海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

フェルナンド・モンティエルVSマーチン・カスティーリョ 

montiel.jpg


WBA/North-America/S・フライ級王者
第10代WBO世界フライ級王者
第9代WBO世界J・バンタム級王者
第12代WBO世界J・バンタム級王者
フェルナンド・モンティエル(メキシコ)
FERNANDO MONTIEL
38戦35勝(26KO)2敗1分

NABO北米S・フライ級王者
USBA全米S・フライ級王者
暫定/第15代WBA世界S・フライ級王者
マーチン・カスティーリョ(メキシコ)
Martin Castillo
35戦33勝(17KO)2敗

WBAのアレクサンデル・ムニョスや
WBCのクリスチャン・ミハレス

に歯が立たない日本勢だがこの階級のナンバー1は彼

フェルナンド・モンティエル

だ。

この試合は玄人筋にはたまらない対戦だ。
なにしろ相手のカスティーリョは元世界王者であり
ムニョスに2戦2勝だ。
プロでの2敗は共に負傷で不運なもの。
(1敗は名城戦だが微妙な幕切れであった。)

さらにはレベル高きメキシコのオリンピック代表である。
たしかに非常にハイスキルなボクシングを見せる。

そんな両雄が激突した。

結果はなんとモンティエルの圧勝に終わった。

すさまじくハイレベルなフェイントのかけあいで見ごたえが
あるがモンティエルの方が身体がキレている。
パンチが速くてシャープでコンパクトだ。

リカルド・ロペスに通じる芸術点の高いボクシング。

この頂上決戦をほとんど無傷の圧勝で終えた。
残るは同国のミハレス戦のみか。

ミハレスの評価が非常に高いけれど
経験、センス、パンチの切れ、芸術点全てにおいて
モンティエルに軍配が上がるのではないだろうか。

こんな猛者がWBOでよかったです・・・かね。

管理人のかなり好みのボクサーでしたが
今まであまりいい動画がなく紹介できませんでした。
今回やっと記事が書けました。

けれどあのカスティーリョにこんな一方的な勝利とは・・・
顔面もボディも完璧に打ち抜いています。

あっぱれな強さです。




スポンサーサイト
 
2008/02/20 21:30|メキシコTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/238-afc33e40

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。