海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ビタリ・クリチコVSアルバート・ソスノフスキー 

第4代WBO/Inter-Continental/ヘビー級王者
第64代EBU欧州ヘビー級王者
第10代WBO世界ヘビー級王者
第66代EBU欧州ヘビー級王者
WBA/Inter-Continental/ヘビー級王者
第23代WBC世界ヘビー級王者
WBC世界ヘビー級名誉王者/EMERITUS CHAMPION
第27代WBC世界ヘビー級王者
ビタリ・クリチコ(ウクライナ)
VITARY KLITSCHKO
41戦39勝(37KO)2敗

アルバート・ソスノフスキー(ポーランド)
45勝(27KO)2敗1分

昨日の試合、ヘビー級に君臨するクリチコ・ブラザーズの兄、
弟のような打ちのめされての敗北がなくより頑丈に見えるのでヘビー級No.1と評価していますがたぶん今は弟の方が強そうです。

パンチの強さは同じくらいでも弟の方が速くて上手いです。

兄貴はいくらなんでもボクシングが雑、固すぎ、スタミナももうやばそうです。
しかし体格差、尋常でない拳の硬さでもって孤高の世界をひた走ってます。

ガードもいらない、ただ相手を見下して(見下ろして?)ストレート系のまっすぐなパンチをボコボコ振りおろせば皆倒れていく、そんな大味なボクシングですが、たぶん円筒状の穴を穿つボーリングさながらにその拳は硬く重いのであろう。この日のソスノフスキーといい、弟とやったエディ・チェンバースの最後といい、もうなぶり殺されたようなエンディングである。

これがやや退屈でもあるスーパーヘビー級の現実、残酷であろう。
この兄弟だけはちょっと異質な人間だ。

しかし、ビダリのスタミナ不足と後半のスピードのなさを見るとデビット・ヘイあたりの速くて思い切りのいい若手に屈するのではないかと感じた。

己の特別な能力を過信し、そんなに過酷な練習はしてないんじゃないか、もう40歳手前だからそろそろ終わりか・・・

圧勝でもそんな気がする試合でした。





 
スポンサーサイト
2010/05/31 17:34|ロシアTB:0CM:2

Sバンタム最強伝説 

日本人王者が軒並み破れ、
内山なんかが世界でも骨太なボクシングでファンの期待を引き付けてくれてますが
やはり今(王者限定で)日本を背負ってるのは

西岡利晃

でしょう。

自分、個人的思い入れ含めて一番応援している選手です。

ジョニゴン戦以外はまぁ勝てる相手に無難に勝ったといえる内容でしたが
華麗なスピードキングだった日本時代から今は慎重でいて鋭いモンスターレフト
ベテランの試合運びとなり速さより強さを増すたくましいボクサーに成長したとおもいます。

その西岡のSバンタムですがカバジェロやロペスが階級上げて
新たな時代となってきました。


プーンサワット・クラティンデーンジム


西岡利晃


スティーブ・モリター


ウィルフレッド・バスケス・Jr

という王者の顔ぶれですが誰が一番強いでしょうか。


個人的には

プーンサワット・クラティンデーンジム
ウィルフレッド・バスケス・Jr
西岡利晃
スティーブ・モリター

かなぁっておもいます、もっと西岡を上にあげたいし全部にKOで勝てる能力はありますが。

あくまで個人的な印象でバスケス・Jrってそんなに深みがないかもしれないと感じてもいますがあの親父からしてすごい豪腕だったんで彼のパンチは恐ろしいだろうなぁ。プエルトリカンだから上手さもまぁあるだろうし・・・

先日期待の木村を退けたプーンサワットですが、見てないですがたぶんアイルランドのバーナード・デューンを倒した時のように圧力と重い連打で木村を粉砕したんだろうなっておもいます。
いやんなっちゃうくらいタフガイで穴のないやつだとおもいますが、今後どうなっていくのか。

西岡はスタイルが丁寧で相手をさばきながらパンチを打ち込むスタイルに変わってきています。
ある程度相手にパンチを打たせてから打ちます。バンゴヤンはパワーもある実力者でしたがそれより屈強そうなプーンサワット、バスケス・Jrにも同じボクシングで迎え撃てるか。

