海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ワールドプレミアムボクシング 

TV観戦です。
仕事放り投げました。目が離せません。

粟生VSロハス

解説陣が粟生を褒めまくっているうちに序盤ペースを取られてしまった。
ロハスの方が遠い距離からコツコツパンチを当てている。
そのほとんどを抜群の防御でよけているがそれだけではポイントは取れない。
クリーンヒットはなくても採点を持っていかれるのは当たり前だ。

防御は巧いけれど攻撃はやはりカウンター狙い。
距離が近くないと手も出ないので手数、有効打?の数でもポイントはロハスに流れる。
また粟生は以前も指摘したがヘッドハンターでありボディはほとんどない。
もみあい際のボディアッパーくらいしかない。

ポイントを取られ、プレッシャーを強めた粟生 

採点は不利だがダメージ、消耗は互角だ。
ロハスも粟生の技巧に手を焼いている。

7R粟生の左ストレートのカウンターがヒットしてロハスが効いた。
ここは大きなチャンスだったがやはりいつもどおりの粟生、見すぎてしまって
手が出ない。ロハスのクリンチ、ホールドも巧みだがキャリア豊富な
強豪だからこれくらい当然の対応だろう。

結果、小さな差の積み重ねで大差判定負け
若くバリエーションの少ない粟生にペースを変える策はなかった。

しかしロハスはあとちょっとでダウン寸前のダメージであったように見えた。
最後、粟生を倒す気はなくごまかして逃げ切るのが精一杯だったろう。

負けた粟生、ディフェンスは見事だった。
ほれぼれする動きが随所にあった。

しかし攻撃力はこのレベルでは限界を感じさせた。
もう少し近い距離でないと粟生のコンパクトなカウンターや右は
生かせないということがわかった。

またアマチュアエリートらしさがどうしても抜けず、頭ばかりを狙っている。
これではよほどの実力差がないとKOは難しいだろう。
相手のパンチは全部見えていて反応しているようだったがそれでも勝てないのだ。

ラリオスにもこのロハスにも一切体力負けせず
逆に効かせていたのは大きな収穫だ。

また世界に返り咲くにはディフェンス技術を生かしつつも
手数を増やしたり、ボディを織り交ぜたり・・・
オフェンステクニックの幅を広げスタイルを大きく変える必要があるだろう。

長谷川VSロチャ

また圧勝だった。
もう少し長谷川のボクシングの幅を見たかったが・・・
サウスポー対策で磨いた右を生かしたいという話だったが
その右がとても強烈に入った。

ロチャも慎重に注意深く狙っていたようだが
左を対処するのが精一杯で(その左も食ったので右は完全に見えてなかった。)
何もできなかった。
何のために猛練習して海を越えてきたのかわからない結果となった。

今まで長谷川はサーシャには勝てないとおもっていたが
一発の思い切りの良さ、切れ、高速連打で倒してしまうかもしれないと
思い直した。

やや非力なアウトボクサーだった長谷川がこれほどのKOパンチャーになったのは
なぜだろう?

