海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

亀田興毅VSポンサクレック・ウォンジョンカム 

第3代WBU世界J・フライ級王者
第35代WBC世界フライ級王者
暫定WBC世界フライ級王者
ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)
PONGSAKLEK SINGHAWUGCHA
78戦74勝(39KO)3敗1分

第33代OPBF東洋太平洋フライ級王者
第21代WBA世界L・フライ級王者
WBA/Inter-Continental/フライ級王者
第37代WBC世界フライ級王者
亀田 興毅(Gツダ/協栄/亀田)
Koki Kameda
22戦22勝(14KO)

試合は両者慎重で白熱とはいいがたいものでしたが確実に勝ちに徹したポンサクレックがすべてのラウンドで上回っていた内容でした。

昔ほどの爆発力はないが相手に合わせても的確さ、パンチの強さで上回るポンサクの経験値はさすがでした。
スピードでもポンサクレックの方が速く見えました。

なんだかスパーリングのような、お互いあと一歩の勇気のない試合に感じられました。
万が一負けたら後がないポンサクは仕方ないにしても若く、無敗でビッグマウスの男がこれではいかにも歯がゆいです。

しかし安全志向、作られた無敗のキャリアで築いたこの実績では百戦錬磨の相手ではこれが限界でしょう。現状、再戦しても絶対勝てない実力差、柔軟差がありました。

ポンサクレックは内藤戦をよく見たのか、強引に倒してやる、ねじ伏せてやるといった気概は感じさせず、ボクサースタイルで淡々とラウンドを消化していきました。年齢や過去のキャリア、内藤戦での躓きを意識したか、よりオーソドックスに無理せずボクシングすれば無難に勝てると悟ったかのようなスタイルでした。KOは狙うものでなく流れの中でチャンスがあれば程度に捉えていたようです。安定感は抜群ですが遠い距離だと策がないような場面も見受けられ、今回はそう長くない時期に王座から落ちるのではないでしょうか。

ロングからのボディストレートを多用してましたがあれは効かせる、当てるためのものではなく、それに反応して打ち返してきたら本当のパンチを打ち込んでやるという呼び水だったとおもいます。しかしかわすのにせいいっぱいの相手は距離を取り打ち返してきませんでした。

フライ級頂点の戦いというほどの高度なものは両者に感じられない退屈な12Rでした。
ポンサクレックに残されたのは日本人との防衛戦稼ぎではないはずなのでカオサイやウィラポンでも成し得なかった本場の強豪との対戦や統一戦に望んで欲しいとおもいます。


元の通りの世界フライ級として様々な国の強豪がみれるようになれればいいとおもいます。

負けた亀田はコツコツとまた這い上がっていくのでしょうか
そうであれば見直しますがきっと別口でしょう。

スタイルの限界、打開策のなさ、バッティングの過度のアピール、捨て身で勝負できない精神力を誰もが感じた今日の試合でした。

続けていくのなら練習も試合ももっと実戦向きでタフな道を勝ち抜いていかないとトップレベルではやっていけないでしょう。
スポンサーサイト
 
2010/03/28 01:21|タイTB:0CM:16
コメント
No title
あの亀田長男もついに初黒星ですか。亀田家って相当無敗を意識してたと思うんで、今回のダメージは大きいでしょうね。無敗と1敗じゃ大分違いますから。
ただひとり無敗の三男を、今後大々的に売り出していくんでしょうかね。
条助 #-|2010/03/28(日) 02:16 [ 編集 ]
No title
ポンサクってアウトボクシングできるんですね。
#-|2010/03/28(日) 10:04 [ 編集 ]
No title
ブログ更新,楽しみにしています。