次回、指名戦だといわれるムンローは大雑把にいえばバスケスっぽい選手なのでタフな試合でもクリーンに華麗にガツンと決めて欲しいです。

誰でも一撃で倒す左の精度に磨きがかかっている西岡、今後も順調に防衛を重ね、いつかこれらライバルを打ち落として欲しいものです。そしてたぶん可能です、彼なら。

そしてリコンドゥという怪物が控えてますね。
西岡にはそういうやつらとの最終決定戦まで駆け上がって欲しいです。あぁ夢があるなぁ。

映像は昨日のバスケス・Jrの試合、相手は無敗のオリンピアンでした。
技術的な隙はありそうな彼ですがやはりプロらしい決定力、華があるなぁ。

 
2010/05/31 14:21|未分類TB:0CM:4

各階級の最強は誰だろう 後半 

こういう無責任な妄想が一番楽しい。
前回、コメントありがとうございました。

あまり日本人となじみがない後半ですが妄想のおつきあいを・・・

W
フロイド・メイウェザー・Jr

パッキャオだろうと書きたいところですが、メイのディフェンス、危険回避能力は宇宙人並だ。勝ち負けに拘るとメイウェザーだろうとおもってしまうのだ。すっかりウェルターに順応しここでもまだパワーを感じるパッキャオだがどうしても彼がウェルターとはおもえないのだ。


SW
セルゲイ・ジンジラク

パーフェクトだから評価せざるをえない。長谷川は彼のような安全志向も考慮に入れてはどうか。
どんなパンチャーだって冷静にジャブで迎え撃って決してトラブルに陥らない。
いよいよアメリカにやってきて名誉を手にする時が来た?


M
セルヒオ・ガブリエル・マルチネス

ポール・ウィリアムスと両横綱か。しかしウィリアムスがどの階級が適正なのかわからん。全てのサウスポーの手本となるボクシングであり一部天賦の才のあるものしか出来ないスタイル。かっこいいしボクシング年齢が若いのでまだ強くなるかもしれない。アルゼンチンが生んだ奇跡のスタイリッシュだ。


SM
ルシアン・ブーテ

スーパー6回避で選んじゃまずいか。やはり無敗のアンドレ・ウォードの方が負けないボクシングはうまいかもしれない。アンドラーデ戦で負けに等しい試合を演じてしまった過去があり磐石とまではいえないかもしれないが、力強くて巧く欠点は見当たらない。カルザケレベルにはなれないかもしれないが自分はカルザケより好きだ。


LH
チャド・ドーソン

この辺になるとあまり語れない王者が多いが彼が能力で抜けていることだけはわかる。
この階級でたった一人軽量、中量級のような肉体的アジリティを誇っている。
階級が人気薄、能力高いのに肝心の試合は判定が多いなどで熱くなりきれないもどかしさがある。


C
ゾルト・エルディ

もうわからん。本当はデビッド・ヘイだろうがもはやヘビーだし。戦績で選んだ。
すごい戦績だし強いんだろうがたぶんロシアあたりのホープにもっと強いのがいるだろう。


H
ビタリ・クリチコ

弟の方がヘラクレスっぷりがすごいし能力上位な気がするが兄貴の方が頼もしいのだ。
レノックス・ルイスとの戦いは残念な幕切れだったがすごかった。後半どうなるかわからなかった。
最近つまらないと嘆くヘビー級だが彼ら兄弟がスーパーヘビーの新時代を作ってしまったからだ。
むしろ彼らの後のヘビー級が心配だ。

 
2010/05/29 13:13|未分類TB:0CM:3

各階級の最強は誰だろう 

団体数あれど全部統一戦するわけでもなく
最近ではIBFやWBOの方がまともに見えたりして
よく妄想してしまいます。

至上最強とかでなく、現役で

Mm
ローマン・ゴンサレス

仕上げによって、相手によってまだ波はあるけどその強さ、才能は圧巻です。
IBFの二コシナシ・ジョイが気になりますがあまり見てないで評価はできない。

LF
イワン・カルデロン
こまねずみのようで好きにはなれないけれど評価せざるをえない。
よりダイナミックで直球の才能を感じさせるロデル・マヨールをあげたいが結果が全てという意味で彼はまだ一流ではない。


F
オマール・ナルバエス
小さくて怖くないが立派なものです。具志堅に似てるとおもってますが彼はより打たせないマエストロ。
昇り竜のルイス・コンセプションとの試合が見てみたい。


