海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

フライ級世界戦 

久高VSデンカオ

デンカオの底がうかがい知れる内容だった。
彼は経験豊富で序盤強いがスピード、スタミナはなく
反則など荒っぽさと馬力でこのような優れた戦績を重ねてきた。
坂田も序盤つかまっていなければ負けなかったであろう。
この王者は日本人の誰かが攻略できそうだ。

久高は相変わらずいいボクサーだがいまのままでは世界は難しい。
手数や自分からボクシングを組み立てる能力が乏しい。
いつも相手にあわせたボクシングとなってしまう。
若いのでまだまだ伸びるだろう。

内藤VS熊

試合には勝ったが勝負では負けたような内容だった。
内藤は熟成されたスタイルだがスピードやキレが落ちてきたようだ。
もっとジャブが出ていれば試合をコントロールできていたとおもう。
熊は上半身はまるでライト級のようだ。パワーも耐久力もすさまじかった。
しかし小兵ゆえ大きなフックしか武器を持たない。これでは採点でリードするのは
難しいだろう。なんかポンサクみたいな顔だった。

アマチュアではもっといい選手、素材がゴロゴロいるであろう中国
いずれアジアを席巻するのだろうか。

内藤が微妙な防衛戦を続けているうちにまたポンサクが指定席についてしまった。
5戦目があるならもう見たくないし返り討ちを食らいそうで厄介だ。
人気者内藤はこれからどうするのだろうか? 
スポンサーサイト
2009/05/27 11:58|観戦記TB:0CM:3

久高VSデンカオセーン 実況 

画像は荒いが一応スムーズに生観戦できるので実況を

セレモニー長すぎ

1R

探りあい。互角に見えるがやや圧力のあるデンカオ有利
明らかに久高より体が大きく分厚い

デンカオ10-9

2R
デンカオ圧力強める
久高や下がりながらカウンターをとる作戦か
デンカオの方がパワフルだ。

デンカオ10-9

3R
このラウンドは互角に見えた。
デンカオのボディをうまくよけて時折仕掛ける久高
久高ひいきで

久高10-9

4R
イマイチヒットしてるのか見えないが
安定したフォームからボディを徹底して狙ってくるデンカオ
それをさばくも時折苦しそうにクリンチする久高
デンカオが地力を発揮してきた。

デンカオ10-9

5R
ジリジリとボディアタックを続けるデンカオ
それをさばきながら久高の左フックがかすめてダウン!
に見えたがスリップの裁定のようだ。
カウンターパンチャーの久高には気の毒な感じ
デンカオは前進してボディ一辺倒
両者に技術差はない。デンカオ安定感はあるが引き出しは少ない。
久高ひいきで

久高10-9

6R
なんとなく久高の調子があがってきたかな
スピード差が出てきた。クリーンヒットはわからないが
久高が下がるシーンも少なく両手でフェイントかけながら
デンカオをコントロールした
ここからだ久高、もうデンカオは怖くないぞ

久高10-9

7R
デンカオが荒っぽくなってきた。
もみあい、クリンチが多い。
荒さに巻き込まれてクリンチ間際のボディを食らう久高
デンカオに余裕がない証拠だ。
反則(注意?)も受けたデンカオ
強引になってきている

デンカオ10-9

8R
同じ展開。
互角に見えるが強引さでデンカオか
久高敵地でこれでは勝てないぞ。
うまさは出てるが攻勢が足りない。
しかし余裕のないデンカオは久高の背中に回り
二度目の注意で減点

久高10-9

9R
やばい。当たってなさそうなデンカオの攻勢で観客が沸いている。
久高も決定打がでない。乱戦もよう。
またデンカオが注意を受けて減点(これが初の減点かも)
デンカオに余裕がないのは明らか

久高10-9

10R
互角に見えるがやはりデンカオの強引な攻めが
見栄えがいいのだろうか?
おされ気味だったが最後に久高が強襲
余力があるなら勝負に出ろ!

