海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

日本最強の格闘家 

今カナダで行われているボクシングのアマチュア世界選手権で
Lウェルター級の川内将嗣選手がベスト4まで勝ち残り、
銅メダル以上と北京オリンピックの出場権を獲得した。

しかもアテネオリンピックの金メダリストを下してのことだ。

これは歴史的な大ニュースだ。

世界選手権でのメダルはといえばおよそ30年前の石井幸喜選手の
銅メダル以来だそうだ。

オリンピックでのメダルはといえば

1960年の第17回ローマ大会ではフライ級の田辺清選手(中央大学)
が日本初の銅メダルを獲得

続く第18回東京大会ではバンタム級の桜井孝雄選手(中央大学)
が見事金メダルを獲得

第19回メキシコ大会ではバンタム級の森岡栄治選手(近畿大学)
が銅メダルを獲得しているだけです。

実に40年近くの月日がたとうとしています。

アマチュアボクシングの世界一はある意味プロでの世界チャンピオン
より険しい道だ。

競技国、競技人口、世界一の確率がはるかに多く高く狭いからだ。

アメリカやヨーロッパ、科学的トレーニングを積んだ旧共産圏の
独壇場の世界だった。それはもはや次元の違うサイボーグのような
人間の戦いと化していた。

その砦にひとりの日本人がついに風穴を開けたことになる。
柔道などの国技?ならいざ知らずこの快挙は陸上100メートルで
メダルをとるのと同じくらいの意味をなす。

川内将嗣
102戦96勝64KO6敗

日本最強の格闘家?がこんなところに存在することを
胸に刻んでおこう
スポンサーサイト
 
2007/11/03 00:44|日本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/186-575140c8

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。