海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

フェルナンド・モンティエルVSディエゴ・シルバ 

boxeo1.jpg

WBA/North-America/S・フライ級王者
第10代WBO世界フライ級王者
第9代WBO世界J・バンタム級王者
第12代WBO世界J・バンタム級王者
フェルナンド・モンティエル(メキシコ)
FERNANDO MONTIEL
41戦38勝(28KO)2敗1分


ディエゴ・シルバ(アルゼンチン)
28戦24勝(12KO)1敗3分



贔屓のフェルナンド・モンティエルが
暫定ながら3階級目のタイトルを手にしました。
相手もなかなかツワモノの様子でしたが
スピード、テクニック、パワーと全く寄せ付けず
左右にスイッチする余裕も見せての完勝でした。

この選手の最大の特徴はキレです。
最初のダウンもカスッったようなパンチであり
それでも相手は効いてしまっているようで
その後ふんばりがきかなくなりました。

ややモンティエルはアップライトでガードの位置が低いので
被弾もありますがスピードと見切りが別次元ですので
相手の動きが読めたらもう問題ないようで安心して見られます。

そこはわれらが長谷川にも共通しているようです。

いよいよ戦国模様のバンタム到来ですが
このサイボーグのようなボクサーを日本勢はどう迎え撃つの
でしょうか?

やはりWBOなので存在しないものと無視を決め込むのでしょうか?

個人的には長谷川との激突も興味深いですが
同じく左が自由自在でディフェンスワークにも長けた
サーシャあたりと比較してどちらがよりサイボーグなのかが
興味深いです。

体格では脅威ではないですが煌きを感じるという点で
自分はこのモンティエルを一番に評価しています。



日本で非常に痛ましい事故がありました。
無責任な海外ボクシングファンの自分としては
スタンスを変えるつもりがないはずが重苦しい気分で
こんなのんきなブログを続けていいのだろうかと少し
悩んだりもしてしまいました。

しかしこのような事故が起こる試合の特徴というのは
長い目で見ていると共通するものがあるような気がします。
体力の激しい消耗戦となった場合、セコンドもレフリーも
さらには観客さえもが危機感を持ち状況判断する必要があると
おもいます。

選手に少しでも危ない兆候を示すきざしが見えたなら
採点に関わらず即座に中止すべきだとおもいます。

試合がノーコンテストの消化不良となっても
一ファンとして何も不平、不満はありません。
そのために(危険を回避するために)こそ
レフリーやセコンドは存在しているのですから。

メキシコの試合は事故は極めて少ない。
エキサイティングな試合が多い一方でレフリーのストップは
とても早いです。

そういう世界のボクシングのいい面は見習って
この素晴らしいスポーツの健全な発展を目指して欲しいとおもいます。

かのボクシングジムのHP閉鎖は傍観者からすれば
極めて不健全だとおもいます。
これでは何の解決にもなりません。

そのような意味においても世界を目指すボクサーは
試合環境もルールも世界基準を目指して欲しいです。




スポンサーサイト
 
2009/03/30 19:21|メキシコTB:0CM:4
コメント
モンティエルはWBO王者なので長谷川あたりとの対戦はちょっと無理っぽいですが、サーシャとだったら何とかして対戦できないですかね。ただサーシャとだったら結構体格差があるので、モンティエルにはきついかもしれませんが。やっぱダルチニアンかドネアとそのうちやるんじゃないですかねー。
条助 #-|2009/03/31(火) 00:23 [ 編集 ]
条助さん

やっぱりモンティエル、ドネア、ダルチニアンの3強にミハレスやセルメニョが絡み、長谷川やモレノは別路線というのが流れでしょうかね。ドネアは防衛戦しない間に2強は2階級上にいく様子ですね。このあたりも世界を見渡してみれば非常に魅力的なのですが・・・何でもいいから今年サーシャに世界戦させてあげたいですね。
管理人 #-|2009/03/31(火) 17:30 [ 編集 ]
サーシャとだったら観てみたいですね。
ガードが低く激闘もいくつか経験してきているはずですが、モンティエルの試合で消耗戦の類はちょっと頭に浮かびません。メキシカンは激闘型が多い反面、防御やガードの意識が高くフィジカルも強いので決定的なダメージを受けづらいのではないかと思います。日本人と比べて試合数が圧倒的に多いのもその辺りが関係しているのではないでしょうか?
モンティエルは好戦的な分、被弾もありますが決定打をもらわないスキルがありますしバンタムでも上に行きそうですね。
チャベスのボディ・ブロー #-|2009/03/31(火) 22:47 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

体格の差はたしかにありますがパンチの強さ、キレはこの階級でも強烈ですね。メキシカンは打ち抜くようなパンチを放つので決定力がある選手が多いですがレフリーのストップも非常に早いので(松田なんてそれで涙飲みましたね)事故が少なくKO率も高いのではないでしょうかね。
管理人 #-|2009/04/01(水) 12:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/368-12d6c026

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。