海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

番外:亀田場所 

亀田の試合
自分は仕事だったし勝つことは前提のような気がしたので
見ませんでした。YOUTUBEで後から見ました。

弟は見ごたえがあり兄貴は相手がひどすぎた
というのが一般評価だとおもいますが
自分にはどちらの試合もひっかかりました。

ワンディーは実力のあるボクサーだからあれくらいの
パフォーマンスは出来るだろう。ビダル=オソリオは演技も
できない大根役者だった。それだけだ。

元世界王者でロッキー・リンやアギーレと激闘を演じ
日本Lフライのトップ嘉陽もねじふせた実力者が
あんなボディでコロコロ倒れていいのだろうか
だったら弟は嘉陽にも楽勝し日本王座など簡単にとれるはずだ。

よく見るとやぱりオープンブロー的で的確に急所を打ち込んでない。
大雑把にブロックの上をたたいているだけだ。

とにかく今日の全員、全く無傷であっけなく終わった。
試合直後はもうピンピンしてるだろう。これがボクシングか。

自分の受けたイメージは主観だから反論もあるだろう。
けれど自分は長年見てきた自分の目しか信じない。

今まではどんなに訴えてもどちらの情報も信憑性が薄いとのことで
対戦相手の戦績詐称はスルーされてきたけれど
今回のビダル=オソリオは誰の目にも明らかであった。
今後も公然とこんなことを繰り返すのだろうか。
少なくともマスコミもJBCもダンマリだということはわかった。
ビザもパスポートも金積めばなんとでもなるということも。

この事実をマスコミはひねりつぶすという事実も改めて確認できた。
スポーツに関わらず、TVや新聞などがいかにインチキか
情報統制、捏造が常識としてまかり通ることが明るみとなった。

