海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

気まぐれパウンドフォーパウンドその1 

なんとなく頭でおもってることを整理してみた。

超個人的 P4P その1

1.ホアン・グスマン(ドミニカ)29戦全勝(17KO)

かつてリトル・タイソンと呼ばれていたSバンタムの頃はスピード
パワー、テクニックとも圧巻だったが階級を上げメイ・ウェザーシニアの教えを
受けてからはメイ・ウェザーもどきでスピードだけでボクシングメイクする
判定王者となった。バリオス戦など危ない試合もあったがこの男が本気を出せば
倒すボクシングも逃げるボクシングもどっちも可能だろう。すっかりランナーボクサー
になった上ライト級の体重さえ作れないなど不満爆発だが私はこの男の身体能力&インテリジェンスに
惚れている。早く本気を出しておくれよ。

2・エドウィン・バレロ(ベネズエラ)25戦25勝(25KO)

やばい。ちょっと評価しすぎかもしれない。本望戦、嶋田戦とも雑だったし
モスケラ戦ではやっぱりアゴを打たれてあっけなくダウンし効いちゃっていた。
アゴが上がってるししなやかさに欠けるそのボクシングは賛否両論だ。
しかし彼の殺戮本能と本能的に放たれるタイミング抜群の”石の拳”に計り知れない
強さを感じる。自分が負けること、相手を恐れることなど露ほどもおもっていないだろう
自信満点のボクシングとどんな状況でもいつでもKOパンチを打ち込める上体の安定感は
過去にないボクサーの登場を予感した。
いつどんな相手にどのようなボクシングで敗れるのか興味深々だが勝っても負けてもKO
全試合KO、この男はフレイタスのようにはならないであろう。一番試合が楽しみなボクサー
である。

3・マニー・パッキャオ(比国)54戦49勝(38KO)3敗2分

今度こそは危ないのではという不安をいつもぶち破ってくれる神がかりなボクサー。
次戦はコットだそうだがあのコットを人形のようにぶったおす可能性も高いと予想する。
フレディ・ローチのもとで技術が向上している上に持って生まれたパワー、闘争心
パンチを当てる迷いのなさなどに益々磨きがかかっている。もはやレナード時代を超えた
ヒーロー、デュラン以上の評価を自分はしている。
けれどどうしても体重苦で試合を捨てたメッグン戦や空回りしたサンチェス戦が頭をかすめる。
コット、モズリーと戦って欲しくないけれどこれを連覇したら史上最強でいいとさえおもう。

4・フェルナンド・モンティエル(メキシコ)42戦39勝(29KO)2敗1分

強い時は手がつけられない。自分から仕掛けたやすく相手を攻略してしまう。
美しきバトルサイボーグだ。左右とも切れ味、パワーともすさまじく彼こそ
ゴールデンボーイだとおもう。
しかしメキシカンよろしく打ち合いすぎて墓穴を掘ることも今後あるだろう。
スマートそうで体は小さいのに顔や上半身がでかくてアンバランスな印象も受ける。
階級アップし長谷川などと対した時に同じようなパフォーマンスができるのだろうか。
出来る!というかガンガン来るだろう。スピードも切れ味も互角以上。
パンチの多彩さはこちらが上ではないだろうか。
今後の動向が気になる若きベテランの俊才だ。

5・セルゲイ・ジンジラク(ウクライナ)36戦36勝(22KO)

負ける要素の見当たらないコンプリートボクサーだ。まず鉄壁で防御に穴がない。
といってコテルニクのような待ち一手ではなく常にジャブを軸に手を出すから
ポイントで負けることもない。どうしたら勝てるのかよくわからないボクサーだ。
たぶん安易だが超動きの速い黒人選手か超ブルで凶暴な黒人ファイターだろう。
と黒人ボクサーしか想像できない。カークランドという面白そうなボクサーが台頭
してきたが事件を起こして逮捕されたっけな。ジョー・カルザゲのように無敗で
消えてしまうのだろうか?カルザゲのように晩年ビッグファイトもないままに。

