海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

パッキャオVSメイウェザー 

ファンが期待する試合をことごとく実現させる本場アメリカの
ボクシング市場にあってこの対戦は恐らく実現するだろう。
両者10億のファイトマネーを払ってでも然るべきである。

コット戦での圧勝でスピードもパワーも凌駕してみせたパッキャオにとり
もはやメイウェザーに対し体格、パワーで劣るということはないだろう。

信じられないがモズリーVSコット戦を振り返れば元々ライト級の絶対王者
モズリーに対しても同様だ。

自分も世界の多勢もパッキャオが憎たらしいメイウェザーをはじめてぶったおす男となる
ことを期待しているだろうが改めてこの映像を見てそれでもメイウェザー有利だとおもわざるをえない。

このディフェンスこそが他の誰とも違うメイウェザーの真骨頂だ。
パッキャオの正直すぎる?ブロッキングとは訳が違う。

対戦相手はみなメイウェザーの顔面をコンビネーションで打ち破ってやろうと狙っているが彼の顔面はスイスイとすべてのパンチを余裕でかわす。

L字ブロックを多様してボディや手は前に出すが顔ははるか遠くに置いて
絶対相手のパンチが届かない位置に移動させている。

シンプルそうでいて誰もできない芸当だ。

マルケス戦は奮闘を期待していたが改めて見るとマルケスの正確で芸術性は高くともややモーションと角度のついたこのパンチはメイウェザーには当たらないんだということがよくわかった。

パッキャオはどっちかといえば顔面ハンターなのでこの曲芸には苦労するだろう。
踏み込みもパワーも半端ないのだけれど...

足も早いし縦横無尽だからそううまくはいかないだろうがメイウェザーをつぶすには距離をなくしボディで根性、スタミナを奪うしか策はないだろう。やはり注目すべき突破口は馬力で追い詰めたカスティージョ戦、ちびメイウェザーみたいなカルデロンVSカサレス戦のような展開だろう。

今のままならせいぜいカルデロンVSマヨール戦のような結果が妄想される。

コット戦では固いガードに苦労して結構ボディを打ったパッキャオだが4Rのダウンダメージ以降いつでも倒せそうでいて以外とコットをとらえきれなかった面、ボロボロでも巧みに逃げていたコットをみると同じようなボクシングではメイウェザーはとらえきれないだろう。

しかし完全無欠、無敗のメイウェザーを倒すことができるのはそれでもパッキャオしかいないのだ。得に前半放たれる奇跡のようなダウンショット、神がかりなスーパーパンチと殺傷能力をパッキャオは持っているのだから。

何書いてるんだかわからなくなったがハットン、デラホーヤ、コット、モズリーなどのトップ選手と拮抗しているようでいて全く次元が違うといえるメイウェザーのこのディフェンス、改めて映像で見て人間技でないと感じた。

こんなビッグスターでいて借金と税金のために戦わざるをえないというメイウェザーが少し気の毒でありその革新的すぎるボクシングにおもわず尊敬の念を抱いた。

メイウェザーであってもアマチュアでは何度か負けているからパンチを食うことはあるだろうからパッキャオが勝つロマンも十分にはあるが...

もうこの2人の対戦は既定路線でいいだろう。
そして最後でいいだろう。

唯一、ポールウィリアムスというのはなしにしてね。
もうウェルターには来ないとおもうけどあれは問題外でいい。

あぁすごいなぁ。


スポンサーサイト
 
2009/11/21 15:35|フィリピンTB:0CM:6
コメント
両者10億「円」じゃ丸っきり足らんでしょ。w

“マネー”ウェザーはデラホーヤ戦でも1000万ドル最低保証にPPVの収益でプラス2000万ドル貰ってるので。多分最低保証20万ドル。PPVでさらに同額以上とかいう世界でっせ。
#-|2009/11/21(土) 20:10 [ 編集 ]
どっちかな?
まぁ両者とも20万ドルは要求するだろうね
やり合えば勝つのはどっちだろうね~
パックの踏み込みや爆発力は凄いけど
全盛期のデラを超えると思われる
三次元をフル活用したメイのディフェンスによって
僅差の判定でメイと予想
カミカゼ #SFo5/nok|2009/11/21(土) 21:05 [ 編集 ]
自分はパッキャオの左ストレートとメイウェザーからダウンを取ったジュダーの左がダブります。スピードのあるサウスポーにはLガードはあまり効果ないのかメイもジュダー戦はガードが高かった、と思います。瞬間最大速度はジュダーが世界一だと思いますが、パッキャオもジュダーの8掛け以上のスピードはあるし、持続時間は、遥かに長いでしょう。 ただし、メイがジュダー戦以上に警戒するでしょうから、まったく打ち合わず世紀の凡戦になる可能性も高いでしょうね。  まぁ、管理人さんがおっしゃる通り、ポール・ウィリアムズが落としてきたら二人に楽勝してしまう、のでしょうね。
かちゅや #-|2009/11/21(土) 21:08 [ 編集 ]
 最低保証2000万ドルですよね?w

 ポール・ウィリアムズのフレームは規格外ですが、ハーンズ程キレがあるわけでもないですしメイ、パックにしてみれば死角はあると思います楽勝とはいかんでしょう
flashplayer #-|2009/11/22(日) 00:20 [ 編集 ]
メイがジュダーから食った(幻の)ダウンは、右フックだよん
#-|2009/11/22(日) 19:54 [ 編集 ]
カミカゼさん

20万ドルですかロマンですね。3次元ディフェンスっていいえて妙です。よけて当てるボクシングはできそうですがパックに強いカウンターを打ち込む決意があるかどうかは未知ですね。

かちゅやさん

瞬間速度はジュダーの方が速かったかもしれませんが先に出てきた3次元ディフェンスと負けないボクシングができるので厄介です。ジュダーとの差は大きすぎです。ウィリアムスは試合当日はミドル超で出てきそうで勝ち負けというよりK1みたいな見世物みたいな試合になりそうで興味ないんです。

flashplayerさん

勝ち負けじゃなくて興味を抱かない感じです。キンタナ戦のように負けることも考えられますし、同じくキンタナ2のようになる気もしますね。



管理人 #-|2009/11/23(月) 11:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/429-96dd3721

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。