海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

小野寺VS亀海 TV観戦 



忘れかけて眠るところでしたが
ふとおもいだして夜更かし、観戦できました。

亀海、おもっていた以上に強かったです。
マニア筋の評価はダテではなかった。

強敵相手にはじめてじっくりと亀海選手のボクシングを見させていただきましたがどこかで観たことあるような、誰かに似たスタイルです。

身近でいえば大場浩平からフットワークをとり、より接近戦での打ち合いに特化したようなスタイルか・・・

最大の長所は肩です。
広い肩幅をうまく生かして相手が右を出せば左肩、左を出せば右肩でパンチを吸収し決してクリーンヒットを許さない。
もう体に染み付いてる感じで反応できています。

その肩は攻撃でも有効で常に肩を内側に引き締めているため、自身の出すパンチも脇がしまりモーションが小さく相手を確実に捕らえる確率が高い。

フットワークは使わず、危険な距離に踏み込んでも相手のパンチは肩を入れた左右の振りと目の良さでかわせるので自身は被弾せず相手には近い距離から威力のあるパンチがビシバシ当たる。

初回のダウンでかなりのダメージを与え、続く2Rで終わらせることもできそうな地力の違いを感じさせました。
海外強豪のボクシングを見ているようでおもわず唸りました。

一緒に観ていた奥さんは残酷だ。もう終わるといってましたが、小野寺を知る自分は

「ボクシングというのはここから意外と長期戦になったり、パンチに慣れたりしてもつれることもあるんだよ」

なんて偉そうにのたまわりましたが、そこから王者の意地は見事でした。

しかし王者の反撃も見事ながら、勝ちを確信した亀海がすこし流したというか試合を長引かせただけでもうすこし本番を楽しもうとしていたに過ぎなかったのかもしれません。

あまりに余裕の感じられる亀海のボクシング、時折見せるノーガードや挑発などに嫉妬してここからおもわず小野寺を応援してしまいました。時折入るフックの有効打のたびに声を張り上げてしまいましたが、あれも寸でのところでスリッピングしているところが心憎い亀海・・・でも数発は良いのが入ったとおもいますが。

憎いほどに強く余裕のある亀海でしたが、華麗なテクニシャンを見慣れている自分にはちょっと違和感がありました。
上半身だけで無駄も隙も作らず効果的なボクシングを披露し常にパンチの当たる距離にいるのが不思議でした。
しかも拳へのパワーシフトが上手くパンチが一々強そうです。

圧倒的なダメージの劣勢から猛烈な反撃をした小野寺ですが惜しむらくはダメージで持ち味の下半身に力が入らないのと特徴であるフッカーという点を亀海に完全に読まれ、ショルダーブロックが効果的すぎました。
解説の川島氏のいうようにアッパーやボディなどがあればとおもいました。

9回は休んで10回で倒せというセコンドの指示だったようですがフィニッシュは9回に訪れました。
KOは狙うものでなくタイミングというのを痛感しました。

小野寺の根性は素晴らしかったですが、ちょっと試しながら余裕を感じさせる亀海の圧勝というのが実際のところでした。

亀海のボクシング・・・

見事すぎましたがかなり独自の研究、努力の賜物です。
正統派のスタイリッシュなボクサーというイメージでしたが、じっくり見た印象はやや変則のファイターボクサーでしょうか。相手のパンチが当たる距離に臆せず入っていけるのはすごい技術です。
なんだかベネズエラあたりのテクニシャンを見ているようでありアイク・クオーティーっぽさもあったりでとらえどころのない印象を持ちました。

この亀海のディフェンスと短い距離で食わずに当てるパンチ、他の日本人ボクサーの参考になるんじゃないでしょうか。黒人テクニシャンとはまた違う、リナレス的な美しさとも違う、独特の個性がありました。

足の速いテクニカルなボクサー(モーゼスのような)が相手だったらどのように戦うのか、東洋敵なしを感じさせるボクシングでしたがじゃぁ最激戦の世界ではどうなんだとか色々考えさせられました。

非常に楽しみなボクサーです。

小野寺選手も完敗でしたが王者にふさわしい強さであったとおもいます。


芹江選手の防衛戦は10Rだけだったので全くわかりませんが10Rだけなら防衛濃厚に見えました。
左を伸ばしたまま攻め込むスタイルは竹原もやってましたがあるレベルまでは武器となります。
しかし多用するとつけこまれるとおもいます。すごいスタミナと体力がありロボットのようでやりにくいスタイルなんだろうなと感じました。
スポンサーサイト
 
2010/04/13 13:01|日本TB:0CM:12
コメント
永久追放!
親亀永久追放万歳!!

