海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

坂田、内藤、王者の貫禄 

japon300708a.jpg


sakata00.jpg

naito00.jpg


ダブル世界戦生観戦してきました。

ファミリー自由席という安いチケットでしたが
わずかに開いているいい席に勝手に座って試合を堪能しました。

まず

木村隼人選手

非常にいい選手です。今すぐにでも日本、東洋のトップになれるかもしれない。
けれどまだピョンピョンと無駄な教科書的ステップや動きも多いです。
今日の相手なら警戒する必要なし。圧殺でいいとおもいます。

中広VS吉田

新しい吉田ボクシング?でした。過度なラフファイトを避けボクサーファイターとしてきれいに戦っていました。とはいってもセオリーと違うボクシングなので中広選手のボクシングは空回りし負けるかもしれないと焦って無理にポイントとりにいったような感じでした。
オール一点差で中広選手が命拾いしましたが吉田選手の方が自分のボクシングを貫いたという点で勝者のようでした。

坂田VS久高

いつもの坂田劇場ドロ沼無限地獄のような試合。自己採点は117-112で坂田。
けれど久高の方がセンスがある有望なボクサーだと感じました。本当に頭が下がる、素晴らしい坂田の執念ファイトですが足の速い海外のボクサーファイターは逃げ切れるかもしれません。この先どこかのラウンドで山場を作って相手をKOしてしまうような決定力を身に着けないと危ないと感じる坂田ボクシングでした。

内藤VS清水

自分としては空振りしてもアグレッシブを有効とみなし採点は内藤有利でした。清水は挑戦者としてものたりないボクシングでした。ボディは皆無だしカウンターに徹して自分から打とうとはしません。判定で逃げる魂胆が見え見えなのでああいう結果になったとおもいます。
いくら清水がポイントリードしていても彼が王者となり強豪外人相手に防衛していく姿を想像できませんでしたので順当な結果に終わりほっとしました。
ポンサク戦に比べれば苦しくないだろ、なんとかしてこい内藤!というような心境で見守っていましたが実際なんとかしてしまうあたり歴戦のキャリアがものをいいました。

2試合ともよく言えば挑戦者が王者攻略のために健闘しましたが
見方を変えるとそれが挑戦者の姿勢かとおもえる内容でした。

最後にチンピラ風のファッションの子供が乱入してきましたが
明らかに本人の意思ではなくTV局の仕込みです。
おおみそかの視聴率合戦に向けたパフォーマンス。
坂田より内藤を選んだのはその方が数字がとれマネーがいいからに他なりません。

サンデージャポンも余計でした。
低俗の極みTBSの象徴のような番組です。
番組関係者だけが喜んでいることでしょう。
得意満面にこのVTRを使いまくりでしょう。

選手の尊厳やファン心理を平気で踏みにじります。
TV局や関係者は恐らくバカな国民、選ばれた我らという大きな勘違いをしています。
近い未来にハゲタカに買収されてしまえと切に願います。

すごく地味な扱いですが
IBF王者のノニト・ドナイレが統一戦をアピールしています。
あの子供なら瞬殺してしまいそうな本格王者です。




スポンサーサイト
 
2008/07/31 12:16|日本TB:0CM:8
コメント
内藤はいい仕事しますね 最高の展開だった。 会場の入りはどうだったんですか? 満員だったように見えましたが・・
#-|2008/07/31(木) 14:18 [ 編集 ]
いい試合でした。
久高選手も随所で見せるテクニックが光ってましたね。
でも、改めて坂田選手の無尽蔵のスタミナを実感しました。
清水選手がチャンピオンになっても防衛はできないだろうなぁーとは自分も思いました。
ボクシングスタイル云々は清水選手のスタイルですからなにもいいませんが。
内藤選手はチャンピオンの意地をみせましたね。

そして自分も試合後の出来事に非常に気分を害されました・・・。
ノニト・ドナイレはかなり好きな選手の一人です。
ダルチニャン戦は自分の中では今後忘れることのないような衝撃でした。

統一戦、是非みたいです。

hop #SFo5/nok|2008/07/31(木) 16:01 [ 編集 ]
野口みずきにはマラソンで勝てないけれど42キロ走った野口みずきと最後の0.195キロだけ勝負したら勝てる。坂田の強さはそんな感じでしょうか?相手が疲れても坂田は疲れていない。バテテ休みたい時に坂田は休まない。だからこそ海外の超一流選手にも国内選手にも同じような試合展開で勝ってしまうのかな・・・
世界王者の意地と経験が見れたいい興行でした。
管理人 #-|2008/07/31(木) 16:38 [ 編集 ]
TBSはどうしてもボクシングをバラエティまがいにしたいのですかね。
興毅の登場は呆れました。
asikawa #-|2008/07/31(木) 19:01 [ 編集 ]
内藤選手は見事に決めてくれましたね。いやーカッコ良かった。
挑戦者がポイントリードしてましたが、管理人さんが仰る通り、仮に判定勝利したとしても防衛戦で
恥をかくこと必至ですよね。健闘はしましたが妥当な結果でしょう。
十分に下積みして力をつけてから再度世界へ羽ばたいて欲しいです。
それにしても亀興...白けたなぁ。金平発言にも引いたなぁ...。
カンニバル #-|2008/07/31(木) 21:27 [ 編集 ]
僕の印象では坂田vs久高はもっと僅差かな―と思ったんですが、結構開いてましたね。久高も最終ラウンドなんかは意地を見せてくれたんで、なかなかいいボクサーだと感じました。まだ若いんでチャンスはあるでしょう。清水はあと少し、届かなかった感じですね。僕は清水は結構ヤルと思ってたんで、ああいう展開もひょっとしたら・・とは思ってました。正直、あの大逆転のダウンの直前までは、清水が勝ったと思ってましたね。ああいう漫画みたいな逆転KO勝ちが出来てしまうあたりが、やっぱり内藤の凄さなのかもしれないですね。しっかし最後の下品なヤカラはマジで不愉快でした。あの低俗なサプライズはやっぱTBSが黒幕ですかね。あのヤカラがTBSの控え室で弁当食ってたっていう未確認情報もありますけど・・・。
条助 #-|2008/08/01(金) 00:51 [ 編集 ]
今日バースディという番組を見ました。
坂田と久高を扱ったものでした。
坂田は少しづつ進化して倒すボクシングに変貌すると信じています。

久高はプロがわずか一人という弱小ジムとは知りませんでした。豪華な練習環境とは無縁でバイトしながらあそこまで強くなったのは立派だ。

あの男の乱入で挑戦者2人の扱いが消されてしまいましたが久高は「ボクシングを辞められない性質なんで」と元気に再起を誓っていました。チャンピオンになれる器の選手です。
管理人 #-|2008/08/01(金) 04:43 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/08/01(金) 13:36 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/306-c1a38d69

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。