SF
ノニト・ドナイレ
どこまで芸術度を高めるか、レジェンドになれるか、そういう能力の持ち主で抜けてます。


B
フェルナンド・モンティエル
天才であるがイケイケすぎて時折打たれるのですが長谷川戦の緻密なボクシングと破壊力でやはりナンバーワンである。

SB
セレスティノ・カバレロ
やりにくい上、ボディ、ストレート、アッパーともに恐怖。日本人が挑んだら50%の確率でアゴを破壊されそうである。見栄えのいいボクサーではないのでいつの時代もヒール役だろうが。


Fe
ユーリオルキス・ガンボア
もうこのキャリアで最強と言っていいのか・・・しかしジョンよりロペスより強く見えてしまうから困る。


SFe
内山 高志
以外と今はすごい王者が君臨していない。内山かホルヘ・ソリスかロマン・マルチネス、ビタリ・タイベルトは少し評価が下がる。マルチネスをあまり知らないので暫定内山でいいか。


L
ウンベルト・ソト
誰とやっても胸を貸すような存在感がある。決して速くはないが重厚でいて屈強。上の階級でうちのめされるか。


SL
デボン・アレクサンダー
最激戦区。よくわからない。ウィッター戦、ウランゴ戦の漫画のようにかっこいいボクシングに惚れた。しかしブラッドリーも反則のファン・グスマンも若大将アミル・カーンも捨てがたい。マイダナは魅力的だがライバル全部に勝てるとはおもえない。亡きバレロがいたら彼を一番に押す。


以上ただの妄想・・・
以後続く・・・か
 
2010/05/28 11:43|未分類TB:0CM:5

明日の注目試合 

明日は興味深い試合があります。
2試合だけピックアップ。

イスラエル・バスケスVSラファエル・マルケス


これはSバンタムなのかフェザーなのかわかりませんが両者の決着戦となります。
顔だけ見ると激闘の後遺症が見えるバスケスですがガッツと後半の強さでやや勝る彼が有利かな。
長い休養期間でより練習しコンディションのいい方が勝つでしょう。
激闘必至、これが見納め?両者の健闘と無事を祈ります。

彼らがのんびりしている間に強い王者が君臨しています。それらに勝る実力を有しているか見ものです。


ヨニーペレスVSアブネル・マレス

無敗の有望選手同士の激突。懐深く手数もパワーもあるペレスは難航不落だとおもいます。
が世間はマレスの応援が勝っているでしょう。
GBプロモーションの一押し、メキシコの天才型の面影を見せるマレスの真価が問われる試合です。
こういう状況だとがぜんと人気薄のペレスを応援したくなります。


日本人にも有望な選手が多い階級なので非常に興味深いです。



結果

ラファエル・マルケス3RTKO勝ち



バスケスは目じりのカットが酷く、往年の馬力空しく敗れました。
もう普段の顔からしてボコボコで目じりあたりはかなり負傷の跡が痛々しくなっていたのでこれで引退でいいのではないでしょうか。激闘のつけで戦うたびに大流血となってしまうようです。
彼の魂こもった男らしいファイトに感動を与えられました。
体格的にも大きくはなかったですが真っ向勝負の打ち合いで打ち勝つど根性ファイトは最高でした。

この日のバスケスの完敗ぶりは残念でしたが逆にマルケスは素晴らしい仕上がりでした。
フォーム、パンチの軌道がきれいでよどみなく強いパンチが出る、こんなきれいな選手でしたっけ。
サラゴサにトレーナー変えたようですが素晴らしく強いとおもいました。


ヨニーペレス 0-1 引き分け アブネル・マレス

やはりハイレベルな激闘だったようです。マレス本物ですね。再戦でライバル関係となるか、別路線で世界を目指すのか、彼がトップレベルのバンタム級であることが証明されたようですね。メキシコは層が厚い!















 
2010/05/22 17:29|メキシコTB:0CM:4

木村VSプーンサワット直前 

暫定~第6代PABA/バンタム級王者
WBA/Fedelatin/バンタム級王者
暫定WBA世界バンタム級王者
第5代PABA/S・バンタム級王者
暫定~第29代WBA世界S・バンタム級王者
プーンサワット・グラティンデーンジム(タイ)
Poonsawat Kratingdaenggym
41戦40勝(28KO)1敗

