海外のボクシング動画を配信します。

海外ボクシング動画配信局

プロフィール 

プクー

Author:プクー
海外ボクシングファン歴20数年
自己満足のファイル倉庫。といってもDLしてる訳でなくすぐリンクが切れる。

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

木村VSプーンサワット直前 

暫定~第6代PABA/バンタム級王者
WBA/Fedelatin/バンタム級王者
暫定WBA世界バンタム級王者
第5代PABA/S・バンタム級王者
暫定~第29代WBA世界S・バンタム級王者
プーンサワット・グラティンデーンジム(タイ)
Poonsawat Kratingdaenggym
41戦40勝(28KO)1敗

第29代日本S・バンタム級王者
第34代日本S・バンタム級王者
木村 章司(花形)
Shouji Kimura
28戦23勝(9KO)3敗2分


この世界戦でもって一旦休息でしょうか、日本勢。

ビッグマッチを目指すプーンサワット陣営のカモとしてお呼びがかかったのが事実であろう木村ですが頑張って欲しいものです。

直前情報によるとこれがラストチャンスとばかり玉砕覚悟で倒したいようだ。

花形会長も

「木村はパンチがあるのに防御することを意識しながら打つから強打が打てない。」

みたいに言っており確かにそうなのかもしれません。
しかしそこが木村のよさでありディフェンスは日本屈指だ。

木村の3敗はいずれも判定で相手の根性に押されたような内容ばかりです。

日本ではかなりのテクニシャンですが悔いのないファイトを期待します。

しかし相手のプーンサワットというのが木村と相性よさそうだから悩ましい。
重厚な攻撃力とパワー、アウトボクシングもそつなくこなす穴の少ない王者です。
木村に期待は大きいけれどどこか本田VSポンサクとかぶって見えてしまう。

こういう相手に対してはKOは狙わずスピードと技術でとにかくランナーに徹した方がよさそうですがいつか捕まりかねないしそのスタイルでは敵地タイでベルト奪取は厳しいかもしれない。

パワーは過去戦った仲里(引き分け)並みにある上総合的な完成度はグッと高いときている。

しかも今タイは危険な状況だ。

体力がありまじめで調整ミスも油断もありえないプーンサワットだが、まだアジアレベルの世界王者にみえてしまうのはそのボクシングが愚直で華がない、スピードも並程度?に見えるからか。

作戦がはまれば勝てるのではないかという淡い期待も抱く。

長谷川であれば屈強で穴の見えないタイ人であれどスピードと反応速度の違いでプーンサワットにボクシングをさせないで完勝というイメージが沸くが木村もこのようなボクシングができるだろうか。

同じリズムで打ち合ってはいけない。木村の方が出入りもスピードも上でなくては・・・

木村はどう戦うのだろうか、スピードと防御でイライラさせてガンガン来るタイ人にガツンとカウンター

これが一番理想的だが・・・

かなり気になる試合です。

速報:4Rに3ノックダウンで木村負けとのこと。

うーんディフェンスマスター木村が3度もダウンするとは?初回も?
やはり王者はかなり強い。今後本場アメリカで試合するとか。

こうなりゃバスケスJrかイスバスVSラファマルの勝者でしょうか。
西岡とか下田とかもいるし対戦しやすい王者ではありますが、強そう・・・

オーレードンにポンサクにプーンとタイも屈指の王者が君臨しております。

 
スポンサーサイト
2010/05/19 19:24|タイTB:0CM:2

亀田興毅VSポンサクレック・ウォンジョンカム 

第3代WBU世界J・フライ級王者
第35代WBC世界フライ級王者
暫定WBC世界フライ級王者
ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)
PONGSAKLEK SINGHAWUGCHA
78戦74勝(39KO)3敗1分

第33代OPBF東洋太平洋フライ級王者
第21代WBA世界L・フライ級王者
WBA/Inter-Continental/フライ級王者
第37代WBC世界フライ級王者
亀田 興毅(Gツダ/協栄/亀田)
Koki Kameda
22戦22勝(14KO)

