海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

2010年の日本ボクシング界 

選手の評価はその試合内容、実績によるものが多いとおもいます。

パッキャオの評価は前人未到の階級アップと実力者に真っ向から立ち向かいその都度劇的な勝利を手にしているからまったく異論はない。

その点で慎重なメイウェザーより評価されていてもまったく問題がない。

そういう観点から、世界中の上位ランカーを尽く打ちのめし、10度防衛、バンタムの絶対王者に君臨している長谷川は賞賛に値するが、かつて拳を交えた挑戦者でその後目立った活躍を残したものはまだいない。

マルドロットは敗北し、ぺチェカはその後無敗ではあるがまだ出世試合はない。

そういう意味でIBF指名挑戦者対決とされる

ジョセフ・アクベコVSブシ・マリンガ

というアフリカ対決は非情に興味深い。

まだ決定というわけではないようだが・・・

まったくもっていいところを発揮できなかったマリンガがどこまで奮闘するのやら・・・

なんとなくアクベコの総合力が上でありそうだが。

そんな感じでなんといっても価値があった試合が

西岡VSジョニー・ゴンザレス

であった。

西岡VSならもちろんだが

ジョニー・ゴンザレスVS

マルケス、ファンマ、カバジェロ、ジョン、ガンボア・・・・

まだまだ価値がある、ぜひとも見てみたい。そのくらい強いボクサーである。
バスケスに逆転負けしたがダウンも奪い優勢で勝っていた本格的な元チャンピオンだ。

そういう意味で徳山というボクサーは

ペニャロサやキリロフのその後の活躍を振り返るとつくづく偉大であったと想起されるのだ。
まだ未完成と考えているがカスティーリョやカサレスを退けた名城もまた偉大だ。

長谷川に求めるのはこうした実績や今後の対戦相手の質である。

今年の日本ボクシングはそういうレベルの稀有なチャンピオンを抱えているのだから勝負の年である。


今後、ここまで評価すべき世界王者が誕生するのは不可能とさえ考えられる。

日本限定のマスコミ人気など後からついてくるものと考え、そういう王者たちにしかるべきサポートを全力で行って欲しい。

ボクシング人気復権のためにはIBF、WBOの加盟もすべきだ。
なんならWBAなど飛ばしてもいいから。

そういう新たな試みや時代の変化に対応することで若者の、未来の日本ボクシングの活路は開かれていくと信じる。

色々と変わって欲しい2010年の日本ボクシング界です。
スポンサーサイト
 
2010/01/05 13:21|未分類TB:0CM:5
コメント
長谷川の対戦相手で一応、出世頭だったのはバルデスだったんですがこの前、負けちゃいましたしね・・・でもモンティエルに実質勝ちですからある程度のレベルは示したと思います。パッキャオvsメイウェザーの勝者とモズリーvsベルトの勝者という対戦も観てみたいですね。
チャベスのボディ・ブロー #-|2010/01/05(火) 21:16 [ 編集 ]
正直、西岡がジョニゴンに敵地で勝つのは厳しいんじゃないかと思ってたんですが、結果はあのとおり見事でしたからね。日本人が世界の強豪にも通用する事を実感できた試合でした。
海外では日本人は東洋から出て来ないと言われてるそうですが(まあ強い否定はできないですが)そんな中での西岡の快挙は、本当に痛快そのものでした。
今年は、「日本人選手よ、西岡に続け!」って期待してます。
条助 #-|2010/01/06(水) 00:21 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

日本は長谷川に夢中ですが対立王者として2009年に出てきたアンセルモ・モレノ、ネオマール・セルメニョ『暫定』、ヨニー・ペレスともに
曲者でいて試合巧者であなどれないですね。サーシャ戦を自分は希望してませんがこういう人々や階級上のビッグネームとの試合がそろそろ望まれますね。

パッキャオVSメイウェザーは実現しないのではないでしょうか?それより今年こそ引退かもしれないモズリーに最後の花を咲かせて欲しいです。


条助さん

恐らく長谷川は日本でもその名が知られつつあり、具志堅の記録と比較されたりもして既に稼げる状態なので海外に出ないとおもわれます。
より確実にお金が稼げる日本で、13回の防衛記録更新をを目標にやっていく方向に切り替えたような気がしてなりません。ただ今のままだと強豪アブネル・マレスや
サーシャくらいしかランカーはいないので彼らを選ぶのか階級上げるのかはまだよくわかりませんが。上げるとしても細野VSプーンサワットの勝者がいいところではないでしょうかね。そんな風に憶測してます。
年齢的にも西岡こそが世界に打って出るのかもしれませんね。内山がサルガドに勝ったらまた可能性も色々広がるのでしょうが。
管理人 #-|2010/01/06(水) 14:23 [ 編集 ]
長谷川は海外に出るどころか、階級を上げる気すら無いと思いますね。
ここ2,3年の海外挑戦&階級アップの発言は、まったくのハッタリです。
勝手に何十回でもバンタム級で防衛してればいいんですよ~(*´∀`)アハハ

西岡ファイト!!!
レミ #-|2010/01/06(水) 18:55 [ 編集 ]
レミさん

最近の動きを見てると長谷川の海外志向は薄れたと感じますね。
既にファイトマネーより副収入の方が多そうな状態ですし
日本のマスコミが具志堅の記録を煽りすぎてますからね。

ゴルフの石川しかり、メジャーで実績ないのに大ヒーローですから。
日本のマスコミというのはお金を国内還流させたいんでしょうね。
残念な文化ですね。
管理人 #-|2010/01/07(木) 13:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/449-669b5868

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。