第29代日本S・バンタム級王者
第34代日本S・バンタム級王者
木村 章司(花形)
Shouji Kimura
28戦23勝(9KO)3敗2分


この世界戦でもって一旦休息でしょうか、日本勢。

ビッグマッチを目指すプーンサワット陣営のカモとしてお呼びがかかったのが事実であろう木村ですが頑張って欲しいものです。

直前情報によるとこれがラストチャンスとばかり玉砕覚悟で倒したいようだ。

花形会長も

「木村はパンチがあるのに防御することを意識しながら打つから強打が打てない。」

みたいに言っており確かにそうなのかもしれません。
しかしそこが木村のよさでありディフェンスは日本屈指だ。

木村の3敗はいずれも判定で相手の根性に押されたような内容ばかりです。

日本ではかなりのテクニシャンですが悔いのないファイトを期待します。

しかし相手のプーンサワットというのが木村と相性よさそうだから悩ましい。
重厚な攻撃力とパワー、アウトボクシングもそつなくこなす穴の少ない王者です。
木村に期待は大きいけれどどこか本田VSポンサクとかぶって見えてしまう。

こういう相手に対してはKOは狙わずスピードと技術でとにかくランナーに徹した方がよさそうですがいつか捕まりかねないしそのスタイルでは敵地タイでベルト奪取は厳しいかもしれない。

パワーは過去戦った仲里(引き分け)並みにある上総合的な完成度はグッと高いときている。

しかも今タイは危険な状況だ。

体力がありまじめで調整ミスも油断もありえないプーンサワットだが、まだアジアレベルの世界王者にみえてしまうのはそのボクシングが愚直で華がない、スピードも並程度?に見えるからか。

作戦がはまれば勝てるのではないかという淡い期待も抱く。

長谷川であれば屈強で穴の見えないタイ人であれどスピードと反応速度の違いでプーンサワットにボクシングをさせないで完勝というイメージが沸くが木村もこのようなボクシングができるだろうか。

同じリズムで打ち合ってはいけない。木村の方が出入りもスピードも上でなくては・・・

木村はどう戦うのだろうか、スピードと防御でイライラさせてガンガン来るタイ人にガツンとカウンター

これが一番理想的だが・・・

かなり気になる試合です。

速報:4Rに3ノックダウンで木村負けとのこと。

うーんディフェンスマスター木村が3度もダウンするとは?初回も?
やはり王者はかなり強い。今後本場アメリカで試合するとか。

こうなりゃバスケスJrかイスバスVSラファマルの勝者でしょうか。
西岡とか下田とかもいるし対戦しやすい王者ではありますが、強そう・・・

オーレードンにポンサクにプーンとタイも屈指の王者が君臨しております。

 
2010/05/19 19:24|タイTB:0CM:2

内山高志vsアンヘル・グラナドス 

注目の初防衛戦は内山の理想的なKO勝利となりました。

前戦負けている相手できっちり勝っておかねばならない試合でしたが
懸念された体格差も全く感じさせない快勝でした。

この内容であれば前回のリカル・ラモスVSグラナドス戦より強く王者らしかったといえるかもしれません。

フィニッシュは総合格闘技のロシアンフックみたいな軌道で本当に内山って腕力がすごい。

内山は自分としては不思議なボクサーで、世界を観なれている目線ではスピードやフォームにスタイリッシュなものはあまり感じないのですが慎重でいて硬質なパンチを武器に試合のペースを作れる選手です。

防御にも気を使っていてまず基点となるジャブで相手をコントロールしプレッシャーをかけた状態から次の攻撃を仕掛けていくので危ない被弾も少なくポイントメイクも出来てしまう。

そういうボクシングが出来るのは豊富なアマキャリアで培った距離感やフェイントなどがしっかりしているからだとおもいますがやはりジャブやボディ、空振り、もみ合いなどでも大変なパワーや体力があり相手が警戒、萎縮してしまうからであるとおもわれます。内山と対峙すると安易な打ち合いができなくなってしまうのかもしれません。
そこがよくいる日本のトップアマチュア出身者とのさらなる違いだろう。

サルガド、グラナドス共に大柄でオーソドックスでややスローな選手でしたので、今後はもっと動きが速くテクニカルな選手相手にどう戦うかが注目です。

畑山の時は階級的に屈強な選手が多い中で彼はアウトボクシングを捨ててファイター化して対応してましたが、小堀といい内山といいパワーでまったく見劣りしない日本人というのは頼もしいです。

