海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

日本フェザー頂上決戦2 

fe.jpg


まさにファンが望む夢の対決でしたが

残念!

両者、負けたくないの気持ちが強すぎて慎重に戦い
見る側としては凡戦ともうけとれる戦いになってしまいました。

いままで積み上げてきたものを負けたら一気に失うので
リスクを回避するような戦いぶりになってしまったのかな。

今までの対戦相手とはレベルが違うのでジャブの次が
なかなか出せないのはわかるが

ムニャムニャ何言ってるのかわからない解説のファイティング原田が

こんな展開じゃ15ラウンドでも16ラウンドでももつよ。

みたいなコメントが試合を象徴していました。

特に氏は死力を尽くすまで戦うファイターだったので
今日の試合は歯がゆかったろうとおもいます。

死ぬ気で勝つよりなにがなんでも負けたくない気持ちが強いと
こんな感じになってしまうのかな。

せめて最終12Rくらいは捨て身、死ぬ気で打ち合って欲しかった。
両者グローブを合わせる必要なんてない。
そしたら一応決着はついたのだろうし・・・

採点もやや卑怯だ。
10-10を結構つけちゃったんじゃないだろうか?
難しいのはわかるがドローでお茶を濁した感じだ。

世界の採点基準からいえば
粟生の勝ちだろうとおもわれるがあまり立派な内容とはいえない。
ローブローは気の毒だったが・・・

榎はジャブはさすがだがそれだけだった。
粟生のジャブも効果的だったのでジャブでは互角だ。

粟生はあまりバリエーションのある攻撃ができなかった。
左は当たる感じも威力もあまりないように見えた。
判定狙いだったのかな。

今日は前座のSバンタムの下田に魅力を感じました。

でも彼はまだ運動神経に頼り切ったボクシングをしている。
組み立てというものをどの試合でもまったく感じません。

相手がどういうボクシングをしようと仕留めなければならない。
かみあわなくてイライラしているような感じではあったが
判定までいくような相手ではなかった。それくらい能力的には差があるはずだ。

スピード、切れ、反射神経はやはり見事。強いとおもうがうまいとはおもわない
なんだか不思議なボクサーだが世界を獲りそうな気配を漂わせている。

瀬藤に勝てば本物だろう。彼はテクニックをプレッシャーでねじ伏せるような
ボクサーなので再戦が楽しみだ。

日本最強世界未満

を大きく感じてしまった今日のメインでした。
スポンサーサイト
 
2008/04/05 22:10|日本TB:0CM:7
コメント
ドローですか…
G+で観るつもりだったのですが、巨人戦優先で観る事が出来ませんでした。

フェザー級最強決定戦はドローでしたか……。

何となく記事にしてあるカキコミを見て想像がつきます。失う怖さ故に出た結果でしょうか?お互いに牽制しあう内に試合が終了した感じですかね…
でも観ないで良かったかも知れません。
かなり期待していた両者の対決でしたから……。

と話しは変わりますが、お互いにタイトルホルダーとしてWBA世界フェザー級タイトルに挑戦するのはどちらですか!?
まさか見送りですか??
JBCに委ねられちゃうんでしょうか!?
相手はアジアの雄クリスジョンです!!
是非どちらか挑戦してもらって層の厚いフェザー級タイトルを奪取してほしいですね。
しかしながら今日の様な試合展開を繰り広げるのならば負けるでしょうね。クリスジョンは粟生でも榎でも経験した事のない完全未知の力でしょうから!!
プライドメッシュ #z8Ev11P6|2008/04/05(土) 22:34 [ 編集 ]
やはりホルへ・リナレスと比較すると実力もさることながら勝つんだという意志の強さや覚悟も違うなぁと感じてしまいました。2人にとって貴重な試合だったとおもいます。ですが世界はまだ無理と誰もが感じたとおもいます。
管理人 #-|2008/04/05(土) 22:59 [ 編集 ]
管理人さんへ
そうですか…
世界を見据えた闘いとの名目だったので期待していました。

粟生はともかく榎は年齢的にもこれからが正念場 になるのでしょうね!!

余談
管理人さん、これからも記事をバンバン書いて下さい。ファンなんで俺もコメント沢山していきますね。
プライドメッシュ #z8Ev11P6|2008/04/06(日) 01:48 [ 編集 ]
帝拳の粟生も下田もガンガン出てくる相手にカウンターを当てる作戦だったのでしょう。けれどそうはさせてくれない。相手もよく考えた戦い方だったとおもいます。
下田などは相手が出てこないのを不甲斐ない、楽なボクシングをしてしまったなんてコメントしてましたが・・・
相手がどういうスタイルでこようが臨機応変に対応できる柔軟性や創造性が帝拳には欠けている印象です。人材の宝庫で日本王者レベルはガンガン出すが世界は外人頼み・・・このジムのスタイルが王道では決してないような気がしてなりません。
ボコボコ #-|2008/04/06(日) 04:28 [ 編集 ]
ジョンと戦うには榎には「巧さ」が粟生には「強さ」が足りないと思いました。ジョンはホームでとはいえ、あのマルケス兄に勝っていますしね。この階級の壁は険しく高いと思います。それだけに本当の価値があると思いますが。
チャベスのボディ・ブロー #-|2008/04/06(日) 13:29 [ 編集 ]
どちらかが圧倒して勝つような事があれば世界が見えたんだけどな 世界が果てしなく遠く見えた
#-|2008/04/06(日) 14:52 [ 編集 ]
ファイティング原田が
アオキは・・・
なんて解説してたけど
どっちのこといいたいのかわからない

つまり試合もそんな感じだったということか

それはそれでトシオカもそうだけど選手の名前
も言えないような解説は失格だろう。
川島、セレス、飯田などの解説の方がずっといい。
元王者でなくてもいいからもっとましな解説を切望する。
ラーメン食べたいネ #-|2008/04/07(月) 14:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/254-9e49e99b

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。