海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

内藤大助VS若者 

第55回東日本フライ級新人王/第45回全日本フライ級新人王
第49代日本フライ級王者
第35代OPBF東洋太平洋フライ級王者
第36代WBC世界フライ級王者
内藤 大助(宮田)
Daisuke Naito
36戦32勝(20KO)2敗2分


内藤勝利の結果には一安心だが
ひどいレベルの世界戦となってしまった。

個人的に一番興奮したのは
内藤の入場の「ロマンチックが止まらない」と
ゴング前に弱小ジム宮田会長が亀親父にまけじと
ガンつけにらみ合いをしていたところだ。
この瞬間やっと八百長はないかもとおもえました。

ボクシングをしないで体力ばかりつけていると
亀2のようなさまになる。

自分の強さを信じて疑わない喧嘩自慢の素人なら
あんな感じだろう。


けれどこれはボクシングの世界タイトルマッチだ。
ルールがあるスポーツだ。

反則ばかりでスポーツマン精神のかけらもない。

世界にまたひとつ日本の恥をさらしたことになった。

昨晩は内藤大助という歴戦のプロボクサーが
腕自慢の無礼な若者を異種格闘技戦で相手した

ような試合でした。

何も手を出せず最後はやけになって反則を繰り返したのは

「あれ~いつもと勝手がちがうやんけ、突進するだけで
おとなしくさがってくれるはずなのに内藤は手を出してきよる、
自慢の宇宙パンチ当てさせてくれる隙がないやんけ~
父ちゃんこんなん聞いた話とちがうやん」

てな感じでいつも楽に勝たせてくれる相手と対応が違うので
混乱してしまったものとおもわれます。

八百長のような試合でも勝ち慣れてくると
自分は強いと過信してしまうのだと彼らをみていておもいました。

今日また日本ボクシングが冒涜され、その権威は失墜した。

naito6.jpg
naito1.jpg
naito2.jpg
naito3.jpg
naito4.jpg
naito5.jpg
スポンサーサイト
 
2007/10/12 13:52|日本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/172-8253c215

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。