海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

長谷川の動向 

気になる長谷川の動向ですが

もはやランキングでは

1位 べチェカ
2位 アブネル・マレス
3位 サーシャ・バクティン
4位 大場浩平

となっておりバンタムにとどまるにしてもなかなか難しい上位陣となっています。

ここへきてGBプロモーション期待の新星アブネル・マレスが先日IBFのアクベコを下して
王者となったヨニーペレスに挑戦することが決まったようです。
長谷川と戦わないのは残念無念ですがこれはこれで興味深い試合です。

ヨニーペレスは一試合しか見てませんがアントニオ・セルバンテスの再来とも言われる
大柄で穴の少ない立派なボクサーでした。

マレスはリカルド・ロペスやファン・マルケスに似たフォームの完成度の高いボクサーですが
どこまで本物なのかは未知数なところがあります。

こうなると長谷川の相手は上位を無視しないとなると対戦しずらいボクサーばかりになります。

なんとなく返上、フェザーへの転向が現実味を帯びてきます。

べチェカVSサーシャVS大場

という未来が期待されます。

べチェカがいかほどのボクサーかが試されることになりそうですが、日本を離れむしろ最近試合が増しているサーシャ、大場の線も確立が高いです。大場にとってはかなりの難敵ですが・・・

喫茶店でプレイボーイを読んでたら長谷川の記事が載っており

希望するフェザーへのチャンスがない場合にだけバンタムでやるみたいなことが書いてあり
彼としては

「自分がどこまで強いか試してみたい」
「ジョンとやりたい。もし勝てばガンボアともやることが出来る」

などと書いてありました。

「ボクサーは必ずいつかは負けるものだしそうなれば地位も名誉も全て失うものだ」
「頼れるものは練習、努力、努力は自分を裏切らない」

と語りすでに誰とでも戦う覚悟は出来ているように感じました。

フェザーへのビッグマッチへの覚悟、強豪との飽くなきチャレンジはすでにセットされているものとみます。

西岡の次の相手も楽しみだなぁ。

内藤に勝ったあの人はそろそろ次を発表すべきだとおもいますが、はて?

スポンサーサイト
 
2010/01/22 12:14|日本TB:0CM:2
コメント
No title
1位がベチュカですか・・・長谷川との再戦は観たくないですね~(笑)。
バンタムはむしろ大場に後を継いでもらうイメージが出来てるといいですね。それと長谷川の視界にガンボアが入っているのが嬉しいです。バンタムに残るならそれこそモレノとの統一戦とかマレスみたいな意味のあるカードを組んで欲しいですけど難しいですね。
西岡も次は海外の強豪とやって欲しいですし、名城も内山もこの辺は貪欲ですね。
あと一人、内藤に勝った人はいいかげんに腹を据えてポンサクレックと統一戦をやって欲しいですね。タイで。
チャベスのボディ・ブロー #-|2010/01/22(金) 18:38 [ 編集 ]
No title
チャベスのボディ・ブローさん

これ書いたらその日に

亀田VSポンサク
黒木VSオーレイドン

という話がありましたね。タイ側の発表なので信憑性は?ですが。

日本開催だとおもいますが普通に実現してくれるといいですね。

デンカオは心配でしょうがないですがポンサクはしっかり調整してくるはずですからね。

なんでもデンカオは最低限の練習しかしないでのらりくらりしてるそうです。
と同門で練習熱心のプーン・サワットが言ってました。
管理人 #-|2010/01/23(土) 18:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/458-7795e7a9

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。