海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ビク・ダルチニアンVSホルヘ・アルセ 

daru2.jpg


豪/フライ級王者
OBA/バンタム級王者
初代IBF/Pan-Pacific/フライ級王者
第16代IBF世界フライ級王者
第6代IBO世界フライ級王者
第9代IBO世界S・フライ級王者
初代IBF/Australasian/S・フライ級王者
第19代IBF世界J・バンタム級王者
第20代WBC世界S・フライ級王者
WBA世界S・フライ級UF王者/UNIFIED CHAMPION
ビク・ダルチニアン(豪)
Vic Darchinyan
33戦31勝(25KO)1敗1分


メキシコ/パシフィックコースト/J・フライ級王者
WBA/Fedecentro/J・フライ級王者
NABO北米J・フライ級王者
第9代WBO世界J・フライ級王者
NABO北米J・フライ級王者
初代WBC/Youth/L・フライ級王者
暫定~第22代WBC世界L・フライ級王者
暫定WBC世界フライ級王者
WBC/Latin-American/バンタム級王者
暫定WBA世界S・フライ級王者
ホルヘ・アルセ(メキシコ)
JORGE ARCE
56戦51勝(38KO)4敗1分


昨日最大の注目を集めた試合。
実はWBAの正規王者には日本の名城がいますが
見向きもされません。

河野、富山と決定戦、防衛戦を重ねても
それで正規王者として世界に認めさせるのは無理があります。
仕方のないことだとおもいます。

軽量級ビッグネームの二人

アルセは全盛期を過ぎており、元がLフライなので打ち合いを好むその
ファイトスタイルでは体力的にも厳しい感じが漂っていますが
試合はエネルギッシュで楽しいしその分厚い攻撃でトップランカーは
ほぼ倒しきってしまう、トップレベルの実力をまだ備えています。

方やダルチニアンは前戦でテクニシャンミハレスをボコボコにして
この階級のトップの人気と実力を確立しました。
見た目もスタイルもちょっと方破れでずば抜けた個性がある
バイオレンス系の本格派です。

結果は予想通りかそれ以上の差となったようです。
実力差ではあるでしょうが今の時点での実力、時代の流れが完全に
ダルチニアンにあったとおもわれます。

ノニトに壮絶に敗れた時から今人生でも絶頂の時をむかえているようです。
自信、勢いもすごいですがまたいつか強引なところをものすごい
カウンターで沈められる日が来るような気がします。
彼は馬力はすごいけど骨格はフライ級だ。

名城に挑んでもらいたいですが
ダルチニアンから積極的なオファーはないでしょう。
名誉を求めて頭を下げてでもやらせてもらうくらいの覚悟が必要だとおもいます。

それにしてもダルチニアンのパンチはすさまじいです。
独特のタイミングでものすごい振りかぶって全身の体重のせて打つ
左アッパーはヘビー級選手でも倒してしまいそうです。
こんなにアルセがパワーで圧倒されているのは初めてみました。

世界の強豪を相手に

マニー・パッキャオ
ノニト・ドナイレ

この2人のアジアのフィリピン人は
実力で結果を出しています。

そして本場アメリカで正当に評価されています。
さすがです。すごいことです。



スポンサーサイト
 
2009/02/09 13:29|オーストラリアTB:0CM:6
コメント
映像のラウンドだけ見ると、ダルチニアンのヤりたい放題ですね。
アルセほどの猛者がここまで喰らうとは、ちょっと衝撃的です。
こういう試合をみてしまいますと...日本人ボクサーも皆、死に物狂いで戦っているとは
思いますが、ダルチ達の世界はなんだか別次元の様な錯覚さえ覚えます。
しかしまぁあれだけ激しい打ち合いをしながら、ゴング直後にダルチに「やるじゃん」みたいな
素振りを見せるアルセ...どちらも化け物ですね。
小ブタ野郎 #-|2009/02/09(月) 21:28 [ 編集 ]
名城とアルセは統一戦の話が上がりましたが結局消えましたね。
名城陣営もあえて動かなかったのでしょう。
日本人との連戦には失意です。
興行なので選手が悪くない事は判りますが、評価につながるのは必然と思います。
asikawa #-|2009/02/09(月) 22:55 [ 編集 ]
ドネアに負けたシーンがあまりに凄絶だったものですから、このあとが心配だなと思ったものですが全くの杞憂でしたね。アルセはミハレスに惨敗を喫しているのでこの結果はある程度予想がつきましたが・・・。
のび犬 #-|2009/02/09(月) 23:39 [ 編集 ]
ダルチニアンはスーパーフライではキツイかなーと思ってたんですが、見事に主役になちゃいましたね。この勢いのあるうちに、因縁の相手ドネアとの再戦を実現してもらいたいです。軽量級で一番観たいカードです。
名城も何とかして絡んでほしいけど、現実的には難しそうですね。
条助 #-|2009/02/10(火) 00:34 [ 編集 ]
小ブタ野郎さん

アルセも意地でゴングを聞きましたがこのラウンドでラストだったんですよね。やるじゃんみたいなそぶりはアルセの男らしさを感じましたが参った。降参だ。お前恐ろしく強ぇなみたいな合図にも見えました。

asikawaさん

こういうレベルの相手なら戦うことに意味があり日本人にとって勝敗はどうでもいいとおもいます。坂田がパーラやバスケスを連覇したりフィリピン人の活躍なんかを見るとやってみなきゃわからないし意外と善戦出来るケースもあるので言い勝負をして本場のファンを熱狂させるだけでもいいとおもいます。名城にはそのくらいのファイトはできるとおもいますし。自分が強くなるためにも冒険マッチは必要だとおもいますね。

のび犬さん

階級上げて減量が楽になり本来のパワーがより生きるようになったのかもしれませんね。とにかくダルチ独特のプレッシャーや一撃必殺の剛打にのまれないで冷静にかつ逃げずにわたりあうことが必要でしょうね。

条助さん

ダルチはタイソンとかハメドみたいに対峙しただけで相手をビビらせてしまうオーラがありますね。顔もファイトも怖いですが小さいしガードに隙もあるから勇気を出して殴りあう気持ちが必要でしょうね。当たれば効くのは過去の数試合で何度か見せてますから。ドネアもそうですがAJバナルの切れるカウンターなんかも炸裂すれば一撃KOできるとおもいます。気持ちで負けたら終わりでしょうが。
管理人 #-|2009/02/10(火) 11:22 [ 編集 ]
ドネア戦を振り返るとあの試合はラッキーなカウンターではなくて初回からダルチの強引なペースをさばき採点でも五分かそれ以上の出来でしたよね。ダルチのおもいどおりにはさせない見事な試合ぶりでした。バレラがハメドに勝った試合もそんな感じでした。相手の強引さにのまれずにイライラさせることができれば攻略の第一歩ですね。
管理人 #-|2009/02/10(火) 11:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/357-0238703b

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。