海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

マルコス・マイダナVSビクトル・オルティス 

マルコス・マイダナ (亜)
26勝25KO1敗

ビクトル・オルティス (米)
24勝19KO1敗1分

正規王座にアンドレアス・コテルニクがいるのに設けられた暫定王座戦。
WBAは批判の嵐にもどこふく風で暫定戦をやりまくっている。
承認料が欲しいのと金のなる木(スター)を排出したいのだろう。

実際コテルニクは前回無敗の強豪マイダナを下して防衛したばかりなのだ。
コテルニクより派手で集客のある両者、どっちかといえばスター候補の
オルティスを王者にさせたい意図を感じる。

しかしWBAの下心は別にしてボクサーに責任はなく魅力的すぎる選手で
あることは確かだ。

KO率抜群のマイダナ
ほれぼれする強打とテクニックのオルティス

オルティスの最近の勝ちっぷりは見事で引退したデラホーヤが
パッキャオ戦の前に実はこのオルティスに練習でこてんぱんにされていた
なんて情報もありそれもうなずける話ではある。

重厚でしなやかでシャープな連打は次世代のスター誕生を予感させてもいた。

しかし個人的にはこういう昇り竜には意外なひよわさがあることを
過去数度見てきたのでアルゼンチンの無骨なタフ男マイダナが
勝っちゃうんじゃないかと予感していた。

オルティスはどこかかつての超ホープ、フランシスコ・ボハトがかぶっていた。

試合は俊才オルティスが序盤を制した。
不倒の男の雰囲気満点のマイダナを2回に2度ダウンさせる最高の立ち上がり。

それでも試合はトランクスの位置を気にしながら余裕?ありげに前進する
マイダナにやや後退しつつ応戦するオルティス、接近戦になると序盤から
クリンチの多い試合展開となった。

ポイントではオルティスでもどことなくマイダナに余裕が感じられる。
どこかで必ずつかまえるさという自信があるようだ。

そして6回、打ち合いの中で右フックを直撃されたオルティスは
ダメージと疲労でふっとばされ余力をなくしあっさり逆転負けを食らってしまった。
いつもの彼ならかわせそうなパンチだが今までの相手とはプレッシャー、パワー
が違ったのだろう。

才能で勝るオルティス
タフネス、体力で勝るマイダナ

というような結果であった。

負けをいさぎよく認めマイダナを称えたオルティスだが
この敗戦は痛い。再浮上すべき逸材だが大丈夫だろうか?

プロらしい強さを見せ勝利したマイダナはこれからどこへ向かうのか。
トップホープカーン、地味強王者コテルニク・・・
これらを下せばミリオンダラーファイトのパッキャオも追いかけられるが
その前にパッキャオは超ビッグマッチを数戦こなして引退してしまうだろう。

暫定だが魅力的な新王者の誕生を祝福したい。

スポンサーサイト
 
2009/06/29 12:15|未分類TB:0CM:4
コメント
オルティスはサウスポーだけど右フックがうまかったですね。ダウンとったパンチは全部右だった気がします。しかしマイダナの思い切って振る右も、いつかオルティスを捕らえそうな感じはあったんですよね。途中から、オルティスは何か押されぎみにも見えたし。体力的な部分でマイダナが上回ってたんでしょうか。
オルティスの方が人気ありそうですけど、マイダナもやっぱりいい選手ですね。
条助 #-|2009/07/01(水) 00:58 [ 編集 ]
条助さん

オルティスは最近無類の強さでした。構え、コンビネーション、カウンター、隙がないスーパーボクサーの風格がありました。けどこの試合だと根性が感じられませんでしたね。6Rもパンチのダメージというよりは疲労の蓄積で自ら倒れこんだような・・・すぐ立ったにも関わらず再開には応じずにマイダナを称えにいったり・・・大人と子供の違いを感じました。マイダナはコテルニク戦まで不気味な選手でしたがやはり強いです。彼のパンチを12Rブロッキングして勝ったコテルニクはやっぱり強いですね。
管理人 #-|2009/07/01(水) 12:38 [ 編集 ]
マイダナにはプロの凄みを感じますね。この男を相手に凌ぎ切ったコテルニクも凄いです。今思えば木村登が負けたのも当然だったのかも・・・コテルニクにはカーンに負けて欲しくないですね。
チャベスのボディ・ブロー #-|2009/07/02(木) 00:33 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

明らかに先手をとられて不利な局面なのにつかまえてやる、倒してやるという気持ち、余裕が自分には感じられました。打たれても打ち返す、前に出るプレッシャーがオルティスとは違いましたね。今後の活躍を期待したい選手です。

コテルニクはなんかシドレンコに似ています。ランナーのような選手以外にはそうそう負けないような地味な安定感を感じます。

管理人 #-|2009/07/02(木) 15:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/385-1dc7b686

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。