暫定王者のソリスやリナレスはじめ大変な実力者が多い階級ですので今後楽しみです。

中継ですがお母さんの話はいいから河野とか福原の試合が見たかったです。







 
2010/05/18 11:41|日本TB:0CM:2

注目試合続々 

本日注目の試合

アミール・カーンVSポール・マリナッジ

カーンがポイント優勢の中11RTKOでマリナッジに快勝。
逃げて巧いマリナッジを倒したのはすごい。
これでマリナッジの毒舌も終了か。

ビクトル・オルティスVSネート・キャンベル

ややおとなしいボクシングながらオルティスの一方的な判定勝利。
マイダナ戦の撃沈からいまだやや弱気?
でも大変な実力者です。

マイケル・カシディスVSケビン・ミッチェル

日本人の奥さんを持つといわれるカシディスの剛打爆発で3RTKO。
KO勝負だとやはり強い豪腕、ミッチェルは無敗のホープだったがやはりカーンの域ではない?

昨日の試合

セルゲイ・ジンジラクVSダニエル・ドーソン

堅実なボクシングで危なげなくジンジラクが10RTKO勝利。
優しいお兄さん風情のジンジラクだが本当に鉄壁、長谷川もこのくらい慎重にやればいいのでは。

動画を探してみます。


いよいよ、パッキャオを中心とした時代が動きつつあるような気配です。
古豪は新鋭に軒並み敗れています。

亀海を含めたSライト級が熱すぎます。

 
2010/05/16 13:00|その他TB:0CM:3

内山高志VSアンヘル・グラナドス 直前 

内山注目の初防衛戦

相手は規格外の長身選手だが戦績は世界ランカーとしては物足りない。
ここは勝って王者としての地固めをしたいところだ。

アンヘル・グラナドスはKO率は高くないが早い回のKOが多く一発は秘めているだろう。
こうした大柄なボクサーは当日は増量してウェルター級くらいあっても不思議ではない。

一発の破壊力や連打では内山が上であるとおもわれる。
サルガド戦では距離感もたくみであまり出てこないにも関わらず出てきたときのパワーがすさまじいのでサルガドはやりづらそうだった。

決してファイター型でない内山だが試合はロープ、コーナーに相手を押し込んだところでのクリーンヒットが鍵となりそこから怒涛の仕留めとなりそうな予感がする。

体格で勝るグラナドスが下がることなくプレッシャーをかけ、手数も豊富だったら手を焼くだろうがそうさせてはならない。体格の利を感じさせないプレッシャーをかけたいところ。

顔面を殴って豪快KOというロマンは大事だがこういう相手にこそボディが有効で内山のボディというのはまさにダイナマイトだ。日本人で一番恐ろしいボディを放つんじゃないだろうか。

暫定王者にホルヘ・ソリスがなぜか君臨しており、グラナドスを破ったリカル・ラモスに勝利して戴冠、防衛戦でも実力者マリオ・サンチャゴ(ルエバノと引き分け、コンセプションに負け)を大差判定で破っている。

パッキャオと戦ったこいつこそが内山にとり邪魔なライバルであろう。

見栄えの速さはないが頭脳派で技巧派で破壊的なパンチャー、紳士内山が男らしくかっこよく豪快に勝ってくれると信じている。

今日は

セルゲイ・ジンジラクのアメリカデビュー戦があります。
鉄壁防御とその堅実なボクシングで穴の見えない全勝王者の試合内容も気になります。

 
2010/05/15 13:31|日本TB:0CM:0

ホアン・グスマンについて 

この選手に魅了されてずいぶん年月が経つ。

しかし実力者でいてこれほど尊敬できないボクサーというのも歯がゆいものだ。

2度の試合(キャンベル戦・アリ・フネカ戦)ではかなりのオーバーウェイト。
勝つために手段を選ばないせこいやつだ。
フネカ初戦で負けに等しい試合をしたのでこの大型選手を攻略するにはこれしかないという確信犯か。


Sバンタム時代はリトル・タイソンのニックネームで、風貌、踏み込み速度、破壊的パンチで怪物が出てきたなぁ。AやCでなくてよかったなと感じましたがブクブク太っていまやリトル・メイウェザーのように呼ばれ、速さとディフェンスの上手さで判定勝ち逃げするスタイルが定番となってしまった。

