなタフガイがついに陥落したのがこの試合
タイの怪物相手に殴って殴って殴り負けた。

この1敗をもってマヤル・モンシプールはいさぎよく引退をした。
自分をまっとうした、完全燃焼といってもいい試合だ。

ちびでごっついけれどこういう魅力があるから
彼の奥さんは美人でセクシーだった。

映像は早い回と遅い回です。








 
2008/05/07 22:51|未分類TB:0CM:0

ボクシングこそ我が人生 

DSC_1013sm.jpg


ちょっと番外編です。

この黒人選手なのですが

リーカーグル(アメリカ)

という選手です。

年齢はもうすぐ45歳です。

ホープたちの戦績を見ていてみつけたのですが
その戦績がすさまじいのです。

155戦 35勝16KO117敗1分

です。

年齢、戦績からいってどんなにがんばっても地域タイトルすら
とれないとおもいますが本場米国ではこういうボクシングジャンキーがいます。

1982年のデビューから13連勝してるみたいですがあとは負けばかり。

けれどこういうボクサーにどうしようもなく憧れてしまいます。
寝て食って糞するようにボクシングが生活の一部
いやいやすべてなのかもしれません。

どんな人なのか想像もできないですが
ドキュメンタリーとかあったら泣いてしまいそうです。

そういえば日本発のミドル級世界王者

竹原がタイトル奪った

ホルへ・カストロも戦績がすごかったよなぁとおもって調べてみたところ

アマチュア 128戦126勝2敗
プロ 144戦130勝11敗3分

とのことでした。90はKOでした。
昨年試合してるのでまだ現役のようです。
14勝2敗の選手に2RTKO勝ちしています。

あっぱれ
そして貴殿の人生に栄光あれ!
 
2008/05/04 19:38|未分類TB:0CM:0

激闘その1 



激闘その1

第9代WBO世界J・ライト級王者
第33代WBA世界S・フェザー級王者
WBA世界S・フェザー級UF王者/UNIFIED CHAMPION
第6代WBO世界ライト級王者
第8代WBO世界ライト級王者
アセリーノ・フレイタス(ブラジル)
ACELINO FREITAS
40戦38勝(32KO)2敗

第12代WBO世界J・ライト級王者
ホルヘ・ロドリゴ・バリオス(亜)
Jorge Rodrigo Barrios
52戦47勝(34KO)3敗1分1NC


フレイタスはこの後引退したりパッとしなかった。
バリオスは王座をとったが脳にダメージがあるようで
今は試合ができず引退状態だ。

11Rからの映像だが当時無敗の怪物フレイタスを絶体絶命
まで追い込んだバリオスの闘志が忘れられない。

12Rなどはほとんど本能だけで応じたのだろう。
体は完全に死んでいる。

すさまじくハートがある選手だ。 
2008/04/17 12:54|未分類TB:0CM:4

フェリックス・スタームVSジェイミー・ピットマン 

HBkGugRQ_Pxgen_r_467xA.jpg


IBF/Youth/ミドル級王者
WBO/Inter-Continental/ミドル級王者
第14代WBO世界ミドル級王者
WBO/Inter-Continental/ミドル級王者
WBA世界ミドル級王者
WBA世界ミドル級王者
フェリックス・スターム(独)
Felix Sturm
31戦28勝(12KO)2敗1分

ジェイミー・ピットマン
16勝(7KO)無敗

フェリックス・スターム、地味だが好きな選手だ。
シンプルでいて確かなボクシングをする。
KOは少ないが倒そうとおもえば倒せるのに無理をしないタイプだ。

ちょっと直線的すぎるがパンチの打ち方もきれいで
基礎技術が高い。

2敗はいずれも不運だった。

ひとつはデラホーヤの複数階級の餌食に
(決して負けてない試合だったが)
ひとつはモデルチェンジしてファイトしすぎて相手の逆転を許した。
(その相手には雪辱している)

なかなかハンサムな男でもある。
今後ビッグマッチを期待したいボクサーだ。


 
2008/04/09 13:54|未分類TB:0CM:2

いじめられっ子のチャンピオンベルト 

book.jpg


いじめられっ子のチャンピオンベルト
内藤大助:著
定価:¥1,365(税込)

