海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ジョバンニ・セグラ・ネオマール・セルメニョ 

qqqq.jpg


コロンビア/L・フライ級王者
WBO/Latino/L・フライ級王者
WBA/Fedelatin/L・フライ級王者
暫定WBA世界L・フライ級王者
セサール・カンチラ(コロンビア)
Cesar Canchila
28戦27勝(21KO)1敗

ジョバンニ・セグラ(メキシコ)
22戦20勝(16KO)1敗 1分

フランスの王子様アスロウムが全く試合をしないので組まれた暫定王座戦。
直接のリマッチとなった。

セグラを王者にさせるつもりが前回よもやの敗戦をしてしまったために
優遇された試合とおもわれる。

そして結果オーライ、セグラがカンチラをKOした。

元々中量級のような重そうなパンチを放つセグラだがこの日はファイター化し
技巧派のカンチラをねじ伏せた。テクニシャン南米黒人系の攻略には有効だ。

危険なパンチを被弾してたからストップは仕方ないかもしれないけれど
ゴング後の加撃が決定打となったようでレフリーの不手際が目立つ。
レフリーがゴングに気づかないから何度もカンカンゴングを鳴らしたのだろうが
それをレフリーがストップと勘違いしたように見える。
これでは挽回をはかるカンチラがかわいそうだ。
いい選手でありセグラは中盤ガス欠になる予兆を見せていた。
3度目があるかなぁ。

それにしても本物のボクシングはLフライでもド迫力だ。
あの人とはガチ具合が違いすぎる。
あの人の相手でアグレッシブなボクサーなど皆無だ。

メキシコ/S・フライ級王者
WBA/Fedelatin/S・フライ級王者
暫定~第19代WBC世界S・フライ級王者
第18代WBA世界S・フライ級王者
WBA世界S・フライ級UF王者/UNIFIED CHAMPION
クリスチャン・ミハレス(メキシコ)
Cristian Mijares
42戦36勝(15KO)4敗2分

ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)
17勝(10KO)無敗

日本でもおなじみのミハレスがバンタムに上げるも再起できなかった。
相手は無敗の新鋭。

昨年は絶好調だったミハレスだが自分はちょっと上手く行き過ぎてる印象だった。
上手いけど攻撃力や決定力に欠けると感じていたからだ。
ダルチニアン戦で全てを失ってしまったミハレスだが一番大きいのは自信の喪失か。
あの日の反省も含め、ややアグレッシブに戦ったようだが、それがベストな選択だったろうか?
上手いが怖さはない。バンタムではそれほどの脅威ではないだろう。
まだ頑張って欲しい選手ではある。

セルメニョという選手が超逸材なのかもしれない。
きれいでよく動きよく手が出る。欠点のないボクサーでした。

今年もフレッシュな顔ぶれが続々と現れてます。
追いかけるのも大変です。
















スポンサーサイト
 
2009/03/17 14:38|メキシコTB:0CM:5
コメント
セグラvsカンチラはバキバキの打ち合いで迫力ありましたねえ。これぞ世界戦って感じで。ライトフライは亀田1号以来日本人が世界獲ってないので、そろそろ誰か出てこないかなーと期待してるんですが・・。ロマゴンも上がってきそうだし、しばらくは難しいかもしれないですね。
しかしアスロウムは一年以上も防衛戦してないのに、なんで剥奪されないんですかね?
条助 #-|2009/03/18(水) 00:03 [ 編集 ]
うわっ亀だとはレベルが違うな。この軽量級の試合は
リニア #-|2009/03/18(水) 06:07 [ 編集 ]
条助さん

一度手を合わせた同士のすごいドツキ合いでしたね。自分的には疲労感アリアリのセグラを柔軟なカンチラがここから挽回していきそうな展開に見えたんですが。世界を争うにふさわしい魂こもったファイトでした。

リニアさん

その通りですね。世界トップレベルってこんなファイトが当たり前です。簡単にボディでダウンするようなボクサーもいないし涼しい顔で無傷で終われる試合もないはずですよね。

管理人 #-|2009/03/18(水) 11:40 [ 編集 ]
アルセを食った以降のミハレスは自信が力になっていたのですが、管理人さんが仰る様にダルチニアンに全てを打ち砕かれてしまった印象です。それだけにセルメニョとの試合もなんか自分の試合に確信が持てないような印象を持ちました。セルメニョの殊勲でもあるのですが、ミハレスが迷いを持ちつつ試合をしている感じです。

しかし、アスロウムは1年以上試合をしていないとは・・・
チャベスのボディ・ブロー #-|2009/03/19(木) 23:13 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

そうですね。負けないボクシングに徹すればかなり手ごわいとおもいますがファイターなのかボクサーなのかよくわからないファイトに巻き込まれてしまいましたね。セルメニョも怖さはないけど実に上手くて根性ありました。ひとつの負けでこんなに状況が変わってしまう。ボクシングって残酷で深いですね。
管理人 #-|2009/03/20(金) 14:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/367-a152fe71

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。