デンカオ10-9

11R
もみあいが多い乱戦で画像が荒くクリーンヒットが見えないが
久高が勝負をかけているようにも見える。
コーナーにつめるのも久高
久高のラウンドでいいだろう。

久高10-9

12R
前に出る久高、クリンチして投げ飛ばすだけのデンカオ
久高でいいでしょうこのラウンド

久高10-9

自己採点は?

デンカオ113
久高115

で久高!

でもなんかデンカオが勝ったようだ。

馬力で押すデンカオ
さばいてカウンター狙うもやや消化不良の久高という印象。

ラウンドマスドシステムでつけたら久高の勝ちになってしまったが
敵地ということを考えるとこの差では負けになってしまうのか。

結果は自分でもびっくりだが確かに久高の勝ちも
しっくりこないものがあった。

最後あれだけ元気だったら初回からペースを作って欲しかった。
デンカオは馬力はあるが器用にはみえなかった。

あと少しで勝てた惜しい試合であった。

ドイツとかなら勝ちでもいい内容だった・・・とおもう。

実際の採点とまったく違ってたらごめんなさい。














 
2009/05/26 17:41|観戦記TB:0CM:5

西岡3RKOジョニー・ゴンザレス 

速報です。

西岡3RKOジョニー・ゴンザレス

だそうです。

1R右で軽いダウンを奪われたものの逆に体がほぐれ
3R伝家の宝刀左ストレートでノックアウト!
チャべスはじめメキシコの関係者もアングリだったようです。

最後は西岡ならではの左一閃!
国内できまりまくっていたあの左でした。
ボディに打つと見せかけてのフェイントが効いてます。
一生お宝物の壮絶ワンパンチKOでした。
ゴンザレスもこれほど効いたワンパンチははじめてだったでしょう。

自分のボクシングファン人生の中でも最高の瞬間です。
世界的には一気に西岡がもっともグレートな王者と認識されるだろう。

これで正真正銘、本物中の本物の世界王者だ!


Watch toshiaki nishioka vs johnny gonzalez in ã?¹ã??ã?¼ã??  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

nishioka-gonzalez3.jpg


_coz8905.jpg


 
2009/05/24 14:59|日本TB:0CM:7

日本人の世界戦 

nishiokafight.jpg


日本人の世界戦が続々と決まった。

内藤VS熊

敵地だしオリンピックの活躍も光った中国。相手がどんな進化をしてくるか
わからないが恐らくボクシングではなく強靭な肉体と根性が持ち味の選手であろう。
ボクサーとしての完成度を見せつけ、どんなタフな中国人だろうが内藤はKOせねば
ならない。


西岡VSゴンザレス

これが一番強烈だ。敵地であるし世界の見方からしてゴンザレスが2階級を制し
マルケス弟と戦う筋書きであろう。ジャブの刺し合いでどちらが主導権を握れるのか?
ゴンザレスはイケイケだと強いがいいのを食らうと一気に陥落する脆さもある。
前半耐えてスピードとテクニックでわたりあっていければ西岡が中盤から後半に
ノックダウンが奪える、あるいはKO勝ちも期待できる。
先に被弾したら終わりだ。とにかくゴンザレスのパワーに屈しないことだ。


長谷川VSロチャ

戦績のいい相手だが怖さはなさそうだ。神の領域を目指すなら
涼しい顔でインパクトのあるKOを目指すべきだしそうなるだろう。
そろそろビッグマッチに向かって欲しい。


粟生VSロハス

アマチュア世界選手権銅メダリストという実績が光る挑戦者。
本当かわからないがかつて250勝2敗くらいのアマチュア実績だというのを
見た覚えもある。アマではあのファンマロペスにも勝っているそうだ。
ここで粟生がテクニックでひけをとらず渡り合えることが
できれば世界フェザー級王者として認めてもいいといえるし
ガンボアはじめ強豪ひしめくこのクラスでも期待できる。
粟生が世界でどれほどのボクサーなのかはじめて試される。


