海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

タイロン・ハリスVS金智勲 

好きなbox観戦記さんのところより映像を確認させていただきました。

凋落著しい韓国ボクシングですが、本場アメリカでこの選手は頑張っています。
感情移入し応援したくなる選手です。

彼は決して才能豊かなボクサーではなかったのでしょう。
デビューあたりで負けがこんでいるし日本では杉田に判定負けという記録があります。
(実際の試合興味あります)

しかしキャリアを重ねる過程で着実に強くなっていく、このあたりも韓国人ファイターらしく頼もしいです。

ディフェンスに難があり、被弾が多いですがメンタルタフネスで才能で上回る本場の黒人選手を打ち破りました。こういう展開もいかにも韓国人ファイターらしいです。
技術的にもなかなかいいフォームの連打が上下に打て、無駄な力が入ってないので猛烈にしつこく、これはどんな相手も相当な技量差がないと根性負けしてしまうとおもいます。

バンクーバー五輪でもサッカーでも口を大にしてはいえないですが明らかに

韓国>日本

でありメンタルの強さには感服します。

異国の地で頑張っているアジアボクサーとしてひそかに応援します。

 
スポンサーサイト
2010/02/18 13:49|韓国TB:0CM:0

崔 堯三 

韓国/L・フライ級王者
第20代OPBF東洋太平洋L・フライ級王者
第21代WBC世界L・フライ級王者
WBO/Inter-Continental/フライ級王者
崔 堯三/崔 堯森(韓国)
YO-SAM CHOI
37戦32勝(19KO)5敗

先日試合後昏睡状態に陥っていた崔堯三が
脳死と診断され帰らぬ人となりました。

山口真吾に貫禄勝ちした試合含め
日本人とは3人ほど対戦記録がありますが
誰も彼に勝てませんでした。

強いハートと強靭な肉体をもった韓国人らしい王者でした。

ニュースを聞いて意識を回復して欲しいと
ずっと願っていましたが、残酷な最後となりました。

選手としての試合はもちろんですが
人気低迷の中、ひとりで韓国ボクシングを背負って戦う姿勢や
後に公開された日記での心の葛藤
今日に至るドラマや人間模様などの背景に
深く心を揺さぶられました。

心からご冥福をお祈りします。





choi2.jpg


choi.jpg


80066_l.jpg


 
2008/01/04 12:22|韓国TB:0CM:0

崔 龍洙VS鈴木悟 

第28代WBA世界J・ライト級王者
第26代OPBF東洋太平洋J・ライト級王者
崔 龍洙(韓国)
YOUNG-SOO CHOI
34戦29勝(19KO)4敗1分

第48代日本ミドル級王者
第50代日本ミドル級王者
鈴木 悟(八王子中屋)
Satoru Suzuki
29戦23勝(15KO)6敗


かつて畑山のライバルであった王者とかつての日本王者が
K1で対決しています。

J・ライト級は 58.9kg
ミドル級は 72.5kg

ですがパンチで派手に倒されたのは日本の鈴木でした。
まだまとまりがないような気もしますが追い込む時の
パンチのまとめ方はさすが元世界チャンピオンです。

近い将来日本のK1にも出てくるでしょう。
鈴木も少しづつこっちの世界になじんできたのではないで
しょうか。

いつかボクサーとしての強さをみせて欲しいです。




che.jpg

 
2007/08/08 02:13|韓国TB:0CM:0

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。