もはやライト級の体重も作れない(作らない)のでリトルの名はただチビだというだけで重さはメイウェザーと変わらないだろう。

練習でも強すぎて抜けた存在感だそうだが、ドミニカン至上最高のボクサーでありそのポテンシャルの高さはもう十分わかってるので今後は気持ちを改めてもらいたい。

今後同じことを繰り返すならリングに上がる資格はないであろう。

贔屓の選手だけに残念である。 
2010/05/12 12:21|ドミニカTB:0CM:8

ノニト・ドナイレについて 

ドナイレかドネアがドネールか、なんて表記していいかわかりませんが
彼を軽量級No1と評価する方が多いようです。

パッキャオ効果でフィリピンに新鋭がたくさん出ていますが彼こそが大本命でしょう。
ダルチ戦での強烈なKO劇、そこに至るボクシングの質、その後の防衛戦での強さ、上手さ・・・
ファンを魅了するスタイリッシュなカウンターパンチャーです。

今後ビッグマッチが待っていることは間違いなくその評価を証明する舞台にいるといえるでしょう。

私も彼の出すパンチが全てカウンター、しかも久高のように手数、アグレッシブで劣ることのない芸術度の高いボクシングには魅了されていてかつて

モンティエルVSドナイレ

が究極の見たい試合であり、モンティエルの攻勢の後にドナイレがカウンター決めて勝つんじゃないかとおもっていましたが現在は少し見方が変わりました。

ライバルたちとの対戦があるとすればバンタム級でしょうが少し体力、体格的に余裕がないような気がしてきました。

体重超過したラファエル・コンセプションとの試合でその気持ちを強くしました。
テクニックはさすがでしたが、圧力が止まらない、打ち返してくる相手の体力に手を焼き消耗した試合でした。
といっても相手は勝つためにルールを犯した確信犯でしたが。

そして恐らく風貌からして打たれ脆さはきっとあるはずです。

そして先日のモンティエルの長谷川との試合を見て

相手が実力者ならばモンティエルはポイントを取られてもミスを犯さず慎重でいて一瞬のチャンスも逃さない頭脳的なボクシングができることに関心しました。

これだけの引き出しを持っていれば左右全てのパンチでは勝るモンティエルの総合力の方が高いのではと感じました。

近い将来にこれらライバルたちとの試合が実現し誰が最強かの決着が見れればいいですね。

極めて芸術度の高いドナイレですが、バンタムで実績も体力もある実力者相手にこれからまだまだ証明すべき点がたくさんあるとおもいます。

芸術度の高いカウンターパンチャーとして久高を例えに出してしまいましたが、彼も今のスタイルを極めるなら目指せドナイレで頑張って欲しいです。あの完成度はちょっと厳しいでしょうがであればより試合を支配できる新たなテクニックなり体力をつけたスタイルを構築して欲しいです。 
2010/05/12 12:05|フィリピンTB:0CM:9

出でよ次のチャンピオン 

亀田、長谷川、名城の王座陥落でいよいよ軽量級も動きが出てきたように感じる。
また再起するだろうし、有望な選手もいるので気持ちを切り替えて新たな世界路線を楽しみたいとおもう。

IBF、WBOというのはまだ無理っぽいのでAとCしかないわけだが

ポンサク
(おなかいっぱい)

コンセプション
(見たい、強い、でも日本に来るかな)

亀2
(・・・・・・次があるのか)

カサレス
(ここが一番食い込めるか、でも本人は実績ある元チャンプだし本国やアメリカでの試合を優先しそう。)

ダルチニアン
(呼べないでしょう、海外挑戦も受けてくれるかどうかの存在)

ドネア
(呼べないでしょう、海外挑戦も受けてくれるかどうかの存在)

モレノ
(日本人には曲者です。すでにかなり実績作ってる)

モンティエル
(悔しいが彼には大きな試合を臨みます。日本人で敵うのはやっぱり長谷川しかいないのだ。)

カバレロ
(日本人はやりたくないでしょう。ビッグマッチへ行くべき存在)

プーンサワット
(対戦は容易そう。強いがなんとか攻略すべき王者、木村頑張れ)

西岡
(今の路線で頑張ってもらいたい)

クリス・ジョン
(方向性がわからない)

ガンボア
(呼べないでしょう、海外挑戦も受けてくれるかどうかの存在)

エリオ・ロハス
(方向性がわからない)

こんな感じで簡単にタイトル取るどころか挑戦も難しそうな状況であると感じます。

長い間、長谷川に日本のエースとして引っ張ってきてもらってましたし、まだその信頼は揺らぎないですがそろそろ次のホープに台頭してきて欲しい状況です。

この世界戦線に絡むのが内藤や坂田のような古豪ばかりではちょっぴり寂しい。

フェザー以上は内山と亀海、(一応粟生と細野)
フライ以下は井岡とかいるけれども最短とか興味ないし今のままでは獲っても長持ちしないだろうとおもうので割愛、その他にも夢のある選手が出てくればいいが・・・

