海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ああ 坂田 

sakasaka.jpg


第56回東日本フライ級新人王/第46回全日本フライ級新人王
第45代日本フライ級王者
第47代日本フライ級王者
WBA世界フライ級王者
坂田 健史(協栄)
Takefumi Sakata
37戦31勝(15KO)4敗2分

第24代OPBF東洋太平洋L・フライ級王者
山口 真吾(渡嘉敷)
Shingo Yamaguchi
28戦22勝(8KO)4敗2分


日本人同士による世界戦は激戦、強敵続きだった坂田にとっては
案パイ、すこし楽な防衛戦であると予想されたが挑戦者山口の
成長と好ファイトにより大接戦となった。

山口をしっかりと見るのは2回目だ。6年前Lフライの世界王者 崔尭三
に挑むも10RKOで敗退している。キビキビとした運動神経のいい好選手
だと感じたがLフライでさえ小さく非力な印象を残した。

そんな彼が昨日は確実に成長した姿を見せてくれた。
スキルでは坂田より上だろう。足りないのはやはり決め手、決定力だけだ。

個人的にかなり期待している坂田であるがまた同じ失敗をしてしまった。
とにかく序盤が弱い。本人のせいでなくこれはもうトレーナーが悪いと
苦言を呈する。これがポンサクのカウンターであれば坂田はKOされていた
であろう。

ダウンは相当こたえたように見えた。
体のダメージもさることながら心に効くダウンだ。

坂田の顔には

「あんなに練習したのに・・・なぜ?」

という信じられないような表情と意外と効いてしまったショックが
あったようにおもう。

ここで疑問がひとつ

山口は前半3Rを完全に支配し、ダウン後

「勝負にいってもいいですか?」

と渡嘉敷会長に聞いたそうだ。
すると会長は

「まだいくな。そのうち坂田は勝手に倒れるから」

という指示を出したという(未確認情報)

だがその判断は間違っていたのではないだろうか?
強引でもイケイケで倒しにいってよかったとおもう。

坂田は体のダメージだけでなく心も痛んだはずだ。
そのタイミングで心を完全に折るような攻撃をしなかったせいで
坂田はまたいつものようにゾンビのように復活してしまうのだ。

4R以降10Rを除き全て坂田に採点した。

山口の好調さは相変わらずだが3Rまでと明らかに展開が違う。
本人もセコンドも気づいていたかどうかわからないが
もうそこは坂田劇場である。

坂田の無限のコツコツラッシュに応戦してるだけとなってしまっているのだ。

坂田のスロースタートをどう矯正すればいいのか?
初回からガンガン接近戦を仕掛ければいいという問題ではない。
相手の動きやパンチを確認することも大切だ。
けれど中間距離では坂田は世界王者のレベルではない。
ならば危険を回避する距離 おもいっきり離れるか近づくかで
エンジンがかかるまでは危ないパンチを避けるべきだ。

坂田の出だしはいつも平凡なボクサーのようだ。
もっと自分らしさを出して最初から主導権を握って欲しい。

2Rにアゴを折っても12Rあのパーラを追い詰めた坂田の闘志は
感動ものだがそもそもそいういピンチにならずに試合が
組み立てられたらどんなに安心か・・・

わかっちゃいるけど・・・なんだろうがセコンドは
いまのままでは失格だろう。

毎回序盤に大きなピンチを招く。
これを矯正するのが仕事だろう。

好きな選手なので辛口になってしまったが、坂田のフォームはよく
なってきているようにおもいました。フォーム、バランス感覚に
成長のあとが伺えました。

スタイルが確立したら坂田のようなボクシングでもKOを量産できると
信じています。

これが敵地で山口が黒人選手だったら
山口に軍配が上がっていたかもしれない。
坂田が主役という雰囲気が全体にあったし
ジャッジ全て日本人という幸運にも恵まれた勝利だ。

山口には是非またチャンスを与えて欲しい。
VSブライム・アスロウム?是非見てみたい。

渡嘉敷ジムはなかなかやるな。
素晴らしいファイトでした。


スポンサーサイト
 
2008/03/30 19:20|日本TB:0CM:4
コメント
先日はお疲れさまでした。
実はまだこの試合見ていないのですが(笑)、例えば新井田が序盤は相手の癖や反応を見極めるのに費やすのに対して、坂田の場合は単にエンジンのかかりが遅いだけなのが気になります。速攻型のハード・パンチャーと戦ったら一抹の不安がありますね。
チャベスのボディ・ブロー #-|2008/03/31(月) 11:23 [ 編集 ]
お疲れさまでした。
坂田は冷静だと弱い気がします。
ピンチになり、形成逆転するしかない局面になると強引にインファイトしペースを握ります。
普通のアウトボクシングでも通用した日本ランカー時代のくせでしょうか。新井田ほどの目のよさ、勘のよさ、スピードはないですからね。けれど少しずつ総合力は上がっているようにもおもえます。長く活躍して欲しいのでこの欠点は早く直して欲しいですね。
管理人 #-|2008/03/31(月) 12:50 [ 編集 ]
亀だの試合はふたを開けてみると相手の実力にがっかりということが多いですが今回の山口のように戦績以上にナイスファイトを見せる選手や勢いにのった選手との対戦を期待したいですな。・・・ないだろうけど。
ボコボコ #-|2008/03/31(月) 19:50 [ 編集 ]
新井田はスピードがあるので前回の試合では様子を見ながらも要所で相手をロープにつめて速くて強いボディなどを見舞っていましたね。成長したなぁと感じましたし相手は1Rのボディが相当効いたと告白してました。空振りでもいいから1Rから相手を怯えさせる何かをかましてやった方がいいとおもいます。
管理人 #-|2008/03/31(月) 19:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/249-7019f74f

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。