海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

アントニオ・マルガリートVSシェーン・モズリー 

mosko1.jpg


NABO北米ウェルター級王者
第9代WBO世界ウェルター級王者
WBO/Inter-Continental/ウェルター級王者
第12代IBF世界ウェルター級王者
WBA世界ウェルター級王者
アントニオ・マルガリート(メキシコ)
ANTONIO MARGARITO
43戦37勝(27KO)5敗1NC

第12代IBF世界ライト級王者
第26代WBC世界ウェルター級王者
第3代IBA世界ウェルター級王者
第33代WBC世界S・ウェルター級王者
WBA世界S・ウェルター級UF王者/UNIFIED CHAMPION
第8代IBA世界S・ウェルター級王者
暫定WBC世界ウェルター級王者
WBA/Inter-Continental/S・ウェルター級王者
シェーン・モズリー(米国)
SHANE MOSLEY
51戦45勝(38KO)5敗1NC

今年最初の?ビッグマッチ

スターで無敗のミゲル・コットを破りウェルター級の主役に躍り出た雑草マルガリート
そのコットにわずかな判定で破れすでに過去のスターという位置づけになっているモズリー

モズリーはハイスピードと強打を持っているので万全に準備して
年齢による衰えさえなければひょっとするかも
少なくともかなりいい試合にはなりそうだとおもっていましたが
まさか不倒男のマルガリートをノックアウトするとはおもいませんでした。

映像はKOシーンのみで展開はわかりませんが
モズリーが序盤から飛ばして完全にペースを握ったようです。
そのハイペースのまま突っ走ったのでしょう。
ベテランなのにすさまじい体力、さすがの作戦でした。

長いキャリアでもマルガリートのKOは初でしょう。
ダウンすら見たことがありません。

国内でも湯場選手などは戦力は圧倒的に上なのに
相手の奇襲にやられて壮絶なノックダウンを食ったり
狙い済ました一発カウンターの餌食になって番狂わせで何度か王座を
陥落していますが

初回から奇襲をかけて相手のペースを乱したり、スタミナ無視で
序盤から飛ばして相手にかなりのダメージを与えてしまうことで
試合の流れを支配してしまうことがよくあります。

昨日の澤永選手(逆転されてしまいましたが)
年末のデンカオセーン
今日のモズリー

にも共通した決意を感じました。

デンカオセーンは坂田を研究して左アゴへのカウンターを狙っていたそうだし
モズリーもマルガリートの右に合わせたカウンターをずっと練習してきたそうです。

そして相手が圧力かけてきても逆に押し返すくらいの徹底したファイトを
心がけていたようにおもえます。

ライト級で至上最強ではないかとさえ感じていたモズリーも
階級を上げてでかい選手には苦杯を屈してきましたが
ウェルターあたりではスピードも強打もかなりのものがまだあります。
改めてモズリーのコブシを渾身の力でぶちかますようなボクシングの
魅力にはまってしまいました。

今日は小さな番狂わせだったとおもいますが
モズリーの準備と作戦がマルガリートに勝った結果だとおもいます。
さすがです。

はじめのころは怖いボクサーでしたがいつも紳士的で絶対的に強く
誰とでも戦う姿勢を見続けてきていまでは尊敬に値する神ボクサーです。

次に誰がこの男に挑むのか楽しみです。
パッキャオもこの男は嫌でしょう。

マルガリートにも今日の結果は試練だったとおもいますが
再浮上してきて欲しいです。



スポンサーサイト
 
2009/01/26 01:29|アメリカTB:0CM:8
コメント
ほんとこの結果は誰も予想できませんでしたね。
これでコット、マルガリート、モズリーの力関係が複雑になってきましたね。
今思うとメイはこの3人の中の誰とも試合してないんですよね・・・。
hop #SFo5/nok|2009/01/26(月) 07:00 [ 編集 ]
hop #SFo5/nokさん

