海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ファン・ウランゴVSハーマン・ヌゴウジョ 

urango.jpg


第2代WBC/Latin-American/S・ライト級王者
IBF/Latino/S・ライト級王者
第18代IBF世界J・ウェルター級王者
ファン・ウランゴ(コロンビア)
Juan Urango
22戦20勝(16KO)1敗1分

ハーマン・ヌゴウジョ(カメルーン)
17勝(9KO)2敗

いつも見ている某人気ブログから動画を拝見させていただきました。

ヌゴウジョという選手は世界王者になってもおかしくない実力者です。
カスティーリョ、マリナージという元世界王者相手に互角の勝負
ができる上手さとパワーを兼ね備えた黒人選手。

一方のウランゴは荒削りな獰猛ファイターで
そのビルドアップぶりは全階級屈指だとおもいます。
空振りするパンチをみても20勝のうち4もKOを逃しているのが
不思議なほどにパワーを感じます。
見た目だけならエドウィン・バレロ以上かもしれません。

その豪快な倒しぶりで日本と絡みないIBFばかりの選手でしたが
個人的には気になっていたウランゴ、圧倒的なパワー差を見せて
2度目の王座に返り咲きました。

ヌゴウジョという選手は不運ですが王者になるには
何かが足りないのかもしれません。
3回にあれだけのダウンを屈しても持ち直す体力は脅威ですが。

ヒットマッスル、ウランゴは相変わらずパンチが大きくて
的中率は悪いしパンチ意外のスピードはさして速くないですが
アゴを引いて上体を揺らしその重厚なパンチで圧力かけていく
スタイルは以前に比べ上手さを増したとおもわれます。

どんなに上手い選手でもこの圧力と意外と伸びて多彩なパワフル
ブローを12Rのうちどこかで食ってしまいそうです。
上手くさばけてもこのプレッシャーを前にポイントまで抑えることは
結構難しそうです。

この試合を見て唯一土をつけたハットンはすごいなぁと見直しましたが
ウランゴは間違いなく以前より上手く、強くなっている感じです。

一分けのアルノーティスというのはギリシアの高速テクニシャンなので
やっぱこういう選手にさばかれるのが苦手なのでしょうが・・・

コロンビアには同じ階級にリカルド・トーレスなんていうパンチャーもいるし
他の階級でもやたらKO率の高いボクサーが多いけど
何食ってるのか、その民族性は研究に値する。

それにしてもこの体重でどうやったらこんな体に鍛えられるのか
さらには試合もタイソンばりに面白いウランゴの今後に期待です。



http://jp.youtube.com/watch?v=blk8g_uCpm8&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=InGHBTWvmng&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=tTxC_8FrqLY

スポンサーサイト
 
2009/02/01 10:07|コロンビアTB:0CM:5
コメント
確かに凄い身体ですね。
あんまり詳しくないのですが、60kg台の体重なんですよね?
自分の3倍位は筋肉が付いてますよ、このヒト。
このスタイルでプレッシャー掛けられたら、相当スピードのあるテクニシャンで無いと、
何発かイイのを喰らってジ・エンドですね。
バレロと対戦したら...どちらかがマットに這い蹲るんでしょうね...考えるだけでゾっとします。
小ブタ野郎 #-|2009/02/01(日) 20:20 [ 編集 ]
小ブタ野郎さん

61.23~63.50kgですね。
身長もheight 5′7″で170cm くらいになりますから極度のチビでもないわけです。
計量後体重は5キロは増量してるとはおもいますがそれにしてもすごい肉体、見てすぐわかるパワフルパンチですね。

バレロとどっちがパワーあるかはわかりませんが150%くらいKO必至のモンスターバトルとなりそうです。

以前のスラッガーぶりに比べて切れやテクニックも向上しているようなので今後際立った武器を持った選手として注目していきましょう。
管理人 #-|2009/02/01(日) 22:55 [ 編集 ]
ウランゴみたいにパンチ力ある選手にあれだけガンガン前に来られたら、相手は嫌でしょうねー。
ウランゴは170cmくらいってことは、身長もバレロと同じくらいなんですね。大きくブンブン振り回す感じなんで、パンチの正確さではバレロの方に分があるかなーとも思えますが、二人が戦えば相当スリルのある試合になりそうですね。
条助 #-|2009/02/02(月) 00:03 [ 編集 ]
条助さん

南米にはどうしてこんなにパンチャーが多いのでしょうね。もうすぐコテルニクと戦うマイダナというアルゼンチン人も25勝24KOくらいのスラッガーのようです。階級もウランゴと同じですね。ここらへんのハードヒッター集めてモンスターバトルがあればまた面白そうですね。
管理人 #-|2009/02/03(火) 12:23 [ 編集 ]
筋肉つきすぎてパンチは手打ちというか窮屈そうでもありますが・・・ゴリラ系マッスルボクサーですね。
マッスル #-|2009/02/09(月) 17:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/353-5a5949c9

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。