海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ビタリ・クリチコVSアルバート・ソスノフスキー 

第4代WBO/Inter-Continental/ヘビー級王者
第64代EBU欧州ヘビー級王者
第10代WBO世界ヘビー級王者
第66代EBU欧州ヘビー級王者
WBA/Inter-Continental/ヘビー級王者
第23代WBC世界ヘビー級王者
WBC世界ヘビー級名誉王者/EMERITUS CHAMPION
第27代WBC世界ヘビー級王者
ビタリ・クリチコ(ウクライナ)
VITARY KLITSCHKO
41戦39勝(37KO)2敗

アルバート・ソスノフスキー(ポーランド)
45勝(27KO)2敗1分

昨日の試合、ヘビー級に君臨するクリチコ・ブラザーズの兄、
弟のような打ちのめされての敗北がなくより頑丈に見えるのでヘビー級No.1と評価していますがたぶん今は弟の方が強そうです。

パンチの強さは同じくらいでも弟の方が速くて上手いです。

兄貴はいくらなんでもボクシングが雑、固すぎ、スタミナももうやばそうです。
しかし体格差、尋常でない拳の硬さでもって孤高の世界をひた走ってます。

ガードもいらない、ただ相手を見下して(見下ろして?)ストレート系のまっすぐなパンチをボコボコ振りおろせば皆倒れていく、そんな大味なボクシングですが、たぶん円筒状の穴を穿つボーリングさながらにその拳は硬く重いのであろう。この日のソスノフスキーといい、弟とやったエディ・チェンバースの最後といい、もうなぶり殺されたようなエンディングである。

これがやや退屈でもあるスーパーヘビー級の現実、残酷であろう。
この兄弟だけはちょっと異質な人間だ。

しかし、ビダリのスタミナ不足と後半のスピードのなさを見るとデビット・ヘイあたりの速くて思い切りのいい若手に屈するのではないかと感じた。

己の特別な能力を過信し、そんなに過酷な練習はしてないんじゃないか、もう40歳手前だからそろそろ終わりか・・・

圧勝でもそんな気がする試合でした。





スポンサーサイト
 
2010/05/31 17:34|ロシアTB:0CM:2
コメント
ほんとにこの兄弟は難攻不落になっちゃいましたね。誰が挑んでも同じ結果になりそうです。
やっぱりデビット・ヘイやポベトキンあたりが挑まないと、こっちもあんまり盛り上がれませんね。
僕としてはポベトキンにかなり期待してます。
条助 #-|2010/06/02(水) 00:45 [ 編集 ]
条助さん

本当にそうですね。彼らスーパーヘビー級だとおもってますが、体格差、パワー差を生かしたストレート主体の安全距離のボクシングはちょっと崩しがたいですね。

ただジャブやストレートで距離キープできるし重くて硬いのでダメージも与えられて後半倒せますが若手有望なヘイやポベトキン、ソリスあたりは踏み込んでスピードあるパンチ打てますから期待は持てますね。チェンバースのようなアウトボクサーは駄目でしたが。

クリチコブラザーズも後半スタミナきつそうですので、そこまでノーダメージ、あるいは有効打で上回れば攻略のチャンスありじゃないでしょうかね。ブリュースターみたいな運動神経あるボクサーは一矢報いましたしね。

再戦するとやばいですが一発勝負ならチャンスありじゃないでしょうかね。

管理人 #-|2010/06/02(水) 12:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/517-c4ed643a

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。