そうですね。やや勝ち逃げの感がありますよね。
たしかに誰にも負けないディフェンスワークを持った天才でしたがモズリーのように誰とでも戦う姿勢を持って欲しかったですね。特にモズリーはタイプが異なるものの超スピード対決で興味あります。自分はモズリーの方がボクシング自体は好きです。
管理人 #-|2009/01/26(月) 12:52 [ 編集 ]
まったく関係ないですが昨日は総合格闘技で
あのヒョードルが危ないところでした。

ヘビー級のボクシングが冴えないのでこのヒョードルという選手のボクシング、動きも個人的に注目していたのですがやはり総合用に訓練された独特のフッカーだったようで相手選手の伸びるきれいなストレートを食い距離を支配されヒヤヒヤものでした。この選手の弱点がかいまみえました。

それにしても逆転ワンパンチのフックは見事でした。
前座でもすごいKOシーンがあり殴り合いの醍醐味が感じられる内容でありました。
管理人 #-|2009/01/26(月) 16:56 [ 編集 ]
自分も見ました。
正直、あれ?ヒョードルってこんなもんだったっけ?
みたいに思ってしまいました。
アルロフスキーが不用意に跳んで、KOできたからいいものの、不安要素が増えた試合内容でした。
hop #SFo5/nok|2009/01/26(月) 21:04 [ 編集 ]
マルガリートは試合後もぼーとしてました。立ち上がる元気さえないような感じで。37歳のパワーは捨てたものではないですね。久々に感動する試合でした。
たけちゃん #-|2009/01/26(月) 22:16 [ 編集 ]
hop #SFo5/nokさん

アルロフスキーはパッキャオと同じフレディ・ローチがボクシングを教えていてボクシングでもいい線いけるといわれてるそうです。PRIDE時代のスターもUFCでポコポコ負けてますからまだまだ発展途上の格闘技なんでしょうね。自分は総合の場合勝敗を楽しむっていうよりはボクシング的にすごい素質を持った人間を楽しむという感じです。やっぱボクシング贔屓なので足関節とかで強い人には何の興味ももてません。

たけちゃんさん

ショックの残る敗戦でしたね。一発でやられたというよりはポイントもすべておさえられた完敗だったようですし。ベテランが本気でコンディション作って来たときは修羅場の違いもありやはり強いです。ホプキンスなりモズリーなり。個人的には本気になったフォレストが一番強いかもしれないなんておもっていたりします。
管理人 #-|2009/01/26(月) 22:56 [ 編集 ]
モズリーはフォレストにミソ付けられてなければもっとスーパーな存在になってたのでしょうね。マルガリートがKOされる展開は想像出来ませんでした。マルガリートが暴風雨を巻き起こす前に食いとめられた印象ですね。身体負けしなかったモズリーは凄いですね、次はメイウェザーとやって欲しいなあ・・・
余談ですが総合でボクシング強い奴はアンデウソン・シウバとかそうですね。一時期、ロイ・ジョーンズとボクシングで試合したいとか無謀なこと言ってました。金網を使う北米MMAはボクシングがかなり重要なパーツになりますから専念したら結構強くなりそうなのいますよ。あ、自分は足関節系大好きです。
チャベスのボディ・ブロー #-|2009/01/27(火) 01:32 [ 編集 ]
チャベスのボディ・ブローさん

モズリーはもう10年以上前から世界チャンピオンで当時のバイト仲間が「なんじゃあいつ人間じゃねぇ」みたいなこと言ってそれがきっかけで海外ボクシングのすごさをしったそうです。本当に長いことトップに君臨しています。日本では考えられません。フォレスト戦のみが実力負けだったような気がしてそれ以外の敗戦はロナルド・ライトとかは体格的に仕方ないものだったとおもいます。一体どんだけ強いんでしょうかね。僕の中では立派なシュガーです。

総合もそうですが結局才能豊かな人材がどっちに行ってしまうかというのが気になります。今はボクシングの方が世界的には魅力的な人材がたくさんいますが日本ではどうかって言えば正直わかりません。

柔道の石井などまだ一試合もしてないのにもう十分稼いだかもしれませんね。それでいいのかなと疑問におもいます。
管理人 #-|2009/01/27(火) 12:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/352-21128b29

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。