海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

アレクサンデル・ムニョスVS相澤国之 

アレクサンデル・ムニョスVS相澤国之

相澤は大健闘したがチャンピオンの壁は厚かった。
判定は平等というよりムニョスよりでした。

バレロVS本望戦でもそうですが

パワー、体力、迫力がやはり
猫とライオンくらい違う。

そのパワーを前に前半は守るだけでタジタジな感じでしたが
中盤以降はそのタイミングやリズムにも慣れ、技術戦では
かなり拮抗した戦いになってきました。

最終11,12Rでは逆に相澤の方が前にでてプレスをかけて
いました。

相手のボクシングに慣れればあそこまで順応できるのだから
相澤にキャリアが伴えば世界は超えられぬ壁ではないと
おもわせる戦いでした。

いままで未見でしたが相澤はやはり日本ではトップレベルの
技巧のボクサーだと関心しました。

けれど軽量級でもパワー依存の傾向が強くなってきた
最近の世界ボクシングの流れにおいて

長谷川や新井田のような抜群の運動神経やスピード
坂田のようなスタミナと手数
内藤や徳山のような距離と間合い

など何か突出した能力を備えなければ世界の壁は越えられないと
痛感するのでした。

ムニョスに採点が傾いたのはやはりパワーの差です。
それほど差がないラウンドでも相澤にポイントを与える
説得力はなかった。

負けは負けですが大差を気にする必要はない。
相澤は段々よくなってきたので何か手ごたえは掴んだと
おもいます。

_MG_5758a.jpg

スポンサーサイト
 
2007/09/24 15:33|ベネズエラTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://boxingmania.blog95.fc2.com/tb.php/168-e2c167f7

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。