右も左も遠い距離からでもこぶしを叩きつけるような破壊力がある。
一瞬の衝撃で相手はもうグラグラになってしまう。
ロチャももう最初の一発で終わっていた。

もうちょっと試合が長引かないと長谷川がどんな姿を見せるかわからない。
というのが正直なおもいだが

そうせずに勝てるならそれが一番だし一番強いのだからそれでいいだろう。

世界の強豪たちと比べてもこの長谷川の強さが一番わからない。
対戦者探しもさすがに苦労するんではないか?
すごい世界チャンピオンが日本にいるもんだ。

高山VSゴンザレス

これはダイジェストだったので何もわからない。
採点差もわからない。

しかし両者の違いはパワーだけだったのではないか?
高山のよさは出ていたのでは?と感じた。

この試合が一番偉大な挑戦だった。
それなのにTVはひどいね。

少なくとも12Rの短いVTRを見て
ロペスだったらこんなにヘロヘロな姿は見せてなかったろうと感じた。

案外、巧いオーレイドンが攻略できるレベルかもしれず
パワーが増すLフライ級がいっぱいいっぱいではないかと
勝手に妄想した。

みなさん精一杯のファイトありがとうございました。



スポンサーサイト
 
2009/07/14 21:21|日本TB:0CM:6
コメント
ロマゴンは前回の防衛戦がライトフライ級から落としてきた選手が相手で大苦戦していたのでひょっとしたらライトフライでは並の王者になる可能性がありますね。
長谷川穂積はもうリトルパッキャオのレベルでしょう。フェザーまでなら楽にとりそうな雰囲気ありますね。スーパーフェザーあたりで頭打ちかな?
Fufuhu #-|2009/07/14(火) 23:06 [ 編集 ]
Fufuhuさん

自分は体格の小さな長谷川ではカバジェロやファンマさらにはリナレスのようなフェザー骨格のボクサーはきついんじゃないかとおもってましたが(小さなダルチ二アンとは訳が違う)彼のようなスピードとすごい踏み込み、瞬間破壊力満点のパンチこそが彼らを一発でピヨらせるのかもしれませんね。特に大男カバジェロみたいなボクサーには長谷川のスピードと一発は効果的かなぁと感じます。パワーの源は力の入れ具合もさることながら12キロも減量しているというのでパワーアップトレーニングもやってるんでしょうね。
プクー #-|2009/07/14(火) 23:50 [ 編集 ]
攻撃は最大の防御!だが防御だけは最大のマスボクシング・・・
ですかね?
kkk #-|2009/07/15(水) 23:38 [ 編集 ]
ロハスは予想以上にうまく、粟生は有効打で完全に遅れを取ってましたね。これが世界大会銅メダルと高校6冠の差なんでしょうか。あの天才と言われた粟生があんなに大差で敗れるとは、ほんと世界は広いですね。
それにしてもロハスをぐらつかせたあの左クロス、惜しかったですねー。あそこでちょっと見てしまうのが粟生のもどかしいところですが、ロハスも攻めさせないうまさがあったんでしょうかね。
条助 #-|2009/07/15(水) 23:48 [ 編集 ]
kkkさん

粟生は若く全体的には強くなってるとおもいますがボクシングのクセは結構直らないですね。守ってからカウンター、相手に合わせ自分からボクシングメイクしない。チャンスにいけない。クリンチやダッキングにつきあう。など・・・前半弱い坂田と同様なかなか改善されるものではないみたいです。けれどこの試合はすごい勉強になったとおもいます。パワーも体力もセンスもありますので強くなって帰ってくることを期待したいです。

条助さん

ロハスは巧い、強いという評価とたいしたことはないという評価が自分のまわりにはありました。私は作戦勝ちというか粟生よりボクシングに幅があったとおもいます。ポイント取りは巧かったとおもいます。しかし後半フラフラだったので超一流ではなく並の世界王者だなという印象を持ちました。ガンボアだったら出入りで攻略しジョンだったらテクニックで勝るんじゃないでしょうかね。長谷川が階級上げてリベンジだみたいな風潮もありました。彼ならあの長い距離を攻略するとはおもいますがまずはお互い地道におのれの道を進んで欲しいですね。
管理人 #-|2009/07/16(木) 11:09 [ 編集 ]
昔畑山が南米選手には韓国人が強いからコリアンスタイルでいくといい見事セラノをKOしました。
ロハスのような顔が小さく遠い距離でポイント取れるボクサーには作戦が必要だとおもいます。
粟生は高校6冠とのことでアマチュア実績が日本人ではずば抜けているのでそんな技巧が世界のトップアマ出身にどこまで通じるのか試してみたい。テクニックで上回りたい。そんな考えがあったのではないでしょうかね。
管理人 #-|2009/07/17(金) 11:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/392-68b2db76

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。