試合は両者慎重で白熱とはいいがたいものでしたが確実に勝ちに徹したポンサクレックがすべてのラウンドで上回っていた内容でした。

昔ほどの爆発力はないが相手に合わせても的確さ、パンチの強さで上回るポンサクの経験値はさすがでした。
スピードでもポンサクレックの方が速く見えました。

なんだかスパーリングのような、お互いあと一歩の勇気のない試合に感じられました。
万が一負けたら後がないポンサクは仕方ないにしても若く、無敗でビッグマウスの男がこれではいかにも歯がゆいです。

しかし安全志向、作られた無敗のキャリアで築いたこの実績では百戦錬磨の相手ではこれが限界でしょう。現状、再戦しても絶対勝てない実力差、柔軟差がありました。

ポンサクレックは内藤戦をよく見たのか、強引に倒してやる、ねじ伏せてやるといった気概は感じさせず、ボクサースタイルで淡々とラウンドを消化していきました。年齢や過去のキャリア、内藤戦での躓きを意識したか、よりオーソドックスに無理せずボクシングすれば無難に勝てると悟ったかのようなスタイルでした。KOは狙うものでなく流れの中でチャンスがあれば程度に捉えていたようです。安定感は抜群ですが遠い距離だと策がないような場面も見受けられ、今回はそう長くない時期に王座から落ちるのではないでしょうか。

ロングからのボディストレートを多用してましたがあれは効かせる、当てるためのものではなく、それに反応して打ち返してきたら本当のパンチを打ち込んでやるという呼び水だったとおもいます。しかしかわすのにせいいっぱいの相手は距離を取り打ち返してきませんでした。

フライ級頂点の戦いというほどの高度なものは両者に感じられない退屈な12Rでした。
ポンサクレックに残されたのは日本人との防衛戦稼ぎではないはずなのでカオサイやウィラポンでも成し得なかった本場の強豪との対戦や統一戦に望んで欲しいとおもいます。


元の通りの世界フライ級として様々な国の強豪がみれるようになれればいいとおもいます。

負けた亀田はコツコツとまた這い上がっていくのでしょうか
そうであれば見直しますがきっと別口でしょう。

スタイルの限界、打開策のなさ、バッティングの過度のアピール、捨て身で勝負できない精神力を誰もが感じた今日の試合でした。

続けていくのなら練習も試合ももっと実戦向きでタフな道を勝ち抜いていかないとトップレベルではやっていけないでしょう。 
2010/03/28 01:21|タイTB:0CM:16

プーンサワットVS木村章司 

この試合、決まったんでいいんですかね。

タイ人はよく地元に勝てそうな日本人を呼んで防衛戦の数を稼ぎます。
昇り調子の無敗の選手とかでなく

最近王座を失ったり
東洋ランクに入っていたり
世界ランク2桁くらいの負けも多い日本人だったり・・・

今回もそんな条件に沿う相手を探していてリストアップしたのでしょう。

がしかし、木村には少しは期待してしまう部分があります。
試合数は多くはないけれどかなり濃密なキャリアを日本で築き
技術レベルではどの相手に対しても勝っている、テクニシャン、安定感のあるボクサーです。
芹江に負けて無冠となりましたが再戦すれば勝てるんじゃないか、ちょっと油断というかとりこぼし的な敗戦ではなかったか・・・などなど・・・

個人的には日本人で世界候補を挙げろといったら5本の指に入るくらいの逸材です。

しかしながらそんな木村をもってしてもプーンサワット側にしてみれば
安パイな部類の選手に写ったのでしょう。

冷静に過去を分析し判断しても

三浦を完全KOした木村をしてもKO勝利はほぼ無理でしょう。
相手が戦車のような男ですし。

しかし技術とスピードで翻弄することは出来るかもしれません。
一時は西岡を凌ぐ?世代交代の選手かともおもわれたセンスの持ち主です。

これは勝てる戦略をじっくり練り、最高に仕上げて実行に移せばチャンスがないとはいえない試合かもしれません。

最後のチャンスだから捨て身で打ち合うとか、どうせ敵地タイだからやけくそ魂で
とかでなくきちんと対策して望めばハマるかもしれない

木村は過去タイで散ってきた日本人選手とはちとちがうぞ
というところがあるような気もします。

そうはいっても木村のテクニカルな奮闘むなしくプーンサワットの圧力につぶされる
という現実が趨勢でしょうが、

これは記念挑戦とは違う応援したくなる試合ですね。
彼にこんな形で世界のチャンスがめぐって来て本当によかった。

自分は年のせいもありますが、もう終わった、全盛期を過ぎたといわれるようなことに反発を感じます。
苦節の西岡がずっとそういう状況でしたが彼は「毎日強くなっている」と信じあきらめず、見事その期待に応えてくれましたし・・・
木村もきっと強くなってその姿を見せてくれることでしょう。