高山VSゴンザレス

見た目の印象だと全てゴンザレスが上におもえてしまうが高山は自信があるから
受けたに違いない。この姿勢は立派だ。誰とやってもよく手が出るし直線的だが
俊敏に動きまわり展開を作ってしまう独特のスタイルを持つ高山のボクシングが
はまりゴンザレスをイライラさせてスタミナ切れにさせることができれば勝機も
みえてくるが勝ちきる、倒すまでには至らないだろう。
バレロVS本望、嶋田のようにならないだろうか。
でも面白そうだ。期待もできる。おもうぞんぶん暴れて欲しい。


久高VSデンカオセーン

久高はいいボクサーだ。戦績以上の力を持っている。
芸術点の高いしなやかな動き、カウンター、急所をはずすディフェンス。
しかし組み立てがあまりない。相手に合わせるボクシングでカウンターを
合わせられるかどうかみたいなボクシングだ。
方やKO率以上にパワーを感じさせるデンカオセーン。
スピードはないが安定感がありスタイルを崩さない。
特に前半はデンカオは強いし過去を見た限りタフなので穴は少ない。
デンカオのパワー、敵地のプレッシャーに押し負けず
前半スピードを駆使してポイントを抑えられれば強引に倒しに来る
デンカオにカウンターが炸裂するシーンも期待できる。
戦績、過去の実績から初防衛が手堅い安パイとして久高を選んだとすれば
大きなチャンスだ。
若さを出し切ってスピードで主導権を握って欲しい。
善戦むなしくって感じで敗れるくらいならKO勝負で飛ばすべきだ。

 
2009/05/13 16:05|未分類TB:0CM:6

BOXRECのP4P 

今なんとなくBOXRECを見ていたら
P4Pという項目があり

なんと

内藤が9位
長谷川が10位

にランクされておりました。

たぶんジョー小泉さん関係の影響が色濃くでた結果と日本での人気とおもわれますが
世界の(おそらく)権威あるサイトでこの評価はうれしいですね。

ポンサクを2度退けた、あなたは強いんです。
ポンサクは先日ミランダを一方的に破りました。

http://www.boxrec.com/ratings.php?country=&sex=m&division=P4P&status=A&SUBMIT=Go

WBOが全然評価されてない気もしますし
あの人がいないじゃんってつっこみたくなりますが・・・

映像は
フライ級のホープ
ルイス・コンセプション(パナマ)
です。

格下とみるや超強引ファイトですが、こういうのが正真正銘世界トップランカーですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=mH-ODrTz4eE




 
2009/05/07 13:15|未分類TB:0CM:6

マニーパッキャオVSリッキーハットン 

manny-pacquiao-vs-ricky-hatton.jpg


IMG_19.jpg


第26代OPBF東洋太平洋フライ級王者
第32代WBC世界フライ級王者
第11代WBC/International/S・バンタム級王者
第11代IBF世界J・フェザー級王者
第20代WBC/International/S・フェザー級王者
第27代WBC世界S・フェザー級王者
第32代WBC世界ライト級王者
マニー・パキャオ(比国)
MANNY PACQUIAO
53戦48勝(37KO)3敗2分

英国/中部/S・ライト級王者
WBO/Inter-Continental/S・ライト級王者
WBA/Inter-Continental/S・ライト級王者
英国/S・ライト級王者
第6代WBU世界S・ライト級王者
第17代IBF世界J・ウェルター級王者
第44代WBA世界S・ライト級王者
WBA世界S・ライト級UF王者
WBA世界ウェルター級王者
第19代IBF世界J・ウェルター級王者
IBO世界S・ライト級王者
第13代WBC/International/S・ライト級王者
リッキー・ハットン(英国)
Ricky Hatton
46戦45勝(32KO)1敗

いよいよ迫った今年最大の?ビッグマッチ。
これは非常に予想が難しい。

ハットンの方が戦ってきたクラスが最初から重いし
体力、馬力は上であろう。単なるタフファイターでなく
ボクシングも上手く幅が広がってきている。
パッキャオにとりかつて経験したことのない圧力を与えることは必至だ。

