海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

坂田健史VSエリック・ディアス・シレガー 

第56回東日本フライ級新人王/第46回全日本フライ級新人王
第45代日本フライ級王者
第47代日本フライ級王者
WBA世界フライ級王者
坂田 健史(協栄)
Takefumi Sakata
42戦35勝(16KO)5敗2分

坂田が無事再起戦を勝利しました。

1RKOとのことでカマセかとおもいましたが
素質はなかなかよさそうな選手でした。

いつになく坂田が初回からエンジン全開でプレッシャーかけまくりで
上下にいいパンチを放っていました。

そんなにスピード感がないのであの飛び込んで打つボディはガードが開いていて
トップレベル相手では危なかしいと感じましたが力強く正確で一時Sフライで調整したことで
強くなったように感じました。

相手はコロコロ倒れ、最後は浅い右で倒れたところなど、気持ちが折れたっぽかったですが
坂田の圧力に余裕がなくなりこりゃ適わないとギブアップしたのでしょう。
坂田にはスタミナというさらなる武器があるのでそれを使わずの圧勝というのは見事でした。

自分は世論よりは坂田に同情してません。今まで世界戦のチャンスをかなり貰ってますから。
それでもまだまだ闘志も技術も向上していると感じましたのでチャンスがある限り応援します。
今回で43戦目、すごいキャリアです。

上下の打ち分けも素晴らしく、この出来ではボディしか打たないデンカオからベルトを貰った亀陣営は益々対戦を避けるのではないでしょうか。

スポンサーサイト
 
2010/02/23 12:36|日本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/477-0815026e

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。