あとは結果を出すだけです。
戦車を空転させる彼の姿を妄想してます。 
2010/03/25 18:51|タイTB:0CM:5

デンカオセーンを応援する 

日曜日の日本での世界戦は当然デンカオセーンを応援するのですが
この王者、久高戦、亀2初戦同様のスタミナ不足な体たらくな試合をしないか心配です。

細野戦で来日した小型戦車のプーンサワットとは同じジムで練習しているようでスパーリングもよく(以前は)していたようです。

彼いわく「一応練習はしているがハードではない」みたいなことを言ってました。

年齢的にもモチベーション的にも優等生のプーンサワットほど期待はできないでしょう。

経験とスキルでごまかしながら戦ってるような最近のデンカオセーンですがやはり彼がすごいなとおもうのは雑でも安定したテクニックとパワーです。

久高戦でも強引に押してボディ打てばなんとかなるだろ的な試合でしたが実際後半グダグダでも強さを感じさせたのはデンカオのほうで勝ちはゆるがない印象を受けました。(ラウンドマスドでは自分は久高と出ましたが)

坂田戦でもゆったりした動きの中から放つきれいなパンチは重さを感じさせ、完成度ではデンカオが上だなと2戦ともに感じました。

自分が日本王者の清水より池原などをかっているのはそういう重さみたいなものを感じさせるからです。
名城VS富山にもそういう違いを感じました。

ひどかった亀2初戦でも初回あたりはさすがにレベルの差を感じさせる余裕が見えました。その後は残念でしたが。

日本人VSタイ人の世界戦で感じる印象というのはたいてい同じでパワーやテクニックではタイ人の方が上であるように見え、その後ボディなどで意外とあっさり弱っていく(スタミナがない)みたいな特徴の選手が多かったようにおもいます。

キャリア豊富でパワーも感じるデンカオセーンですがそれほどKO率が高くないのは後半落ちるからでしょう。
坂田初戦も初回の強さは恐ろしかったほどですがその後は試合を棄権しそうだったようで・・・

これだけのキャリアのある王者ですからそこそこ負けないボクシングは心得ているとおもいますし、こういう状態の王者にとって体力がある若手挑戦者っていうのは厄介だとはおもいますが何とか手抜き、省エネ、判定狙いでなく若いころのハングリーさをおもいだして全力でむかってきてほしいとおもいます。

現状でさえ、日本開催でもどっちが人気あるかわからない奇妙な試合です。
これに強烈な強さで勝てば日本でも大変な人気者になれるとおもいますので是非世界王者にふさわしい圧巻の試合を見せて欲しいものです。 
2010/02/06 14:45|タイTB:0CM:10

デンカオセーン・カオウィチット 

第2代PABA/フライ級王者
暫定~第5代PABA/フライ級王者
第6代WBC/ABCO/フライ級王者
暫定PABA/フライ級王者
WBA世界フライ級王者
デンカオセーン・カオウィチット/シンワンチャー(タイ)
Denkaosan Kaovichit
50戦48勝(19KO)1敗1分

すごい戦績、この頃あなたは若く強く根性があった。
この頃の熱き気持ちを再び・・・








久高がどうやらルイス・コンセプションと対戦交渉しているようだ。
こっちの方が100倍熱くなります。

コンセプションは爆発的なパワーと身体能力ですが小さいし雑なのでまだ未知数な部分が多いです。
久高はどうも本人がイメージしているより試合では手数や試合支配能力が欠けるところがあるが
意識を変えて挑戦者の気持ちでファイトすればまだまだ力を出せる気がします。

