海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

結果を受けて 

今海外出張中にて
長谷川や粟生の試合すら見れていません。
結果は知りました。

長谷川は充実しきってますね。
鳥海戦から恐ろしいほどに急成長しています。
今回はメキシコの正真正銘、ここ数年無敗のホープだから
危険だとおもっていましたが・・・

KO防衛も多く、このチャンピオンはもはや日本至上最強の
世界王者といえるかもしれません。

バスケスやモンティエル、ミハレスにも劣らない
日本の誇りです。

粟生は惜しかったようですね。
序盤を制しラリオスからダウンも奪うとは・・・

けれどラリオスはここからが強いです。
坂田と同じ、アゴが割れても戦い続ける男です。
あと一歩、この敗戦で間違いなく強くなって帰ってくることを願います。

ラリオスってバスケスとも勝ち負けを分けているほどの強豪ですので
この激戦は評価を上げたのではないでしょうか?

帰国してじっくり映像を見たいとおもいます。

これからも熱い世界戦が続きます。
楽しみです。

http://www.youtube.com/watch?v=GMOHNHnh1Dg
スポンサーサイト
 
2008/10/17 18:24|未分類TB:0CM:6
コメント
TV観戦しました。長谷川戦はレフリーストップが素人目にはちょっと早すぎると思いました。
相手を倒しきってのKO勝利を見たかったです。
粟生はホント惜しかったですね。序盤は栗生で終盤はラリオスって印象はありましたが、
素人目にダメージが深く効いちゃってるのはラリオスの方に見えて仕方なかったです。
老獪なベテランならではのポイント奪取技術の差って事なんでしょうが、うーん残念です。
まだまだ若いから再起に期待しまーす。
#-|2008/10/18(土) 08:48 [ 編集 ]
粟生がダウン取ったあの瞬間は、ホント興奮しましたね。見事すぎるカウンターでした。ラリオスのダメージも相当あるように見えたんですけど、あそこを凌ぐあたり、さすが2階級制覇王者ですね。70戦の経験がモノを言ったという感じでしょうか。改めて、このラリオスに完全勝利したリナレスって凄いヤツですねえ。
条助 #-|2008/10/18(土) 10:30 [ 編集 ]
リナレスも結構苦戦しましたからね。ラリオスには。このリナレスの助言として前半しのげば後半にチャンスが来るってのがありましたが逆になっちゃったんですかね。でも日本フェザー級に世界を捕れるであろうボクサーがいることがわかりよかったですね。越本の時はフェザー級は30年ぶりくらいだったのでこれはすごいことです。粟生のボクシングは本物だったんですね。長谷川はパッキャオ級のアジアの宝物かもしれませんね。こんな選手が日本にいることを業界関係者はもっと重要視すべきです。鳥海戦以後才能が一気に開花した感じがしますがこれに続く大場も児玉戦で地獄を見ましたから大成して欲しいです。長谷川に劣らない才能だとおもっていますので。そしてサーシャもおりますのでフライ級に続いてバンタムも日本が充実度世界一かもしれませんね。
管理人 #-|2008/10/18(土) 13:51 [ 編集 ]
日本王座も手放して急成長したもののあと一歩及ばず世界を逃し・・・ここから粟生は筋金が入るんじゃないでしょうかね。状況的に世界ランカークラスとじゃないと再起戦、前哨戦は組めないでしょうし。高校6冠の才能が世界に迫るものであることは証明したのだから後はプロとしての戦い方、倒しきったり、さばききったり、が備わればたくましくなるでしょうね。
シャーマン #-|2008/10/20(月) 01:34 [ 編集 ]
粟生はここで負けたことで筋金が入った印象です。再起戦ではおそらく今までのイメージを超える姿で出てくる気がします。あと長谷川は前回と今回と連続で2RKO勝ちで防衛ですが、物凄い充実度ですね。アメリカ進出はまさに今、このタイミングだと思います。
チャベスのボディ・ブロー #-|2008/10/21(火) 01:06 [ 編集 ]
みなさんボクシング愛を感じるコメントありがとうございます。長谷川は最近行くべきところは行く、一気に勝負を終わらせる勇気みたいのが備わってきましたね。警戒しすぎて試合を長引かせてもベチェカ戦やマルドロット戦のように顔を大きく腫らせたり大流血してまさかの負傷負けをしてしまう恐れがありますからね。あれだけの瞬間スピードをもっていたらどんな相手もタジタジだとおもいます。ただ結構相手のジャブも入ってましたし目をみると腫れやすい、流血しやすい面もあるとおもうのでまだ超一流ボクサーなのかは?が残ります。日本時代もKOパンチャーではなかったのにすごい成長ぶりです。頼もしい限りです。
管理人 #-|2008/10/22(水) 04:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/328-0638c009

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。