亀海選手管理人さんの予想通り着実に登ってますね。引き続き応援したいと思います。
亀嫌い #-|2010/04/13(火) 16:41 [ 編集 ]
亀嫌いさん

自分ボクサー以外の人はどうでもいいんですが、あの親父さんは自業自得ですね。誰のせいでもない、自分でこういう状況を招いた。

私も最初から亀田のこと嫌いではなかったのですがこの人のやり方のせいで負けるのが見たいために視聴率アップ、でも会場ガラガラみたいな異様なものを生んでしまった。

亀海の試合みてどう感じるんですかね。

これぞファンを熱くさせる本物のホープ、ヒーロー候補というものですね。
もう亀といえば亀海ですね。ルックスもボクシングもかっこいいです。

負けた小野寺もまたかっこよかった。
管理人 #-|2010/04/13(火) 22:16 [ 編集 ]
記事更新楽しみにしています。
帝拳の亀海選手が勝ちましたか凄いですね!自分は見ていないので何とも言えませんが、WBAのマイダナやWBCのアレキサンダーと良いファイトできそうですか?スーパーライト級の世界戦線に割り込めれば凄い事です。
ボロカブサムライです。 #-|2010/04/13(火) 22:45 [ 編集 ]
ボロカブサムライですさん

あの木村を破ったファイター小野寺に圧勝しました。熱い試合でしたが格の違いは一目瞭然で小野寺のダメージが心配なほど・・・

懐疑的だった内山も世界を獲りましたし亀海も期待できるかもしれません。マイダナに技術負けはしないかも・・・しかし彼は屈強だし・・・

ブラッドリーやアレキサンダーやカーンは亀海とは全体のスピードが違う印象です。

ただまだまだ研究と練習を重ね、東洋選手でもこういうボクシングができるんだという特異なケースになれるかもしれません。
管理人 #-|2010/04/13(火) 22:56 [ 編集 ]
こんばんは。
亀海選手強かったですねぇ^^昨年の最強後楽園で小出戦を生観戦したのですが、
仰る通りショルダーブロックと首振りの印象が滅茶苦茶強かったです。
今回はべた足でしたが・・・小出戦はもう少しフットワーク軽かった印象もあります。
ディフェンスが強いのが良いですよね!
そして世界最激戦区のS.ライトってのも良いじゃないですか^^
この階級でもひょっとしてと思わせる選手が出てきたのは嬉しいですよね♪
コテルニクとの技術戦なんか面白そうですね。
世界のトップは半端ないですけど、チャレンジして欲しいですねぇ!
Go↑ #-|2010/04/14(水) 01:44 [ 編集 ]
Go↑さん

他の日本人に見られない技術を持った貴重な存在ですね。
日本のメディアじゃ伝えきれないでしょうが世界の中でも最激戦、人気、注目高いSライト級というのも興奮させられます。少なくとも世界に披露しても恥ずかしくないレベルにありますね。

ついせこい考えをしてしまうとライト級、モーゼスあたりなら勝てるかもしれませんね。彼も速くて美しい選手ですが。帝拳はそういう世界戦組むのも上手いですからね。

なかなか日本で挑戦者が現れないんじゃないかという強さでしたがこれからどんなキャリアを積んでいくんですかね。
管理人 #-|2010/04/14(水) 11:25 [ 編集 ]
YOU TUBEで今,亀海VS小野寺戦を見させて貰いました。
小野寺選手も接近戦ではひつこいパンチでガンバリましたが亀海選手のパワー,技術が上回りましたね!この試合だけではわかりませんが・・・マイダナのパワーには?カーン アレクサンダー ブラッドリーとはスピードが?ウーンやはりSライト級の世界戦線はレベルが高いのですね。チャンピオン以外でもネートキャンベル ビクターオルティスもいますし、浜田さんは凄いパンチャーだとつくずく思いました。
ボロカブサムライです。 #-|2010/04/14(水) 14:05 [ 編集 ]
ボロカブサムライさん