元々,亀田気は好きでは無かったですが、KOで勝ち続けるのは激闘型?と思って見極めたいと考えましたが・・・世界レベルではパンチャーでは無いです。勿論マッチメークにもよりますが、最近多いタッチボクシングはファンの衰退を招きますね!やはり不利でもファイタータイプやボクサーファイター型で手数のあるボクシングが好きです。メイフェザーは正直,塩試合製造タイプですから・・・モズリーを応援しています。
ボロカブです・ #-|2010/03/28(日) 10:05 [ 編集 ]
No title
亀親父はまた懲りずに暴言吐いたみたいですね
あんなのにまたセコンド復帰させるとかやめて頂きたい
#-|2010/03/28(日) 10:39 [ 編集 ]
No title
観客が少なかったみたいですね。最近、アンチが減って、無視な人が多いのも原因でしょうね。試合も塩っぽいし、自分も昨晩忘れてて、今朝録画で見たぐらいですから。試合内容はポンの完勝でしたけど、亀も世界ランカーの実力はあったみたいですね、2階級制覇チャンプには失礼ですが・・・。清水とだったら実力的にもいい勝負でしょう。、まだ若いしそういった選手と戦っていかないと、ますます観客が入らないし、冗談抜きでTBSのスタジオでやるしかないんじゃないでしょうか。
しかし、今回の興行主が宮田ジムだったら、大赤字でしょうね。協栄も大変だったみたいですし・・・。
かちゅや #-|2010/03/28(日) 11:26 [ 編集 ]
No title
今後が見えた。

翁長VSポンサク
八重樫VSオーレイドン

そしてタイ人防衛
めがね #-|2010/03/28(日) 15:21 [ 編集 ]
No title
日本のボクシング、内藤世界戦でも客がはいらない、赤字だ。亀田以外今の所客はいらないのでわ、パフォーマンスも必要だと思う、こういうボクシングもありと見ていこうと思う。
#-|2010/03/28(日) 22:15 [ 編集 ]
No title
条助さん

作り上げられた無敗というのがなくなってよかったです。
兄弟で一番不器用でセンスを感じられない次男だけ世界王者ですがもう時間の問題でしょうかね。
ボクシングの威信が保たれてまずは一安心です。


ボロカブですさん

メイウェザーはそれでも素晴らしい技巧を披露してくれるしパワーに依存しないタイミングでの芸術的パンチでのKOも多いので試合は関心させられますがモズリーほど見ててアドレナリンは出ませんね。
相変わらず亀田は試合全般でパシャパシャパンチを時々やってましたがあれはちょっと痛いですね。
技巧を完成させてカルザケのようなスタイルを目指せばいいんじゃないでしょうか。KOできるスタイルではないですね。


かちゅやさん

亀田が負けるところが見たいという人が多いんじゃないでしょうかね。だから生でなくTVで十分、自分もこの選手が視聴率が高くてTV局に重宝されてるのは知ってますがお金をかけることは絶対すまいと心に決めています。西岡や長谷川の試合ならすんなり会場行きますが・・・


めがねさん

先見の明がありますね。大橋会長の亀田寄りもきっとここにあるんじゃないでしょうかね。
鬼塚や佐藤の痛すぎる解説も結局お金なんじゃないでしょうか。ジャッジも実況も亀田寄りの中でポンサクはよくやってくれました。自分はポンサクのヒット毎におもわずよし!と叫んでしまいました。アンチの人にはわかってくれるとおもいます。

結局TV局が作ったスターというのはTVで見れば十分なんじゃないでしょうか。会場に客が来ないとすればそれはボクシングが面白い、強いからではないでしょう。ボクシングファンじゃない人の支持ということでしょう。自分は内藤は3回くらい会場で見てて好きですが。


管理人 #-|2010/03/29(月) 12:30 [ 編集 ]
No title
また遊びに来ました。
ポサクレックが3-0で勝っていたと思います。フルマークではないでしょうが・・・
亀父がWBCとJBCにクレームを入れているみたいです。よくわかわない?
ボロカブです。 #-|2010/03/29(月) 12:45 [ 編集 ]
No title
ボロカブですさん