この中で次、誰が出てくるんでしょうかね。

その辺が最近気になります。
もちろんまだまだ素晴らしい選手はいるとおもいますが・・・

個人的には大場を応援しています。
 
2010/05/11 14:48|日本TB:0CM:5

悶々 

長谷川の敗戦、試合内容のレベル、緊張感からまだ開放されない状態でいます。

メイウェザーVSモズリーのビッグマッチでさえあまり熱狂できませんでした。

長谷川に続き、名城までもがモンティエルの同僚カサレスにもタイトルをもっていかれゼロか100のボクシングのシビアさが身にしみるこの頃です。

名城戦は見れませんでしたが察するにポイントほどの差はなく、現代ボクシングの採点志向が出た結果ではなかったのかとおもいます。

最近はアグレッシブよりもアウトボクシング重視な傾向が見られます。

名城はポイントを稼ぐボクシングではないので海外強豪にボクシングされると厳しいなぁとおもっていました。
カサレスは試合巧者なので全てを出しつくした前戦を踏まえた再戦では戦術の多様性があったのかもしれません。

名城はパンチも根性もある素晴らしい激闘型のファイターですがキャリアが少ないので一発勝負的なところがあります。海外修行も辞さない構えのようですので今後はキャリアを磨くために即再戦とかでなく実戦を積んだ方がいいのではないかとおもいます。再起に期待してます。

昨日、内藤が無事再起しましたが、スピードと躍動感があってとらえどころのない昔の内藤ではなくよりオーソドックスなローカルファイターのような印象を受けました。オプションがあるのかもしれませんがもうフライ級でポンサクレックとやるのではなく一階級上げて名城の仇、カサレスや新たな王者に挑んだ方がいいのではないかとおもいました。

昨日ポール・ウィリアムスとカーミット・シントロンという興味深い試合があり、粗はあるが可能性を秘めたシントロンが好きなので興味深かったですが微妙な結果となりました。再戦あるでしょう。


内山が今の悪い流れを断ち切ってくれるまでは悶々としそうな近況ですね。 
2010/05/10 10:23|その他TB:0CM:7

久高寛之VSパノムルンレック 

本日タイで行われた試合

パノムルンレック
28勝(15KO)無敗

万年世界1位

久高寛之
18勝(7KO)8敗1分

と戦績はパノムルンレックが素晴らしいですが両者は過去戦い接戦の末久高が判定負け
その後世界戦を2つこなした久高がなんと8RKO勝利とのことです。(未確認です)

これで晴れて世界ランク上位ゲットですね。

このパノムルンレックは1位の割りに世界の舞台になかなかこないので避けられてるというよりは陣営がまだ勝負したくない、どこかひ弱さが隠されているんじゃないかとおもってましたが全勝の1位を破るなんて見事、男ですね。

久高は戦績以上に素晴らしい才能を持った俊才ですが、自分のボクシングスタイルに固執しすぎてカウンターが当たれば勝てるけど乱戦、混戦になったら手数、アグレッシブ負けするボクサーとおもっていたのですが一皮向けたかな。

KOなので得意のスピードカウンターが炸裂したのかもしれませんがこの勝利の知らせはデンカオに勝つよりも意義深いものだとおもいます。

日本人中心のフライ級は嫌ですが実力で勝ちとったランキング、これなら文句ありません。
敗戦多いですが若さも才能もあるんで今後大いに期待できますね。

 
2010/05/04 19:36|日本TB:0CM:5

神の子の決戦 

久しぶりの東京で秋葉原、御茶ノ水、九段下と寄り道しながら向かったら遅刻してしまい、粟生の試合途中からの観戦となりました。

過去最もしびれる試合でした。

長谷川VSモンティエル

やはり大方の予想とは違い、体格もスピードも長谷川有利ということはなくほぼ互角、こんなに高度な選手同士の戦いが日本人絡みで実現するとはおもいませんでした。のけぞって食い入るように観戦しました。

長谷川の仕上がりは最高で、モンティエル相手に前に出て全てのパンチに反応して主導権を握りました。やはり最高レベルのボクサーだと確認できました。

対するモンティエルも反応速度は最高で長谷川の完璧すぎる動きになかなか活路がないものの劣勢でいてずっと展開を模索しているようでした。一生懸命フェイントをかけていましたが長谷川に隙はありませんでした。

