海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

セレスティノ・カバレロVSフランキー・アサルト 

パナマ/S・バンタム級王者
WBA/Fedecentro/S・バンタム級王者
WBA/Fedelatin/S・バンタム級王者
パナマ/S・バンタム級王者
WBO/Latino/S・バンタム級王者
NABA北米S・バンタム級王者
暫定-第26代WBA世界S・バンタム級王者
第14代IBF世界J・フェザー級王者
WBA世界S・バンタム級UF王者/UNIFIED CHAMPION
セレスティノ・カバレロ(パナマ)
Celestino Caballero
34戦32勝(23KO)2敗

WBC Sバンタム級チャンピオンの西岡のいまやライバル王者?といって
差し支えないかな、スパイダーマン(みたいな)カバレロの10度目の防衛戦。

相手は新鋭のメキシカンで戦績的にはややものたりない選手だ。

カバレロはすでにおかしなWBAの指定によりスーパー王者扱いで
正規王者にはアイルランドのバーナード・ダン、暫定王者にはタイの
プーンサワット・クラティンデーンジムまで君臨している。

もはや何がなんだかわからん状態なのである。

この王者、嫌いである。

180センチというこの階級ではずば抜けた長身から
パンチをひっぱたくように乱暴に振り回し、体力、パワーで相手を圧倒する。
その姿は洗練された中南米黒人のセンスあふれるボクシングというよりは
子供がボクシングごっこしているようにも見える。
美しくはない。

しかし恐らく彼は無駄な脂肪がなく体重が軽いだけで
その体力、体に秘めたパワーはライト級、ウェルター級並なのではないだろうか。

Sバンタム相応の体格で丹精なボクシングではまず彼の体にクリーンにパンチを
ヒットさせるのが難しい。

グニャグニャにて懐が深いだけでなく、危険なパンチをブンブン出して
乱暴に襲い掛かってくるのでどうしても被弾しないようにと追手にまわってしまう。

その体力と圧力にペースを掴むことさえ難しいのだ。

こんなボクサーとやったことないよ
どうすればいいんだ
でかいよ、怖いよ、やりにくいよ~

なんて迷っているうちに乱暴さにつかまって餌食となってしまう。

そんな印象を受ける。

それでも契約体重で公平に試合が成立してしまうんだから文句のつけようはない。

ボクシングは雑だがグネグネと黒人特有でどんなパンチも手数も出るから
忙しいしその中でも思い切りバネをきかせたアッパーはおっかないことこのうえない。

この男に勝つにはかつて味わったことのないであろう想定外のボクシングに
うまく順応しタイミングさえつかんでしまえばなんとかなりそうであるが
なかなかそういうボクサーは現れない。

カバレロもカバレロで自分の強引なボクシングに巧く巻き込めないと消化不良の
危うさをみせることもあるがいままではどんな相手も己の身体的優位でねじ伏せてきた。
まさにねじふせてという感じがあってるようにおもう。

ビッグマネーになりそうもないわりに嫌な相手なのでビッグネームとの対戦は
なんとなく避けられてきている印象を受けるがそろそろ彼ももう潮時だろう。

フェザー級の新星、ユリキリオス・ガンボアとの対戦が噂されているが
彼なら体格さを克服して瞬間的にカバレロの懐に入ってガツンと強烈なカウンターを
見舞ってくれるんではないかと期待している。

カバレロが負けるとしたらそういう一瞬のカウンターか
ボディで嫌倒れ

くらいしか考えられないのだ。
長谷川も西岡も強いが今この男と戦ったら歯車狂っちゃうことだろう。

散々、負けて欲しい、嫌いみたいな書き方をしたがカバレロが一流なのは
認めざるをえない。パンチをまともに食わないディフェンスワーク、己の特徴を
生かしきったダイナミックな攻撃はあっぱれとしかいいようがない。

けれどそろそろビッグマッチを・・・せめて正規と暫定王者とくらいは戦って欲しいものだ。



スポンサーサイト
 
2009/09/02 16:38|パナマTB:0CM:2
コメント
僕はカバジェロの荒々しさが大好きですがね・・・
ただモレノのようにパナマ人特有の性質に荒々しさがつけ加わったとでもいいますか・・・
いや、モレノみたいに洗練された戦い方ではないからそれはまた違うか・・・
でも強いというのは認めるしかない。
大西 #-|2009/09/02(水) 23:12 [ 編集 ]
大西さん

自分もよく考えたら決して嫌いじゃなかったです。モリターとの試合が一方的だったので、正統派じゃ太刀打ちできないなぁ、体格が反則だぁと感じてしまいました。けれど決してずるいボクシングをするわけではなくガンガン攻めてきますからエキサイティングですよね。ビッグマネー掴めるといいですね。
管理人 #-|2009/09/04(金) 11:52 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/403-e57af3b5

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。