海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ダブル世界タイトルマッチ 

前置きほとんどなくいきなりはじまりました。
しかも細野VSプーン・サワットはダイジェストなんで採点不能
内山戦は長引いたんだと想像できました。

細野VSプーンサワット

初回からはげしい打ち合いでKO決着間違いなしと感じさせてそれでいて異様にタフで試合が長引くのは榎戦と一緒でした。両者一歩も引かない素晴らしい打ち合いですがプーンサワットの方が重心がしっかりしておりパンチがコンパクトでコンビネーションがきれいで速い。細野はプーンサワットよりはパンチが外側でやや振りが大きく、左ボディ、アッパーだけで右はあまり当たりませんでした。

ショートでの打ち合いでプーンサワットの方が正確で馬力もあった感じなので距離を置いた後半でしたが、左ジャブを軸に距離を離してしまえばプーンサワットはややリーチ差もあってやりにくそうでしたのでこっちの作戦の方がよかったのかもと感じましたがやや手遅れだったか・・・

森田さんの採点は現役時から?が多いので接戦でしたが明らかにプーンサワットが上に見えました。
ダイジェストなので何ともいえませんが。

細野のスタミナ、タフネスは素晴らしかったです。
もうちょっとしつこければ根性勝ちしていたかもしれません。
後半、手数でも負けていたので惜しかったです。

プーンサワットは長谷川と戦うのかもしれませんが、かなり頑丈で完成されたスタイルでダウンはめったにしないタイプにみえます。長谷川なら勝てそうですが重心がしっかりした体力の塊みたいなボクサーなので苦戦するかもしれません。

まさにポンサクレックを右にしたような安定感のある王者です。

試合後の大橋会長のコメントで「この階級ではいつものパワーが出なかった。フェザーで再起する。」

ですがパワーの生かし方や技術的にあと一歩足りなかっただけのような気がします。
タフネス、精神力などは申し分ないですが。



内山VSサルガド

判定で無難に勝てるところをKOしたのはかっこよかったですね。この日は文句ない勝利でした。

サルガドは未知数な部分が多かったですが、実際微妙なボクサーでした。
世界王者としての技術レベルはもの足りないし、採点不利でどう対処するのかの戦略もありませんでした。
長い手足をバタつかせややスピード不足なやりにくいスタイルのボクサーであったようです。

とはいえビョンビョン伸ばすジャブや左フックはやはり軌道が変わっているしいきなり強い感じもあり
一発逆転の怖さはありました。

打たれる前からスウェーやヘッドスリップするところやダメージを吸収してしまうような独特の身体能力があり
やりにくくて打たれ強い変なボクサーだった。

という印象です。
しかし内山のボディは効いたようです。

もう世界王者に再浮上することは恐らくないでしょう。

内山はそこそこ安定した技術と一撃必殺のパワーがあるので頼もしいですが
他の王者に比べると物足りないところがかなりあり今後大変だろうなとおもいます。

今日は手放しで祝福します。
最後の最後にかっこよく締めていただいて素晴らしかったです。

サルガドの試合後のコメント「内山の動きが読めなかった。本当に力強く、打たれ強いボクサーだった」

に注目しますと、内山はリナレスのような華麗なアウトボクサーというわけでも、ガンガン来るファイターというわけでもなく南米にいないタイプのボクシングだったということでしょうか。海外贔屓の自分としてはやや硬い、単調な感じにも映った内山のボクシングですが相手にとっては読みにくく、それでいてパンチが破壊的なので自分のボクシングが上手くできないのかもしれません。喧嘩が強いみたいにも見えます。どこかホプキンスのような理解を超越した強さを持っているのかも知れずそういうボクサーになって強豪多いこの階級を勝ち抜いていって欲しいなと感じました。

オリンピック金メダル級のトップアマでも内山ほどのキャリアで世界を制するものはほとんどいません。
そうした意味では今後の防衛戦はそのほとんどが実績で格上の相手となるでしょう。
けれどアマチュアで培ったキャリアと自身の修練、規格外のパワーという武器でここまで到達した内山には今後の試練も乗り切って欲しいですしどんな相手でもKOできるロマンを魅せてほしいものです。
過小評価してすいませんでした。お見事でした。




スポンサーサイト
 
2010/01/11 21:48|日本TB:0CM:9
コメント
No title
サルガドは、リナレスを倒した選手とは思えないほどパッとしない戦いぶりで、全然キレとかスピードが感じられなかったです。ここまで無敗だったのが不思議なぐらいでした。内山がうまかったのもあるんでしょうが、案外これがサルガドの真の実力だったのかもしれないですね。
まあしかし、内山の勝ちっぷりは見事でした。最近の日本人の世界戦の中で、一番劇的でしたね。強豪ひしめくスーパーフェザー級で、今後どこまでいけるのか楽しみです。
条助 #-|2010/01/12(火) 03:25 [ 編集 ]
No title
条助さん