モンティエルがポイントで劣勢というのはめったにないことでびっくりしました。

先手で前に出ている時の長谷川のボクシングは完璧だとおもいましたが時折打ち返すモンティエルの左アッパーの精度がすさまじく空振りでも会場はどよめいていました。

4Rまで長谷川が失ったポイントはないとおもいます。予想通りの高度な技術戦でしたがラウンドマスドなら長谷川のフルマークが妥当。

4Rに入りモンティエルの戦術は少し変わったと感じました。リングをより広く使い、フェイントを多用し展開を変えようとする試みが見られました。活路がないから左にスイッチでもするかなと感じた矢先でした。

リナレスの陥落と同じ、一瞬の一撃で勝負が決まりました。情報によると左フックとのことでしたが前のラウンドから時折見せた鋭い左アッパーに見えました。

この一撃で立ったまま失神したかのように長谷川は陥落しました。残り時間を考えたらふっとばされるように倒れてしまった方がよかったとおもえるほど一瞬にして非情なエンディングでした。

放心状態でしたがモンティエルも大好きな選手だったのでおもったほど落ち込みはなく「やっぱりこうなったか」みたいな気持ちになりました。

痛烈に負けた長谷川ですがこの試合はさぞ楽しかったろうなと感じました。
それくらい天才同士の高次元の戦いでした。

負けた長谷川ですが普通に再起して世界を新たに獲るのは難しくないとおもわれます。
どんな相手にどの階級でだけが焦点でしょう。

自分がみた日本人の試合で最もハイレベルなものでした。
両選手に感謝です。

メイVSモズリーももしモズリーが勝つならば今日のような一撃でしょうか。

西岡VSバンゴヤン

磐石の勝利でした。いつのまにかスピードキングに加えてモンスターレフトという称号が追加されてましたがやはりその左を炸裂させました。

体幹を鍛えより安定したスタイルを身に着けた西岡はポイントも確実にとれる素晴らしいボクサーに進化しました。

いままで無敗の快進撃でここまできたバンゴヤンですが技術で太刀打ちできず世界の壁を大きく痛感したでしょう。開き直って打つ荒い右だけが頼りみたいな展開にさせられてしまいました。

その右が2ラウンドに西岡をバコーンと捉えて危ないシーンがありました。西岡につきまとう不安はこういうパンチだけです。あれはちょっと効いたでしょう。
次に予定されるムンローというボクサーもバンゴヤンに似た根性のすごいタイプなので乱戦に巻き込まれないようにクールに戦って欲しいです。

長谷川を攻略したモンティエルのターゲットにもなっているようで、世界王者5人といえど本当に頼れる存在は彼だけという状況ですのでこれからも頼みます。


粟生VSガルシア

途中観戦になってしまいました。
スピード、反応速度が上なので勝てる相手でしたが体力にてこずって苦労したようにみえました。相手が出てくるところに右アッパー、左フック、ストレートという単調な攻めの繰り返しに見えました。パターン化してました。しかし倒して勝ちたいという気概が感じられ、手数も出て押し負けず、KOしたことに成長を感じさせました。

榎戦から確実に進化してます。


ボクシングの醍醐味が凝縮された一日でした。

配布されたパンフレットのモンティエルの記事にこうあります。


「ハセガワの過ちは私を対戦相手に選択したこと。私は彼と体力勝負をして勝つのではなく、メンタリティーとインテリジェンスを駆使して戦う。科学者と対戦すると認識してもらいたい。これまで彼が片付けた相手と私が全く異なるボクサーであると痛感するはず」


まさにその通りでした。

いままでと同じ、イケるぞとおもったハセガワ陣営
手強い、戦術を駆使せねばと心を改めたモンティエル

天才、神の子同士の対戦は結果論ではあるがより経験豊富なモンティエルのインテリジェンスに軍配が上がった。
ずっと長谷川の出方を分析しながらフェイントを駆使し自分のアジャストのタイミングを計っていたということだ。



TVで見直したら印象ちょっと違いました。あの左フックは何なんですかね!すんげぇ!!そして仕留めが速くて正確すぎる。レフリーのストップは当然ですがタオル投げるべきともおもいましたね。










 
2010/05/01 12:17|日本TB:0CM:20

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。