海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

3大世界戦TV観戦 

mrt0809152059005-p1.jpg


無事情報遮断してTV観戦できました。
録画もばっちりできました。

TV観戦でこんなに汗をかいたのははじめてです。

木村VSコテル二ク

ダイジェストだったのでなんともいえません。大差判定負けでした。
立ち上がりはよかったとおもいますが安定感抜群のコテルニクのガードは鉄壁でした。
やはり世界の木村術ではなく日本の木村術だったのか
いつものような伸び伸びした戦いは影をひそめ堅実なボクシングで対抗してしまいました。
こういうスタイルの場合クリーンヒットが余計目立つあの髪型は裏目だ。
とびきり破壊力があるか足でさばくかでないとコテルニクの世界レベルの安定ボクシングは
崩れないことを思い知らされました。リングサイドでシドレンコが大喜びしてました。
日本人は根性はすごいが技術はたいしたことないぞってアドバイスしてたっぽい。

名城VS河野

すごい喧嘩みたいなハイペースな展開でスタートしました。この一戦に賭ける河野の魂が
すさまじかったです。河野の乱打戦に巻き込まれて名城のボクシングもガチャガチャに
なりかけましたが終盤にアッパーで突破口というか印象的な有効打を決めたのが
わずかな採点に出たのか、この試合もダイジェストなので採点不能。
魂はすさまじいいけれどレベルは日本王座戦が妥当か、引き分けでいいような内容でしたが
この試合に関する限り河野の技術的な成長が感じられたので河野でもいいような気がしました。
ここまでラフ、タフ、気持ちがこもっていればアルセともいい勝負になるかもしれない。
タフすぎる両者、逆に言えば世界を戦う決定力や技術がないということか。

西岡VSナパーポン

初回がはじまりナパーポンのボクシングにびっくりしてしまいました。
スピードも怖さもなにもない、ありゃ、これはめちゃおいしい相手ではないか・・・と
回を追ってもナパーポンのボクシングに怖さは感じませんでしたが
目に見えない強さがあるんでしょう。次第に足を止めた打ち合いとなり
クリーンヒットは西岡が上でもどんどんダメージ、体力消耗を蓄積させていきました。
今までこういうゾンビのようなスタイルでナパーポンという選手はこれだけの戦績を
おさめてきたんでしょう。西岡の左が炸裂してもボディを何度たたいても倒れる気配
はありませんでした。
今日はボディと右フックが案外決まってました。中盤に左アッパーを何度もぶちかまして
いましたがスタイルなんてどうでもいいから勝ちたいという西岡の執念を感じました。
実際決まってたのになんとタフなナパーポン。
TVでも西岡は最終回をわかってないような意識の消耗をしていましたが
なんとか逆転されずにすみました。最後までスタイリッシュに動いて回るボクシングを
していれば楽勝だったとおもいますが、作戦を変えたのか、それができなくなってしまったのか
ナパーポンの顔はボコボコでした。彼はわかりづらいけど相当なツワモノだったと信じます。
採点結果も序盤の戦いもすばらしい西岡でしたがSバンタムはきついぞーとおもわせる後半の
ダメージでした。

なにはともわれあの西岡がついに世界のベルトを巻きました。
それだけでOKです。感動をありがとうございました。

新井田VSゴンザレス

やはりゴンザレスはロペス級の化け物でした。今日見た限り欠点なし、パワー、迫力、風格満点。
新井田もいい動きでした。コンディションは最高だったでしょう。意地の連打や反撃はそのポテンシャルの高さも感じさせました。しかし今日の相手はおそらく最上級のレジェンドクラスでした。
ロペス時代であってもこのゴンザレスは双璧といえる強さを備えているとおもいます。
前回プレッシャーをかけていた新井田、パンチの交換がなくても下がらされていました。
ストップ自体は早かったですがこのまま続けると危ないという医者の判断だったろうとおもいます。
世界戦でもそう味わうことのできないちょっと「やばい」ものをみてしまった気がします。
ゴンザレスは3階級くらいいくんじゃないでしょうか、そして日本人で敵うものはいないでしょう。

やはりリングに筋書きはなく、結果的には非情なものとなりました。
けれど結果がそのまま実力差だったような印象も受けます。

日本で一番好きな西岡が世界をとったことが感慨深いです。
彼の勇士をまた見れるなんて最高です。

世界戦を戦った皆様、ゆっくり休んでください。
感動をありがとうございました。

PS:お金もないのに衝動で長谷川ウォッチ買っちゃいました。
あぁー期日までにお金を作らねば・・・
スポンサーサイト
 
2008/09/15 22:26|観戦記TB:0CM:12
コメント
西岡ばんざい!左の天才がとうとう頂点に立ちましたね!天才の実力を最後まで信じた帝拳も流石です。
kkk #-|2008/09/15(月) 22:49 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/09/15(月) 22:56 [ 編集 ]
西岡のベルトをまく姿がみれたのはいいのですが、今日の全体的な感想としては、世界は広いなぁという感じです。