コンセプションの迫力に飲み込まれたらやばいがそれに対抗しうる根性を見せて欲しい。

戦績的にも穴挑戦者だとおもってくれれば勝機はあるとおもいます。

是非実現して欲しいです。




 
2010/02/01 12:57|タイTB:0CM:2

サダム・キェッヨンユッ 

またまたボクシングEYEさんのところを見ていて
驚いた動画

サダム・キェッヨンユッ
18戦18勝14KO

タイではやや大きなライト級のホープのようですが
このジムレックス・ハカ戦はもちろん、その他動画でも
その強さ、凶暴さは際立っています。

今日の長嶋VS三垣よりすでに強そうにおもえてならない。

肩を4回も手術してるそうです。
ムエタイに似た名前の人がいるけど同一人物かな。

 
2010/01/16 17:46|タイTB:0CM:4

デンカオVS亀2 

賭けをしているバーのマスターの店で観戦。

デンカオKO勝ち以外は一杯おごると賭けてましたので負けました。
マスターは政治があるから2号勝つと主張してました。

デンカオ、坂田に謝りなさい。
終始スパーリングみたいなボクシングをしてました。
顔面への強打は封印、ボディも一々打つよというモーションつきでした。
坂田戦での凄みはどこへ行った?
最悪の久高戦でももっとガムシャラで強引でした。

勝ち負けまでは問わないが判定にしておくれ顔面打っちゃだめよ

両者顔面へのダメージはなく、デンカオはタイパブで祝勝会して明日秋葉原行って帰るんでしょう。
近年まれにみる凡戦、世界戦というに値しない内容でした。

名城は引き分けでもボコボコで顔が腫れて寝れなかったとおもいます。
今もダメージの癒し中でしょう。

それに引き換え今日の両者は明日はもうピンピンでしょうね。

失望感でいっぱいです。

 
2009/10/07 01:07|タイTB:0CM:26

バーナード・ダンVSプーンサワット・グラティンデーンジム 

IBC世界S・バンタム級王者
第12代EBU欧州S・バンタム級王者
第28代WBA世界S・バンタム級王者
バーナード・ダン(アイルランド)
Bernard Dunne
29戦28勝(15KO)1敗


暫定~第6代PABA/バンタム級王者
WBA/Fedelatin/バンタム級王者
暫定WBA世界バンタム級王者
第5代PABA/S・バンタム級王者
暫定WBA世界S・バンタム級王者
プーンサワット・グラティンデーンジム(タイ)
Poonsawat Kratingdaenggym
39戦38勝(27KO)1敗


正規王者VS暫定王者の戦い。
こうやってちゃんと戦ってくれたら暫定王者乱立でもかまわないのだが・・・

人気者の王者の地元で行われた試合、アイルランドの熱狂ぶりがすごいです。
最初の2ラウンドはお互いいい感じで地元のダンがやや有利かもしれませんが
3ラウンドにプーンサワットがプレスを強めると一気にダンは崩れました。
両者のキャリア、底力が違うと感じました。

2回目のダウンで終わりでしょう。続行させたのは危なかったです。

プーンサワットをしっかり見たのははじめてでしたが接近戦でのフックのパワーは
すさまじそうです。ダンのパンチがまったく効いてないような感じでした。
この男でもカバジェロには分が悪いかな。けれど見てみたいとおもわせる魅力があります。

ダンはマッカラーのような頑丈さはなさそうでした。

ポンサクにも似た風貌とパワー、タフネスなど底力を感じさせるプーンサワット
スピードは普通ですが力感がありタイ特有の安定王者の風格があります。
性格もまじめそうだし。

敵地での勝利おめでとう。




 
2009/09/28 06:37|タイTB:0CM:0

ポンサクレック・クラティンデーンジムVSフリオ・セサール・ミランダ 

ponpon.jpg


フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)とポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)
によるWBC世界フライ級暫定王座決定戦が決定したようですね。

内藤側は外人との指名戦をなかなかやらず
次も得体の知れない中国人と戦うとのことで
この処置は仕方のないことだとおもいます。

中国人は一体どんなキャリアがあるんでしょうか?
世界ランカー?
強豪かもしれないけれどそれでいいのかな?