つづく・・・かな。
スポンサーサイト
 
2009/07/30 17:34|未分類TB:0CM:8
コメント
僕が推したいのはノニト・ドネアですね。あのキレすぎる左右のパンチは見てて惚れ惚れします。最近じゃ誰とやってもあっさり勝ってしまうんで、ちょっと負ける姿が想像できなくなってきました。もしダルチニアンとの再戦が実現しても、またドネアが勝つんじゃないでしょうか。
そういえばドネアは今度の試合、ラスベガスでメインなんですね。なんか随分と大物になっちゃいましたねー。日本人もいつかこのくらいまでいけるといいんですけど。
条助 #-|2009/07/31(金) 00:37 [ 編集 ]
ザブ・ジュダーですねww
異論は多々あると思いますが、踏み込み、左一発は全階級最速だと信じ込んでます。
現実的になって個人的意見としては、1:長谷川穂積、2:シェーン・モズリー、3:バーナード・ホプキンス、4:マニー・パッキャオ、5:ポール・ウィリアムスですね。
ss #-|2009/07/31(金) 11:43 [ 編集 ]
自分もジュダーが好きです。
P4Pとは思いませんが・・・。
しいて言うなら直線スピードP4Pですね。
まぁ自分はホプキンスも好きなんですが最近スタミナがないんで昔のように倒しにいけませんよねぇ。
hop #SFo5/nok|2009/07/31(金) 20:51 [ 編集 ]
条助さん

ドネアは今後登場予定です。ダルチニアンに勝ったあの試合が近年で一番インパクトがありました。すべての動きが芸術的な価値あるボクサーですね。

ssさん

やはりベスト10では足りないなぁと感じています。書いていただいた全てのボクサーを10位以内にいれたいですが自分は長谷川の強さが一番分析不能となってます。やはり望まれるのは未知の強豪ではなく名の知れたボクサーと戦うことでしょうか。ウィリアムスは認めざるをえませんね。

hopさん

ジュダーはたしかにやばすぎる速さで一発もあるのですがメイウェザーやコットは仕方ないにしてもジュー、パルミドール、クロッティなど馬力系全てに負けてしまってるので(メンタルな部分含めて)こういう身体能力超依存のボクサーのウィークポイントをみたような気がしてしまいます。部分的な能力では間違いなくトップクラスに入りますね。
管理人 #-|2009/08/01(土) 11:12 [ 編集 ]
パウンド・フォー・パウンドという考え方の場合、パッキャオやウィリアムスをどのクラスを基準に考えるかが非常に難しいと思います。
今度パッキャオがコットに敗れたとして、コットがPFP1位になるのか?というとそれは違うと思いますし(内容次第ではその可能性もあるのでしょうが)

仮に体重差が無いとした場合というのがPFPの考え方ですが、実は個々の選手の力を考える場合階級性を元にしているのだと言うことに気付かせるパッキャオのような存在は面白いですし、歴史上初めてな気がします。
その意味で名前の出ているグスマン、パッキャオ、モンティエルたちは現在のクラスでの実績がゼロに等しいのでPFP議論に加わる選手ではない気がします。
#-|2009/08/01(土) 16:45 [ 編集 ]
1.モズリー、2.ホプキンス、3.パッキャオ、4.ウイリアムス、5.ナルバエスだと思います。3Rまでならジュダーが最強だと信じていますが・・・
チャベスのボディ・ブロー #-|2009/08/02(日) 23:15 [ 編集 ]
まぁこの選手好きだなぁ、強いなぁという主観的なものなので・・・P4Pはロマンでもありますが。

チャベスのボディ・ブローさん

モズリーは重量級でやってた時は苦労しましたよね。フォレストやライトには何度やっても勝てなそうで。でもライト級~ウェルターあたりではロボットのようなアップテンポなスピードと強打で最強レベルをキープしてるとおもいます。ナルバエスは穴のないいいボクサーです。しかし今までの相手は勝つべくして勝った相手ばかりのような気がしますので(タイ人王者みたいに)大物との対戦で真価が問われると考えています。
管理人 #-|2009/08/03(月) 12:30 [ 編集 ]
コットVSパッキャオ戦の前座にバレロVSソト戦が予定されているそうです。メインはまぁどっちが勝つにせよ色々後づけできそうな組み合わせですがバレロVSソトは興味深いです。総合力があって好戦的なソトはかなり好みなボクサーです。これでやっとバレロの真価が少しはわかるかなぁと楽しみにしています。
管理人 #-|2009/08/03(月) 12:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/394-f029686d

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。