そもそも報道とは上層部で吟味され都合よく捏造されたもの
だけが公表されるだけだ。

小沢が総理になると困るから今このタイミングであんなニュースが
報道された。誰かの都合に過ぎないことだ。

おもえば植草氏も小泉-竹中の構造改革と称するアメリカへの資金貢ぎに
釘を刺した厄介者だったために執拗に貶められた。

もう何も信じることは出来ない。
自分の目で見、判断したものだけが真実ということだ。

大事なのはこういう悪事もまかり通る。
悪こそが世の中を作っているという事実を認識することだ。

日本ボクシングはもう終わった。
内藤よ名城よ長谷川よ、実力で僕らを感動させてくれる日本人ボクサーの全てよ、
強さと栄光を求めて海外へ羽ばたいておくれ。

88.jpg

グローブも錯覚とはいいたくない。
錯覚だとしたらいかにワンディーが拳を握らずダメージを与えないパシャパシャパンチを放ってたかってことだ。
スポンサーサイト
 
2009/03/07 12:46|日本TB:0CM:10
コメント
亀田の試合の相手の印象は、いい外車だけれども古くなり、ところどころにひずみが生じている印象を受けました、それと比べて亀田のほうはエネルギッシュで今が盛りというように明らかに力の差が出ていましたね。僕の感想は飽くまで動画を見ての個人的な意見なので、裏で金が関わった汚い交渉があったとかは考慮に入れてません。それと、ボクシング好きの口としては、ボクシングというのは、世界タイトルを奪取するために、すべての人生をぶつけて拳闘するっていうのが傍から見たら醍醐味であって、華やかさとかは二の次でいいもんです。亀田関連に関してもっと掘り下げると、僕はマスコミがやはり持ち上げすぎて、世界タイトルを取る前から生活が優遇されていて、人生を左右されるかもしれない試合というか、副業としてやっているような印象を受けかねないかなと思います。亀田の試合は信用できないという人たちのためには、やはり同じ日本人で国内で評価されているボクサーと戦うのが信憑性を持たせるには効果的かと思うのですが、内藤戦以外は、なかなか実現しないですね。
リニア #-|2009/03/07(土) 15:26 [ 編集 ]
この一家が絡んだ試合はいつもスッキリしませんね。
兄貴の相手は...体つきこそ結構良さげに見えましたが、拳を合わせたら正体がバレちゃった感
を露呈し、結局はTV中継で取り上げられるような実力の持ち主では無かった訳ですね。
弟の方は実際どうなんでしょう?相手の戦歴を考えるとキナ臭さを感じさせますが。
私個人の願いとしては、以前のように大言壮語をカマしても良いから、KO決着必至の実力者とフェアに戦って欲しい。関係者やマスコミも、そろそろ「異常」であることに気が付いて欲しい。
話題造りとカネに魅せられた者達には届かないでしょうが...。
小ブタ野郎 #-|2009/03/07(土) 17:29 [ 編集 ]
ワンディの5Rの謎の失速、大毅のボディが的確に入ってなかったのに倒れた事、の2点は、ヨソでも話に上がってました。僕はそこまで注意して見てなかったんですが、録画見直して確認してみようかなとも思ってます。ただ、興毅の試合後に観たからかもしれませんが、大毅の試合自体は結構面白かったです。ポイント的には若干ワンディかな・・という感じでしたが。
しっかし興毅の相手はヒドかったですね。あれで21勝19KOのハードパンチャーとは、開いた口がふさがらないっす。
条助 #-|2009/03/08(日) 02:46 [ 編集 ]
なんかすっきりしませんね。
弟のKOはいつもボディーなんですよね。
あと、タフミル戦での八百長くささが忘れられないんですよね・・・。
あれが印象強すぎて全部疑ってかかってしまいます。
hop #SFo5/nok|2009/03/08(日) 11:50 [ 編集 ]
リニア様
なかなか実現しないのは勝つ見込みが立つ相手を選り好んでるでいるからでしょう。日本人はなかなか加担してくれないから交渉が難航してるのでしょう。それだけでしょう。
管理人 #-|2009/03/09(月) 11:27 [ 編集 ]
小ブタ野郎さん

まもなく行われる長谷川の試合こそリアルですね。ボクシングの試合で傷ひとつ負わない楽勝ばかりのはずがないんです。まして相手が世界レベルであれば。ひどいもんです。
管理人 #-|2009/03/09(月) 11:31 [ 編集 ]
条助さん

ワンディーは適当に5ラウンドくらいまで渡り合って終わりにしたかったんじゃないですかね。ダウン後はセコンドをチラチラ見て「これでいいかい」みたいな確認をしてましたね。ワンディと激闘を演じた他の選手に失礼だとおもいました。自分は全然面白くなかったです。
管理人 #-|2009/03/09(月) 11:34 [ 編集 ]
hopさん

ギャラもらってはいるものの白けるし情けないしでおもわず笑っちゃったんじゃないでしょうかね。激闘を演じきるのにも相応の実力と真剣さが必要なのでしょうね。
管理人 #-|2009/03/09(月) 11:36 [ 編集 ]
自分はプロレスも好きなのですが「観客を楽しませる」というプロとしての観点も欠けており、かつボクシングに代表される真剣勝負としての緊張感、切実感がまったく感じられないことから身内以外喜ばすことが出来ない「出来の悪い見世物」にしか見えません。そういう意味ではまさに亀田場所というところでしょうか。
亀2はサンチェス、内藤と顔面を思い切り叩いてくる試合を経験していますが亀1はこのままガチ童貞で終わるんですかね。とっとと消えて欲しいものです。
チャベスのボディ・ブロー #-|2009/03/09(月) 23:08 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

先日のドリームも(真剣勝負だけれども)お寒い限りだったようにこんな愚考ばかり繰り返していたらやがて凋落していくでしょうね。それが亀田だけならいいですが日本ボクシング全体がそうなってしまったら残念ですがTVも打ち切りが増えたしJBCも加担してますから自業自得ですね。
管理人 #-|2009/03/10(火) 11:51 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/363-07f3e44f

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。