けれどある意味この暫定戦は楽しみです。

ポンサクがコンディションさえよければ勝つんじゃないでしょうか。
アジアの雄が紛れもない世界ランカーにどのようなボクシングを
みせるのか興味があります。

けれどポンサクVS内藤その5はもう見たくないなぁ。


 
2009/02/11 16:23|タイTB:0CM:11

ウィラポン・ナコンルンワンプロモーション 

第4代WBC/International/J・バンタム級王者
WBA世界バンタム級王者
第25代WBC世界バンタム級王者
第5代WBC/ABCO/バンタム級王者
ウィラポン・ナコンルンワンプロモーション(タイ)
VEERAPOL NAKORNLOUNG PROMOTION
65戦60勝(42KO)3敗2分



もう39歳になるがいまだ長谷川への雪辱を狙っている。
今も勝ち続けランキングも1位に復活するだろう。

2敗は長谷川
2分は西岡だ。

辰吉から王座をとって7年間14度の防衛をしてきた。
富も名声もあるのにジムに家族と住み込みで質素な
暮らしを続けているそうだ。

「わが人生はボクシング」

性格も温厚でボクシングに対するその真摯な姿勢は
国境を越えて多くのボクサーの模範となっている。

辰吉が引退しないのは彼の存在が大きいのではないだろうか?
ベルトを奪ったボクサーであり
自分より年上なのだから。

彼にできて自分に出来ないはずはないと・・・ 
2008/01/16 14:03|タイTB:0CM:0

シリモンコン・シンワンチャー 

暫定~第23代WBC世界バンタム級王者
第23代WBC世界S・フェザー級王者
シリモンコン・シンワンチャー/ナコントンパークビュー(タイ)
SIRIMONGKOL SINGMANASSAK
57戦55勝(33KO)2敗

こちらもK1参戦です。
辰吉にまさかの負けを屈しその後
Sフェザーで世界をとりました。
相手はいまの日本ライト級王者の
長島健吾に圧勝です。

東洋ではいまだ無敵の強さですが世界となると
なかなかチャンスもないのでボクシングと2足のわらじ
のようです。

元々ムエタイの心得があるのでしょう。
キックもスムーズです。

相手の韓国人とはパンチ、キックとも破壊力がまるで違う
感じです。

本格的に参戦してきたら勝てる日本人はちょっといないでしょう。




monkon.jpg

 
2007/08/08 02:29|タイTB:0CM:0

カオサイ・ギャラクシー 

第4代WBA世界J・バンタム級王者
カオサイ・ギャラクシー(タイ)
KHAOSAI GALAXY
50戦49勝(43KO)1敗

19度防衛して引退したタイの最高峰のボクサー
渡辺二郎の対立王者であり、鬼塚は彼の引退を
待ってから世界決定戦に出たいきさつがある。

ビルトアップされた上半身から破壊的なパンチ
を放つ。フットワークはなくベタ足。

最後まで本場アメリカに進出しなかったのが
悔やまれるがこんな化け物がいたっけな。
懐かしい。




300px-Galaxy.Khaosai.jpg

 
2007/05/28 05:05|タイTB:0CM:0

ポンサクレック・シンワンチャー 

第35代WBC世界フライ級王者
ポンサクレック・シンワンチャー(タイ)
66戦64勝(33KO)2敗

亀田が散々挑発するわりに衰えるまで
じーっと待っているWBCの安定王者。

7年間王座に君臨し防衛回数は17になるが
勝てる挑戦者、弱い挑戦者を選びに選んで
戦うせこい王者でもある。
アメリカの強豪などと戦う姿勢すら見せない。
こんなに防衛しレコードもいいが評価は低い。

タイの国内記録まであと2防衛。
安パイな日本人相手にその記録を達成した後は
引退記念試合で亀田に華をもたせ
最後のひとかせぎを目論んでいる。

38秒で散った日本の内藤は今でも日本チャンプであり
坂田と並ぶ日本で最高のフライ級である。




 
2007/04/17 15:20|タイTB:0CM:0

ウィラポン・ナコンルアンプロモーション 

ムエタイ3階級制覇プロわずか4戦で世界王者となった
ウィラポン。一回目の世界タイトルはこの初防衛に失敗
したのです。その後20戦以上の試合をこなし辰吉戦へと
こぎつけた訳ですが、そこから長谷川に敗れるまで13度
の防衛を重ねる難航不落の名王者となりました。

とてつもなく強く穴のない鉄壁王者でしたが
辰吉との試合などは残酷すぎて収集する気になりません。

ある意味日本人にとってもっとも印象深い、因縁の王者で
ありました。

 
2007/02/28 14:24|タイTB:0CM:0

ブログ内検索 

 

RSSフィード 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 海外ボクシング動画配信局 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。