フライ級からはじまってもはや人知を超えたレベルで活躍するパッキャオ。
今回ばかりは地獄のボディをしこたま食らって沈没してしまう可能性も大だ。

しかしライト級デビューのディアス戦、まさかのデラホーヤ戦が
予想に反し圧勝だったため、この大一番もパッキャオを支持せずには
いられない。

ライト級以降のパッキャオは好戦的なスタイルはそのままに
よりスピードと出入りを意識して丁寧なボクシングを構築している。
馬力をややおさえてとにかくスピード差を生かしきって
相手をじわじわ痛めつけていく。
しかも彼独自の本能のなせる業か手数も止まらない。
相手を倒す闘争本能は変わらない。

この戦いが猛者ハットン相手にどこまで遂行できるのだろうか。

パッキャオが勝つとしたらわりと差をつけての後半KO
ハットンが勝つとしたらコンスタンチン・ジュー戦のような泥試合と
なりそうである。

かつてパッキャオがフライ級を陥落した後にIBFなどで驚くような快進撃を見せていた頃
故アガピト・サンチェス戦でバッティングを受けて失速しかけた姿を思い出す。
そういう乱戦になった時こそが彼の唯一の心配かもしれない。
そしてハットンはそういうタイプの筆頭でもある。

どっちのペースで試合が展開されるのか蓋を開けてみなければわからないが
いまや全階級最高峰の称号を得たフィリピンの英雄の圧勝を予想したい。
パッキャオの無限の強さに酔いしれたい。

このような究極の試合の場合やはり重要なファクターはスピードだと思っている。
ボクシングに一番大事なのはスピードだと長年見ればみるほどそう思う。

メイウェザー戦で見せたスピード差こそがハットンの唯一の欠点であり
限界であるとおもわざるをえない。そこから進化しているが・・・

勝った方はアミア・カーンやあのメイウェザーとの試合も予定されているそうだ。

是非パッキャオにはカーンやバレロやグスマンといった次のスターが台頭するまで
トップの地位に君臨していて欲しい。



試合結果

想像をはるかに超えたパッキャオの圧勝であった。
予想通りハットンのプレッシャーはきつく後退気味のパッキャオの序盤であったが
ただ下がるのではなくガードをかため体を柔軟にシフトしながら鋭いパンチを
返していく。これがパッキャオのすごさだ。いかなる時でも攻撃的な姿勢は忘れない。
最初の右フックで試合は決したといっていい。その後の表情をみてもハットンは
何が起きたかわからないようなうつろな感じであった。2度目のダウンはクリーンヒット
ではないがパッキャオの激しい追い込みでふっとばされたようなダウン。
そして2R最後の左は象をも倒しそうなジャストミートであった。
全階級屈指のタフガイハットンが万歳失神した。衝撃的であった。

新井田がゴンザレスに負けた時、緩急の隙をついてゴンザレスの攻勢をしのいで仕掛けようと
したのに緩がなくすごいプレッシャーだったというような事を語っていたがパッキャオのそれも
同様な印象を受ける。普通よけられそう、あるいはここでこんな破壊的なパンチは出てこない
だろうというタイミングでパッキャオは強打を確実に打ち込んでくる。
一発はずしても2発、3発目は確実にタイミングを合わせてくる。
最後のフィニッシュパンチもその前に同じパンチを数発打ち込んでますね。
ハットンにしてみればみえないところから脳を揺らす衝撃を食らった感じでしょう。
トップをはっていた彼にとりショックの大きな負け方でした。

頂点レベルの両者だが2人には想像以上に大きな差があった。
はじめてハットンを見た人にはさぞかし弱く見えたであろう。

あのハットンが、である。

もうパッキャオがPFPなのは異論がないであろう。
たとえメイウェザーが復帰してもだ。





そういえばバレロは次戦、カーンを1Rで粉砕したあのブレスコットとの試合が
決まったそうでマニアな自分はその試合の方が楽しみです。

話は逸れるが西岡の試合をはじめ、亀1がやるといわれる暫定王座戦も
インフルエンザの影響で中止、あるいは延期と予想される。
残念だがそうなる気がしてならない。


 
2009/05/01 12:08|フィリピンTB:0CM:21

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。