日本無敵で防衛記録を持つ木村でさえ世界は届きませんでした。長期防衛は素晴らしいですがいきなりレベルアップの相手に敵地挑戦というのが不運でした。一回でも本格的な世界ランカー(亀田みたいな路線でなく)と戦っていたらまた違ってたかもとおもうと木村の引退は惜しすぎました。

亀海は帝拳ですのでそういうステップを踏んでもらいたいですね。マニアの自己満足ですが亀海はアマチュアで五輪金のディアスに勝ったことのある川内にも勝った過去がありますし世界で通用しないことはないとおもいます。頭がよく吸収、成長していくタイプに見えますし。

しかし亀海台頭の影でひっそり消えてしまった稲田のようにはならないで欲しいです。
日本ではかなり強くて相手探しも大変だろうとおもいますので世界への段階的なステップを期待したいです。
管理人 #-|2010/04/14(水) 19:22 [ 編集 ]
もうちょっと競った試合になるかと思いましたが、亀海は予想以上でしたね。ただ、上を目指すなら1、2Rに一気に仕留めるところが欲しかった気がします。この階級はご存知の様にどこを見ても化け物揃いですからね。
過去にSライトで戴冠した浜田や平仲兄もアマで実績がありましたが、王座奪取試合の印象から攻撃に特化した面は否めず、浜田はアルレドンドとの再戦で、平仲兄がイーストに負けたのは防御力も含めた総合力で互しなかったからではないかと思います。それだけに洋介山のパンチを大場みたいにショルダー・ブロックやウィービングなどで柔らかく受け流して、ほとんど被弾しなかった亀海の非凡さは今後に期待を抱かせます。こっちの亀は本物ですね。
チャベスのボディ・ブロー #-|2010/04/14(水) 22:08 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

浜田や平仲は沖縄特有の豪腕でKO勝ちか判定負けみたいな極端なスタイルでしたが亀海はまったく違う北海道のテクニシャンですね。

紛れもなき逸材ですがハイレベルなゆえ、今までの相手は遊びながら勝てたようなキャリアです。これからどんな相手にどのような苦戦を経験して強くなっていくかではないでしょうか。既に世界戦組んでもいいくらい強かったですが階級が階級だけに勝負は慎重にして欲しいですね。というか今のSライトじゃ挑戦の余地もないほど本場で盛り上がってますし・・・

亀田が負けて親父がこんな状態になり、マスコミは長谷川のビッグマッチもおろそかにこんなしょうもないニュースばかり流してますがこのタイミングで亀は亀でもイケメンでメチャ強い亀海が出てきたのは運命の皮肉を感じます。

亀といえば強くてクールでかっこいい亀海のこと

マスコミも本物志向でこっちに注目すべきです。
管理人 #-|2010/04/14(水) 23:49 [ 編集 ]
それと今回の試合で感じたのは小野寺対策が万全だったのではないでしょうか?
亀海の特技のショルダーブロック、彼は小野寺のようなフック系のファイターはお手の物なんじゃないですかね。

アウトボクサーでストレート系の強いボクサーとの戦いを見てみたいです。
管理人 #-|2010/04/14(水) 23:57 [ 編集 ]
はじめまして
いつも更新を楽しみにしています

デラホーヤVSアイク・クオーティを観て以来、
すっかりアイククオーティのファンになってしまった僕にとって、
こんな日本人ホープはの登場は素敵過ぎます

長谷川と並び証されるボクサーになることを期待しています
格闘rice #-|2010/04/21(水) 01:47 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/495-ac3aa1f0

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。