海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

内山高志VSアンヘル・グラナドス 直前 

内山注目の初防衛戦

相手は規格外の長身選手だが戦績は世界ランカーとしては物足りない。
ここは勝って王者としての地固めをしたいところだ。

アンヘル・グラナドスはKO率は高くないが早い回のKOが多く一発は秘めているだろう。
こうした大柄なボクサーは当日は増量してウェルター級くらいあっても不思議ではない。

一発の破壊力や連打では内山が上であるとおもわれる。
サルガド戦では距離感もたくみであまり出てこないにも関わらず出てきたときのパワーがすさまじいのでサルガドはやりづらそうだった。

決してファイター型でない内山だが試合はロープ、コーナーに相手を押し込んだところでのクリーンヒットが鍵となりそこから怒涛の仕留めとなりそうな予感がする。

体格で勝るグラナドスが下がることなくプレッシャーをかけ、手数も豊富だったら手を焼くだろうがそうさせてはならない。体格の利を感じさせないプレッシャーをかけたいところ。

顔面を殴って豪快KOというロマンは大事だがこういう相手にこそボディが有効で内山のボディというのはまさにダイナマイトだ。日本人で一番恐ろしいボディを放つんじゃないだろうか。

暫定王者にホルヘ・ソリスがなぜか君臨しており、グラナドスを破ったリカル・ラモスに勝利して戴冠、防衛戦でも実力者マリオ・サンチャゴ(ルエバノと引き分け、コンセプションに負け)を大差判定で破っている。

パッキャオと戦ったこいつこそが内山にとり邪魔なライバルであろう。

見栄えの速さはないが頭脳派で技巧派で破壊的なパンチャー、紳士内山が男らしくかっこよく豪快に勝ってくれると信じている。

今日は

セルゲイ・ジンジラクのアメリカデビュー戦があります。
鉄壁防御とその堅実なボクシングで穴の見えない全勝王者の試合内容も気になります。

スポンサーサイト
 
2010/05/15 13:31|日本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/509-eb8f556b

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。