リング外のことはどうでもいいですが入ってくる情報によると

「テープの録音をばらすぞ」

「日本人だぞ、ホームタウンだぞ」

なんていう発言に注目してみますとそれはつまり

立ってりゃ(判定なら)亀田の勝ち
そういう根回しは出来ている
話が違うじゃないか

と言ってるように聞こえます。

この際暴露して親父だけでなく協会の方々にも退陣してもらいたいものです。

この発言は懸念されていた八百長疑惑を裏付けるものと確信しちゃいました。
自分が愛するボクシングがこんな舞台裏とは・・・ショックです。

そういう目でみると引き分けにしたジャッジはせいいっぱいの妥協、
その他ジャッジも可能な限り亀田につけた結果があの判定内容なのでしょう。

ポンサクフルマークか118で問題ない試合でした。
管理人 #-|2010/03/29(月) 14:41 [ 編集 ]
No title
息子達はともかく親父は永久追放してほしいもんです
疑惑の判定なら100歩譲って気持ちもわからないでもないですが
あの内容で暴れるようでは・・・
ダルチ #-|2010/03/29(月) 17:07 [ 編集 ]
No title
ダルチさん

親父はともかく息子がどう感じたかですね。
ああすれば勝てる、強くなってリベンジじゃっておもえたか
次すぐやっても勝てないやって感じたか・・・

もう無敗という幻想はなくなったんだから身の丈で頑張って欲しいんですけどね。

セコンドが鼓舞するようにパッキャオ、パッキャオって言ってましたがあれはどっちかというとクロッティでしたね。
管理人 #-|2010/03/29(月) 19:24 [ 編集 ]
No title
ポンサクレックはフィジカルが落ちていても、老練さが増した印象ですね。判定はフルマークでもいいと思います。判定結果を聞くまでオープンスコアでも冷や冷やしてましたよ。ドキドキする気持ちで判定結果を待ってた時代が懐かしいです。
再戦要望を出したみたいですが、こいつらとはタイ以外では戦って欲しくないです。
これを機に亀1は引退してもらいたいですね。
チャベスのボディ・ブロー #-|2010/03/29(月) 23:25 [ 編集 ]
No title
チャベスのボディ・ブローさん

ポンサクレックはあまり踏み込んでいかないし遠い距離からのボディストレートが多かったですが顔面をきちんと打っていたところ、ポイントは押さえていたところから、ああ今日の試合は今までの亀田の試合と違うとおもえてホッとしました。

自分は以前から実力的に特別視していなかったので今後亀田がどうしようと関心はないですが本当の世界レベルで通用しないことは思い知ったことでしょうね。

世界路線でいくなら穴王者以外太刀打ちできないとおもいますので負けが込むのではないでしょうか。日本から出直せばそこそこできるのかもしれませんが。

けれど今回の採点を見て明らかに優遇されていますので日本で外人とやるのは不公平すぎて容認しかねますね。

実力、観客数、馬脚を現したという意味で本当によかったです。
管理人 #-|2010/03/29(月) 23:40 [ 編集 ]
内藤戦の前まで、あなたは散々亀田興毅をかなり悪辣に批判しているように感じました。
そして内藤戦後は途中から亀田に関してノーコメントを貫いてませんでしたか?
ノーコメントを貫いていたのにも関わらず、ここぞとばかりにボロクソ叩く。
亀田の前にあなたの人間性に平均異常の悪を感じます。
全体的に男のアンチ亀田は統計をとるとブサイク・屈折したパーソナリティを持ってると憶測しておりますが、あなたのようなコメントをみるとよりその考えが強化されます。
ただのボクシングファン #-|2010/04/09(金) 06:30 [ 編集 ]
この試合はポンサク先生のボクシングレッスン
といった感じで面白かったですよ。

ランダエタ、内藤にほとんど何もさせなかった亀田が
ああも脆く攻略されるとは衝撃的な試合でもありました。
#-|2010/04/11(日) 19:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/489-4b97d2bb

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。