初回でリナレス戦の悪夢が払拭されましたね。サルガドは変なボクサーでしたが内山が力を出させなかったんだろうとおもいます。きれいな戦いであればかみあってサルガドの長いパンチが当たってたかもしれませんが重くて硬い内山のパンチを恐れてボクシングが壊れてしまったように感じました。様々なタイプの強豪がいるので内山の独自のスタイルと剛打で打ち破って欲しいですね。今後この階級が日本で見れるのは幸せなことです。
管理人 #-|2010/01/12(火) 13:09 [ 編集 ]
内山、細野W世界戦雑感
サルガドの実力不足というよりも自分は内山が相手の光を消すボクシングをした結果ではないかと思いました。内山はそのハードパンチにのみ注目されがちですが、その本質は徳山みたいに相手の長所を出させない微妙な距離感に優れたボクサーではないかと認識しています。OPBFの防衛戦で見せた余裕を感じさせる安定感もそこからきているのではないかと。正直、思った以上に底を見せてない気もします。
細野は真っ向勝負過ぎましたね。プーンサワットのパンチの方が力感があり、ダメージを残している様に見えました。特にアッパー系でよく顔を跳ね上げられてましたね。榎戦みたいに展開を変える余裕が無かったのか、戦術ミスなのか・・・まあ引き分けは無いと思いましたけど。
チャベスのボディ・ブロー #-|2010/01/12(火) 13:55 [ 編集 ]
No title
チャベスのボディ・ブローさん

サルガドが弱いとはおもいませんが王者としての磐石なスキルには欠けると感じました。
2回くらいが終わってこれはおいしいタイトルマッチかもとおもってしまいました。
内山のボクシングがいまいちしっくりこない自分ですが、この試合含め、ほとんどポイントも失っていないことを考慮するとその強打を全快にすることはなくとも相手に恐怖心を与え、常に潜在的優位に立ってボクシングを組み立てられる大人なボクシングなのかもしれませんね。

誰が相手でも盛り上がるこの階級で恐ろしく破壊的なパンチを持ち冷静な戦術家という珍しい日本人王者が誕生し今後が楽しみでなりません。
粟生と初防衛戦というのはなしでお願いしたいです。
管理人 #-|2010/01/12(火) 14:29 [ 編集 ]
No title
試合後の選手の言葉とか採点とか変なところに注目してしまいますが

細野戦

ジャッジ一人がドローに加え、プロの目とした森田氏の採点も露骨に日本人贔屓でなんだかなぁという心証を覚えました。彼が公式ジャッジじゃなくて本当によかった。もう引退してるけど。

内山戦

KO決着だし勝敗の行方を左右するものではありませんが最終ラウンドまで3ポイント差というジャッジがいました。厳しくみても内山が失ったラウンドは2つくらいしか考えられずこれも密かにびっくりしました。

今後、このような不可解なジャッジとも戦っていかねばなりません。
管理人 #-|2010/01/12(火) 16:44 [ 編集 ]
No title
こんばんは。宮城県に住んでいるんですけど、こちらでは放送がなかった為、結果しかわからなかったんですが、内山圧勝だったみたいですね!!
やはりパンチ力は桁外れな部分があるんですかね?技術も。

もしかしたらビデオ手に入るかもしれないいんで、そのときはじっくり観たいと思います。

自分も頑張らねば...笑
レプ #-|2010/01/13(水) 18:11 [ 編集 ]
No title
レプさん

内山は強かったですよ。採点でも圧倒してました。巧い、速いんじゃなく強いのだとおもいます。パンチは見るからに強く誰でも倒せる雰囲気があります。リナレスとかの方が見栄えはいいでしょうが総合力では劣ってないかもしれません。
見た目もよく非常に男らしいチャンピオンですよ。
管理人 #-|2010/01/14(木) 14:26 [ 編集 ]
No title
過小評価されがちだった内山の評価が上がってうれしく思います。
↑のスレでチャベスのボディ・ブローさんも仰っていましたが、自分も
内山の本質は相手の長所をスポイルするのがうまい選手だと思っています。
過去に内山とやったフセインにしろトーンにしろ世界ランカーがいい所を
まったく見せられずに敗北したのは、彼らが弱すぎたわけではなく、
内山がその長所を消したためにそう見えたように思われます。

そう考えると、一般のファンの間ではあまり評価が高くなかった内山が
ボクシング関係者の間では高い評価を得ていた理由にも納得がいく感じです。
実際に拳を交えた人間や、間近で関わっていた人間にはわかる何かがあるのでしょう。

何にせよ、内山は負けづらいスタイルを持ったボクサーなので
これからの防衛戦が楽しみです。日本人とはやらないでよいので
海外の強豪選手との試合が見たいですね。
Sein #SXlq22JY|2010/01/17(日) 17:46 [ 編集 ]
No title
Seinさん

実際内山でとれないなら自分なんかと間近で見てる選手はその強さに脱帽していたようですね。

ファイターでも華麗なボクサーでもなく冷静でパンチがすごく強いので相手は困惑してしまうんでしょうね。

フセインも敗戦後「聞いてたのと違った」って言ってましたね。

こういうボクシングが日本人でこの階級でいちばんたくましいのかもしれません。
管理人 #-|2010/01/20(水) 19:25 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/452-b1f9d92d

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。