ホームレス中学生ほどではないだろうが
確実に売れそうだ。

いじめられっこがどうこうとか恋愛のくだりには
自分は興味がないが

ポンサクに34秒でKO負けを食らい、「日本の恥」とまでいわれた後に
這い上がってきたところなどは興味深い。

内藤をずっとみてきたボクシングファンであるが
彼がまだ日本タイトルをとる前あたりは

「俺はパンチも強くて打たれ強い」

みたいなセリフもよく言っていたものだ。

確かに内藤はその通りのボクサーだとおもうが、
パンチが強くても当たらない、倒せない選手も多いし

打たれ強いとおもっていてもまともに食ったら
秒殺で失神してしまうのも

このスポーツの非情さだ。

「負けたらいじめられっ子のチャンピオンベルトではなくなるので
絶対に勝ちます」

と意気込みを語っているが

次のポンサクレックを迎えての防衛戦は本当に正念場だ。

ボクシングファンならばこの戦いが

5-5か7-3で不利ではないかと危惧しているはずだ。
それくらいの怪物元王者であるし総合力は上の選手だ。

長谷川のようにタイの怪物を返り討ちし
しばらくは王者でいてほしい日本ボクシング界にとって貴重な存在だ。

けれど、内藤がこんな本書く時間なんて絶対ないはずだから
インタビューをライターと編集者が手堅くまとめただけなんだろうな。

本業のボクシングよりこういうことの方が儲かりそうなのが悲しいところだが
まあ本業あってこそだからいいのかなぁ。

ボクシングを志す日本の若者に夢を・・・ 
2008/02/16 18:11|未分類TB:0CM:2

今年の個人的ベスト 

今年の個人的ベストはこの試合です。

日本人には関係のないIBFという団体で
不気味なまでの強さを発揮していた

ビク・ダルチニアン(豪)
Vic Darchinyan
28戦28勝(22KO)当時

を狙い済ました左フック一発で撃沈した瞬間の衝撃!

実はWBAやWBCよりもIBFやWBOの方が強いんじゃない?

なんてタブーに触れたくなりますが、もはや純粋に
ボクシングが楽しいのはWBA、WBC<IBF、WBOです。
個人的に・・・

来年もドキドキさせてください。

 
2007/12/28 17:15|未分類TB:0CM:0

リカルド・ロペスVS平野公夫 

何もできないで負けてしまった。

 
2007/12/26 14:55|未分類TB:0CM:0

フロイド・メイウェザーVSリッキーハットンのプロモ 

第22代WBC世界S・フェザー級王者
第27代WBC世界ライト級王者
WBC世界ライト級名誉王者/EMERITUS CHAMPION
第28代WBC世界S・ライト級王者
第10代IBF世界ウェルター級王者
第38代WBC世界S・ウェルター級王者
WBC世界S・ウェルター級名誉王者/EMERITUS CHAMPION
フロイド・メイウェザー・Jr(米国)
FLOYD MAYWEATHER JR
37戦全勝(24KO)


第17代IBF世界J・ウェルター級王者
第44代WBA世界S・ライト級王者
WBA世界S・ライト級UF王者
WBA世界ウェルター級王者
第19代IBF世界J・ウェルター級王者
リッキー・ハットン(英国)
Ricky Hatton
43戦43勝(31KO)


今年最後の大一番
これに勝った方がコットとやるのかな。

けれど

コットVSモズリー
デラホーヤVSメイウェザーなどの頂上決戦は
ほとんどどっちの勝ちでもおかしくないような接戦続きだった。

全階級最強の名を欲しいままにしているメイウェザーを
豪快に葬って欲しい・・・

 
2007/11/25 22:09|未分類TB:0CM:0

フロイド・メイウェザー・Jr グレーテスト 

第22代WBC世界S・フェザー級王者
第27代WBC世界ライト級王者
WBC世界ライト級名誉王者/EMERITUS CHAMPION
第28代WBC世界S・ライト級王者
第10代IBF世界ウェルター級王者
第32代WBC世界ウェルター級王者
フロイド・メイウェザー・Jr(米国)
FLOYD MAYWEATHER JR
37戦全勝(24KO)



mayweather-de-la-hoya.jpg

 
2007/08/14 14:38|未分類TB:0CM:0

アントニオ・ターバー グレーテスト 

第11代IBF世界L・ヘビー級王者
第27代WBC世界L・ヘビー級王者
第29代WBC世界L・ヘビー級王者
WBA世界L・ヘビー級UF王者/UNIFIED CHAMPION
アントニオ・ターバー(米国)
Antonio Tarver
28戦24勝(18KO)4敗




taver.jpg

 
2007/08/14 14:32|未分類TB:0CM:0

渡辺二郎 2 

 
2007/07/31 16:07|未分類TB:0CM:1

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。