木村は正直完敗でしたね。満身創痍でした。
日本と世界のSライト級にはこんなにも差があるのか、と見ていてつらかったです。

ゴンザレスはミニマムじゃあもう負けないんじゃないでしょうか。階級を上げるにつれて、圧倒的パワーが影を潜めたときにどうでしょうかね。

名城と河野ですが、自分的にはやや河野だったんですが、納得の結果でした。しかしお互いかなりパンチもらってましたので、アルセなんかと対戦すると・・・。

いろいろな結果でしたが、世界戦を戦った皆様、お疲れ様でした。

自分も長谷川ウォッチ買おうかと思いましたが、なんとか思いとどまりました。
hop #SFo5/nok|2008/09/15(月) 23:00 [ 編集 ]
管理人さんの好きな西岡選手が勝って自分も嬉しいです(^_^) しかし、ゴンザレス・・・パンチの切れ味、威圧感が新井田と同階級とは思えませんでした。今もまだ余韻が残っています。
ピーターさん #-|2008/09/15(月) 23:09 [ 編集 ]
う―ん木村術は世界には通じなかったってことですかね。東洋の島国の王者と世界王者の差を見せられた感じです。完敗でした。
名城vs河野は、まああんな感じになるとは思ってましたが、名城の終盤のアッパーが印象良かったみたいですね。僅差の判定でしたが、納得の範囲です。
注目のローマン・ゴンザレス、なんかパンチの迫力が違ってましたよ。最軽量級であんなスリリングな試合初めて見ました。新井田も勇敢に打ち合いましたが・・正直あのまま続行してても、遅かれ早かれ打ち負けていたんじゃないでしょうか。ウワサ以上のKO怪物でしたね。新井田の今後が気になります。
条助 #-|2008/09/16(火) 02:47 [ 編集 ]
新井田の最後は玉砕覚悟のようなそれで心が熱くなりました。完敗でしたが男を上げました。ロマン・ゴンザレスはまさにレジェンド級。これからチマチマミニマムでやっていく選手ではないでしょう。イバン・カルデロンを粉砕する筆頭候補かな。
管理人 #-|2008/09/16(火) 14:07 [ 編集 ]
この試合youtubeでみれるようにはなりませんかねぇ
ads #-|2008/09/16(火) 16:14 [ 編集 ]
木村の動画はなですか?
777 #-|2008/09/16(火) 16:26 [ 編集 ]
西岡戦からTVで見ました。試合自体は完勝と言っていいと思いますが、
今後の防衛戦は大丈夫かなって感じです。
確かに優れたボクサーだと思いますし、個人的にも応援しています。
でも、海外の強豪達が持つ滲み出すような強さがどうしても感じられないです。
年齢的に降下線に入る頃ですから、短期政権にならないよう今一度奮起して欲しいです。
カンニバル #-|2008/09/17(水) 23:01 [ 編集 ]
Youtubeに新田×ゴンザレス出てますよ。
ニカラグアからのTV放送分ですが。
アユブカルレ #-|2008/09/20(土) 21:41 [ 編集 ]
Youtubeに新田×ゴンザレス出てますよ。
ニカラグアからのTV放送分ですが。

でも、全盛期のロペスと戦ったら今のゴンザレス負けるんじゃないかな。

打ち合いではゴンザレスに分があると思いますが、
ロペスは打ち合わないでしょう。
距離をとって的確にパンチをあてつつ、左フック左アッパーで終わりそうな・・・
あくまでも想像ですが。
管理者様含め、皆さんはどう想像しますか?
アユブカルレ #-|2008/09/20(土) 21:48 [ 編集 ]
ゴンザレスの実力を測るにはまだラウンド数が少なすぎるので何ともいえませんが、プレッシャーのかけ方やコンビネーションに無駄がなく理にかなっているようです。新井田は下がっていたのではなく下がらざるをえなくなっていました。上下の打ち分けも自然で特にボディは素晴らしいです。ロペスは接近されてもコーナーにつまっても冷静で巧かったから現状だとロペスが距離を制して勝つような気がしますが現役時に拳を合わせていたら最強の相手となっていたでしょうね。この一試合でロマゴンはウンベルト・ゴンザレスやマイケル・カルバハルより上、同じニカラグアのロセンド・アルバレスと同じくらい評価しちゃってますが時期尚早ですね。
管理人 #-|2008/09/20(土) 22:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/318-cd4500e4

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。