海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

リカル・ラモスVSホルヘ・ソリス 

暫定WBO/Latino/S・フェザー級王者
暫定WBA世界S・フェザー級王者
リカル・ラモス(コロンビア)
Likar Ramos
23戦21勝(15KO)2敗

ホルヘ・ソリス(メキシコ)
38勝 (28KO)2敗2分

地味な暫定戦ですがこの試合もスルーできません。
まともな映像はなかったですが・・・


なぜなら正規王者 内山高志の階級の暫定王者だからです。

リカル・ラモスは未知でしたが五輪代表のコロンビアン。
風貌から確かな技術に裏打ちされたパンチャーと想像します。

対する挑戦者は安定王者だったウリセス・ソリスの兄だそうです。

この人はパッキャオにKOされた印象が強い選手ですが
インタビューでパッキャオも強かったと褒めてました。
ウリセス・ソリスの血が流れているならそりゃぁ強いんでしょう。
戦績もキャリアも豊富です。

試合はダウンの応酬だったようですがソリスが最後は圧倒したようです。
この映像だけではわかりませんが完膚なきほど倒してます。

パッキャオ戦を振り返ってもかなり好戦的な選手でしたので
内山との試合があれば打ち合い、倒しあいが予想されます。

こういう一流ランカーがゴロゴロいる階級で王座を守っていくのは大変だとおもいますがダイナマイトパンチとクールな彼なら頼もしいです。

サルガドを片付けてもちゃっかりこういう選手が指定位置につくところ、
WBCのお膝元、メキシコの層の厚さを感じます。

スポンサーサイト
 
2010/02/09 13:15|未分類TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/469-999a2e8e

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。