海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

セレスティーノ・カバジェロVSダウド・ヨルダン 

バレロがもういないとおもうとやるせないですが
目前にビッグマッチもあるので頭を切り替えねば・・・


パナマ/S・バンタム級王者
WBA/Fedecentro/S・バンタム級王者
WBA/Fedelatin/S・バンタム級王者
パナマ/S・バンタム級王者
WBO/Latino/S・バンタム級王者
NABA北米S・バンタム級王者
暫定-第26代WBA世界S・バンタム級王者
第14代IBF世界J・フェザー級王者
WBA世界S・バンタム級UF王者/UNIFIED CHAMPION
セレスティノ・カバジェロ(パナマ)
Celestino Caballero
35戦33勝(24KO)2敗

ダウド・ヨルダン(インドネシア)
Daud Cino Yordan
25勝(19KO)

カバジェロのフェザー転向マッチ、相手はクリス・ジョンの後継者的存在の無敗の新鋭、Sフェザーを狙っているロバート・ゲレロともいい試合してました。(2Rノーコンテスト)

これは受けたほうも挑戦する方も勇気あるハイリスクな試合だ。

しかし内容はカバジェロがヨルダンを子供扱いしてるようなやや舐めた試合で勝利。

映像を見るにつけ、変てこなボクサーだなとおもう。

パンチの打ち方、誰も真似できない。

子供がボクシングごっこしてるのにそのままバネと破壊力が備わったかのような感じ。
ひょろひょろの腕だけでありえないパンチを打ち込む。

普通こんなボクシングじゃパワーは乗らないはずだが・・・

クネクネの体と背丈で相手のパンチはヒョイヒョイ避けるしロープ際でブロックすればその長い手で上半身は全て隠れてしまう。

たぶん正統派のロペスは分が悪そうなので戦いを避けるだろう。いつかはやる時が来るかもしれないが・・・
クリス・ジョンも避けたい相手だろう。
Sバンタムの西岡は逃げないだろうが状況と周囲がこんな試合は組まないだろう。

もうひとり、スーパーサイクロンな小兵、ユリキルオス・ガンボアだけがウェルカムっぽいので一番先に実現しそうなビッグマッチだ。

見栄え、スピード、運動神経・・・ガンボアだけは大いに期待できるし彼のようなスタイルこそがカバジェロ攻略の筆頭だとおもわれるが果たしてどんな試合になるのやら。

ガンボアの出入りが早すぎるのでフラッシュダウンを何度もしそうな雰囲気はあるがクネクネ星人に塩漬けにされることも考えられる。

ガンボアのボクシングがどう機能するか、それがフェザーを狙う長谷川の参考にもなろうが、それはずっと先の話だ。

もはや彼がどんな相手、どんなボクシングに苦戦するのかだけが興味深い。

自分の中ではカバジェロが全階級一番の変則、変態である。




スポンサーサイト
 
2010/04/20 18:30|パナマTB:0CM:6
コメント
バレロ自殺しちゃいました!最強のボクサーは、タイソンのように自分に負けるのでしょうか?
hirotyson #-|2010/04/20(火) 19:02 [ 編集 ]
hirotysonさん

バレロが母国でどれだけの存在だったのかは知りませんが、これだけの実績、未来への期待を含めると英雄ですよね。

お金、名声全てあったはずの人の心、人生というのは必ずしもハッピーではないのだと・・・
むしろ苦痛の方が多いのかと・・・

幸せってなんだろうと色々自戒させられる強烈すぎる出来事です。
こんぶ #-|2010/04/20(火) 19:25 [ 編集 ]
カバイェロはオープンブローが多いですよね。
腕の先に重りがついていてそれを相手に振り回してぶつけている印象があります。
何でこの人Sバンタムにいられたんでしょうね。
世界を見渡すと日本では天才と言われる才能でもこういった怪物の前では「普通」に見えてしまって不思議です。
kimufumi #-|2010/04/20(火) 23:17 [ 編集 ]
僕が2年ぐらい前から密かに注目してた無敗のホープをこうもあっさり退けるとは、やっぱりカバジェロは凄いです。ほんとにヘンな打ち方しますよね。あれで強いパンチ打てるんだから不思議な技術ですよねー。ナジーム・ハメドほどではないにしろ、現役では確かに世界一の変則ファンターかもしれないです。ロペスは何だかんだで、対戦を避けてるんでしょうか。
条助 #-|2010/04/21(水) 00:40 [ 編集 ]
こういう階級で図抜けた長身、リーチの上に手数もパワーもあるムテキングボクサーは、
全階級見回しても他にはミドルのポール・ウィリアムスと、IBFミニマム級王者のニコシナティ・ジョイくらいしか思い当たりませんが、
その中でもカバジェロは年の功なのか、経験に裏打ちされ、リズムにも乗ったフリーダムな戦いぶりがより際立つんですよね。
ちなみにジョイもいい選手です。前IBF王者のフローレンテ・コンデスを圧倒した試合がようつべにありました。
実績はまだないし、ちょっと固いので、上記二選手と並べるのはまだ早いとは思いますが、
さすがロマゴンのマネージャーが超高評価をしたというだけはあるなと思いました。
toshiyk #-|2010/04/21(水) 03:30 [ 編集 ]
kimufumiさん

打ち方が独特なのでナックルが当たってないような手打ちに見えますよね。でも破壊力は相当です。最近のボクシングは故意か偶然か後頭部への打撃も結構多くて、深刻なダメージを与えているのにそのままスルーというか減点しないようなケースもありちょっと危険ですね。カバジェロのスタイルは異次元なので正統派の歯車が狂うことはよくあるでしょうね。(スティーブ・モリターのように)でもそんな彼にも弱点はあるはずです。

条助さん

まさに正統派で切れとスピードのある注目の新人でした。若い正統派の選手にとってカバジェロは相手が悪すぎなんじゃないでしょうかね。ずいぶん昔になりますがカバジェロの敗戦を検証しますとホセ・ロペス、リカルド・コルドバとなってます。いずれもベテラン、かなり試合巧者ですので戦術が大事なんじゃないですかね。体格と体力でかなり有利な気がしますので正統派でも馬力のあるロペスやバスケス、マルケス、高速エンジンのガンボア、戦車のようなプーン・サワット、技巧派ジョン、いずれも興味深い対戦です。無敵だとはおもえません。

toshiykさん

ニコシナティ・ジョイ確認しました。BOXRECではゴンザレスを抑えてトップ評価ですね。
たしかにでかくて手数が多く、パンチが強そうでずば抜けた能力がありそうです。
でもきれいなボクシングなのでポール・ウィリアムスのほうに似ていますかね。
ミニマムでいてバンタムなみのスケールがありますね。
黒人選手には頭や足が極度に小さく細く、上半身だけは屈強でパワーのあるボクシングに有利な体格の選手が時々いますね。それが極端だとちょっと手がつけられないですね。ベチェカをなんとか退けた長谷川のようにスピードでついてこれないくらいハイピッチで戦うのが攻略法でしょうか。
手数は多いけどノッポの場合図抜けて速いというタイプはいませんから。
管理人 #-|2010/04/21(水) 09:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/500-482685fa

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。